愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月28日 (火)

最賃答申に反対する談話

愛知地方最低賃金賃金審議会答申について、愛労連は以下の事務局長談話を発表しました。07

[談話]

2007年8月28日

愛知県労働組合総連合

事務局長  榑松佐一

本日の愛知地方最低賃金審議会「答申」に反対する

本日、愛知地方最低賃金審議会は愛知県内の最低賃金を20円引き上げて714円とする答申を決定した。

小泉構造改革が進められるなか「格差拡大」「ワーキングプア」が社会問題化してきた。安倍首相は昨年の就任時から「再チャレンジ」を掲げ、先の通常国会では「生活保護水準を下回る最低賃金の見直し」が議論された。先進国の中で日本とビリ争いをしてきた米国では今年、3年かけて250円の大幅引き上げを行うことを決定した。参院選挙では全労連が要求してきた「最低賃金1000円」を民主党もマニフェストにかかげて大勝し、今年の最低賃金審議にあたってはこれらの事情を背景に大幅な改定が期待されてきた。

愛労連は組合員によびかけて1ヶ月間の「最低賃金生活体験」をおこない、現行の最低賃金がいかに人間らしい生活からかけ離れたものであるかを実証してきた。これらの体験や時給で働く労働者の声を審議会に伝えてきた。残念ながら、本日の答申は昨年までの一桁の改定とは違うが、社会が求める「格差と貧困の解消」とはほど遠いものである。

外国人研修生をはじめ、最低賃金で生活する労働者は増える傾向にある。史上空前の利益を上げる大企業のもとで下請け単価の切り下げ競争を強いられる中小企業労働者の賃金を上げるためには最低賃金の引き上げが不可欠である。また最低賃金の大幅引き上げは低迷する個人消費の引き上げに効果が高いとされている。

愛労連は本日の愛知地方最低賃金審議会の答申に反対し、大幅な見直しを求めてただちに異議申立を行う。

以上

2007年8月20日 (月)

最低賃金大幅引き上げを

10日、中央最賃審議会は今年の地方最低賃金を6円から19円引き上げる「目安」を発表しました。

ワーキングプアが社会問題となるなか、安倍首相は再チャレンジの目玉として生活保護基準よりも低い最低賃金の見直しを打ち出していましたが、先の国会で最賃法の改正は「継続審議」に。今年の審議会にあたっては厚労相も「格差をなくしていくため従来の考え方の単なる延長線上でなく・・・働く人の賃金底上げが行われる議論を」と言っていました。

07_3 参院選挙では民主党も「最低時給1000円以上に」をマニフェストに掲げて大勝。そのため選挙後に行われた審議会は異例の徹夜審議となりました。が、結局公益委員の出した見解は例年の金額をわずかに10円程度上乗せしたものにしかなりませんでした。

「目安」をうけ、愛知県の最低賃金審議会が開催されます。愛労連は最賃生活体験などの運動を通じて「最低賃金では最低生活すらできない」ことを立証、「最低時給1000円以上に」と訴えてきました。今週末か週明けにも行われる地方最賃審議会にむけて宣伝活動を行います。

2007年8月 7日 (火)

あらたに17組織を結成

愛労連は7月29日(日)に第37回定期大会を開催しました。

この一年間はパロマ、TSKでの労災隠し・偽装請負、BMGの違法派遣、外国人労働者の組織化、ベトナム人研修生支援などでマスコミにも再三登場。

また愛知県知事選挙では阿部労働相談センター所長を候補にたたかい、消えた年金問題では年金者組合がむしろ旗を掲げてアピールしました。

3 「労働組合をつくりたい」という電話も相次ぎ、この1年間に新たに17組織が結成され、大会の場で紹介されました。(あいさつする日系ブラジル人の組合役員。JMIU)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »