愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 労働委員の公正任命を | トップページ | トヨタ内野過労死裁判勝訴 »

2007年11月28日 (水)

トヨタシンポジウム

25日、豊田市産業文化センターで開催された第24回トヨタシンポジウムには102名が参加。ここにはトヨタの下請けで働くベトナム人研修生も4名参加しました。彼らは会社の不正で帰国させられそうになりましたが、愛労連の交渉で新しい仕事先を確保。今は元気に働いています。最賃の引き上げで「11月から時給も20円上がった」と言っていました。

講演は横浜国大の萩原先生。新自由主義による規制緩和・構造改革の中でトヨタの果たしてきた役割をはっきりさせました。特別報告ではトヨタの職場の実態、下山につくるテストコースの問題点、東京大気公害裁判勝利和解報告など。会場からも下請け企業の7割が赤字、増え続ける就学援助、トヨタ内野過労死裁判の報告など充実した報告が続きました。

24 なかでもトヨタ下請け企業で働くKさんの話は実態を浮き彫りに。「元請け企業からは年2回単価引き下げの電話が入る。今年は1.8%が2回。一年で4%もの単価引き下げになる。会社には正社員は私一人になった。後は全員パートで、60歳を越した人ばかり。若い人は入らない。私も退職させられそうだが、何年か後には、この技術を継ぐ人もいなくなる」

ここでの報告をまとめて2月11日のトヨタ総行動でトヨタ各社に要求を提出します。

また内野裁判は11月30日に判決です。トヨタでの「自主」活動というサービス残業を裁判所が断罪できるか、これも注目されています。

« 労働委員の公正任命を | トップページ | トヨタ内野過労死裁判勝訴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/17215808

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタシンポジウム:

» 名古屋地裁:トヨタ社員の過労死認定 [酒井徹の日々改善]
――30歳EX、夜勤残業中に心不全で死亡―― ■死亡前1ヶ月、「『確実なところで』106時間45分残業」 トヨタ自動車堤工場に勤めていた内野健一さん(当時30歳)が 2002年2月9日午前4時20分ごろ、夜勤残業中に倒れ、 心不全で死亡したにもかかわらず、 豊田労働基準監督署が これを労災と認めなかったのは不当として、 遺族が労災認定を求めていた裁判の判決が 30日、名古屋地方裁判所であった。 名古屋地裁の多見谷寿郎裁判長は、 内野健一さんの死亡前1ヶ月の時間外労働時間が ... [続きを読む]

» トヨタ社員過労死事件、労災不認定取り消し判決 [期間工から資格取得、社労士開業]
トヨタ社員過労死訴訟で原告勝訴、不支給処分取り消し命令  トヨタ自動車(本社・愛知県豊田市)に勤務していた夫が工場内で倒れ、死亡したのは過労が原因として、妻が国を相手取り、労災と認めず、遺族補償給付金を支給しなかった豊田労働基準監督署長の不支給決定な...... [続きを読む]

« 労働委員の公正任命を | トップページ | トヨタ内野過労死裁判勝訴 »