愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« トヨタシンポジウム24 | トップページ | 防衛省疑惑解明を »

2007年11月 9日 (金)

INAXメンテナンスは中労委命令に従え

071109_3 愛労連と建交労は本日、INAXの100%子会社である(株)INAXメンテナンスに対し中労委命令に従って、労働組合との団体交渉に誠実に応ずるよう要請しました。

INAXメンテナンスでは受付の前で一時間半も立ち話という対応。決して中に入れようとしません。経営管理部担当部長の尾美茂氏は「失礼だとは思いますが」と言いつつ「(INAX)社の方針ですから」と繰り返すばかりで話になりません。大阪府労委に続き中労委でも不当労働行為を断罪され、「労働組合との交渉に誠実に応じろ」と命令されたにもかかわらず、全く不誠実な対応に終始しました。

「受付の前で立ち話をするのがINAXの誠実な対応か」「INAXはいつもこういう対応をするのか」というと尾美部長は「時と場合による」「暴力団とかやくざとか、取引のない会社の方が来た場合とか・・・」。全く失礼な対応です。

中労委の命令は労働組合法に定められた一種の「行政命令」です。0119_2 法27条の12により命令は公布の日から効力を発揮します。愛労連と建交労はINAXメンテナンスに対して、法律を守るよう強く要請しました。

その後INAX本社(常滑市)にも要請。対応した岩田総務課長はINAXが100%出資する完全子会社であるにも関わらず「子会社が判断することでINAXは関係ない」という態度でした。彼はこれまでの要請と同じく名刺すら出しません。子会社が2度も不法行為を認定されたのに親会社が「関係ない」で済まされるでしょうか。

※INAX(イナックス)の子会社と業務委託契約を結んで修理業務に従事する委託労働者が、「個人事業主だとして会社が団体交渉に応じないのは不当労働行為」と訴えていた事件で、中央労働委員会は一日までに、「労働組合法上の労働者である」と認め、会社側に団体交渉に応じるよう命令しました。

 

« トヨタシンポジウム24 | トップページ | 防衛省疑惑解明を »

コメント

新宿内藤町にホールデングの社長宅があります。そこに行って交渉してみたら

新宿内藤町にホールデング社長宅があります。そこに言って交渉してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/17024057

この記事へのトラックバック一覧です: INAXメンテナンスは中労委命令に従え:

« トヨタシンポジウム24 | トップページ | 防衛省疑惑解明を »