愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« なくせワーキングプア | トップページ | メーデーに4000人 »

2008年4月25日 (金)

県下自治体を訪問

愛労連・自治労連・公務共闘の三者は春の自治体キャラバンを行い、県下の全自治体を訪問しています。

非正規雇用が社会問題となっていますが、自治体でも国からの定員削減押しつけのなか民営化・民間委託、指定管理者制度などのアウトソーシングが急増しています。そこで問題となるのが数年おきの入札のたびに、委託業者では解雇か賃下げがおきることです。また下請けされる事業では最低賃金違反や労災保険未加入、不法就労などの違法行為もチェックができていません。「官製ワーキングプア」が定期的に量産される仕組みになっています。

訪問では、7月から最賃法の改正が施行行われることを伝え、自治体における臨時職員の待遇改善を求めてきました。このまま年収200万円以下のワーキングプアが続くと、将来無年金者や生活保護が激増し、これを行政が負担することになります。働いて税金や保険料を払えるようなまともな賃金にしていくことが必要であり、そのためにも中小下請けへの支援を強めていくよう要請しました。

昨日のコースでは西三河に隣接する東郷町や豊明市では外国人が急増していました。豊明市では人口の3.8%、2500人となっており、各国語でのパンフレットや通訳の確保、保育園や学校での対応などが苦労されていました。

« なくせワーキングプア | トップページ | メーデーに4000人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/40989110

この記事へのトラックバック一覧です: 県下自治体を訪問:

« なくせワーキングプア | トップページ | メーデーに4000人 »