愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 最低賃金を1000円に | トップページ | 届け被爆者の声 »

2008年5月31日 (土)

頼りになる組合

今、愛知では原油高、原材料高で中小製造業や運送業の倒産や廃業が増えています。原料コストがこんなに上がっているのにトヨタが下請け単価の引き下げを続けているからです。三次四次では年2回定期的に切り下げ。

そんななかJMIUの組合がある、ある零細会社では・・・。

春闘の要求書をみた社長が「これから(部品会社の)Tに行ってくる」と行って大幅な単価引き上げを要求。「これを飲まんようだったら、もうあの会社とはとりひきしない」と社長。

と、言ってもトヨタの部品をつくらなければ会社がやっていけないことは組合員も承知。社長が行ってから一ヶ月たっても元請けからの返事はなし。そこで営業担当である組合員が思いきって元請けに商談。社長の言っていることをきっちり話して、原材料高分の値上げを認めさせました。人件費アップ分まではできませんでしたが、引き下げを跳ね返し、値上げまでとったのはたいしたものです。

労働組合が要求を提出したからこその社長の行動。いまどの下請けも原料高を転嫁できずに困っています。労働組合と中小企業の共同で公正な下請け単価の引き上げを要求していくことが重要です。

Jmiu080530 こんな頼りになるJMIUの活動。今度はブラジル人労働者支援を中日新聞が紹介しています。

中日「結いの心」市場原理と企業・・眠らぬ街4

« 最低賃金を1000円に | トップページ | 届け被爆者の声 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/41380971

この記事へのトラックバック一覧です: 頼りになる組合:

» 名地裁:トヨタ下請・ティムスの不当労働行為を認定 [酒井徹の日々改善]
――日系ブラジル人組合員2名の解雇は「無効」―― ■ティムスの組合つぶしを断罪  2006年にプレス機による死亡事故を出した トヨタ下請企業・ティムス(立松賢社長)で 職場の安全や社会保険への加入・ 有給休暇の取得などを求めて労働組合を結成した 日系ブラジル人労働者たちが解雇された問題で、 名古屋地裁は4月24日、 会社側の不当労働行為を認定し、 解雇無効の決定を言い渡した。 以下は、 JMIU愛知支部ティムス分会が4月25日付で発行した、 『ティムス分会ニュース』第... [続きを読む]

« 最低賃金を1000円に | トップページ | 届け被爆者の声 »