愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月27日 (金)

イラク派兵違憲判決でシンポ

新聞労連、民放労連、全印総連、日放労(NHK労組)などマスコミ関係労組と市民団体が参加する「市民と言論実行委員会」が第22回シンポジウムを開催します。

判決から3ヶ月「イラク派兵違憲判決をどういかすか」22

7月17日(木) 18:30~名古屋ボランティア・NPOセンター(伏見ライフプラザ12F)

シンポジスト

中谷 雄二(弁護士・イラク派兵差し止め弁護団)

小林 武(愛知大学法科大学院教授)

志村 清一(中日新聞論説主幹)

チラシを広げてください こちらから「22.pdf」をダウンロード

2008年6月23日 (月)

貧困解消にはほど遠い

080622 政府の「成長力底上げ推進円卓会議」が20日、最低賃金引き上げで「政労使で合意した」という。しかし、その内容はワーキングプアの解消にはほど遠い。

その内容は今の最低賃金を5年間かけて、高卒初任給の時間単価にまで引き上げていくというもの。しかも、初任給の水準としてどの数字をとるかすら決まらなかった。

毎日新聞は「『10人~99人』の場合でも、時間換算すると07年は755円で、年収は159万円。貧困の解消にはまだ遠く及ばない」と指摘する。

「フランスは1,321円、イギリスは1,115円など他の先進諸国と比べても日本の最低賃金の低さは突出している」とも指摘する。「国際競争力」を理由に賃上げを否定するトヨタは、フランスでもイギリスでもトヨタ車を生産している。

最低賃金の引き上げは、個別企業に任せるだけではできない。大企業の下請け単価の公正な決定など社会的ルールを確立することが必要だ。少なくともトヨタはヨーロッパではこのルールを守っている。

2008年6月19日 (木)

最賃を1000円に

愛労連は本日、「最低賃金1000円」を求めて714分のハンガーストライキに入りました。

1000 714分というのは愛知県の現行最低賃金714円にちなんだもので、本日pm6:54分まで愛知労働局の前でハンスト座り込みを行っています。また職場でもこのハンストに連帯して朝食抜きのハンストや宣伝行動を行っている仲間もいます。

今年7月から施行される改正最低賃金法には生活保護基準との均衡を勘案することが明記されています。714円ではまじめに1日8時間、週40時間働いても年収150万円以下、生活保護基準にすら届きません。さらに生活保護世帯では免除される税金や社会保険料(約18%)分が必要です。

低賃金の上にいつクビになるかわからないという不安定な身分。これがワーキングプアの温床となっています。私たちは「最低賃金をせめて1000円以上に」、「日雇い派遣の全面禁止」を要求しています。

2008年6月17日 (火)

トヨタ内野さん タイムズに

11suit_600 Standing Up for Workers・Rights in Japan

トヨタの内野さんが6月11日のニューズウィークで紹介されています。

「6月11日(水)にニューヨークタイムズ に「サラリーマンの反旗」「日本でも権利を求めて立ち上がった」として、マクドナルドの高野さんとトヨタ自動車の内野の事例が1面に載りました。ネット記事を紹介します。

http://www.nytimes.com/2008/06/11/business/worldbusiness/11suits.html?_r=1&scp=1&sq=UCHINO&st=nyt&oref=slogin

各所で、波紋が広がっていて嬉しく思います。

内野博子」

2008年6月15日 (日)

後期高齢者医療昼休みデモ

0613 参議院で後期高齢者医療制度の廃止法案が可決され、衆議院に送られました。ところが民主党などの審議拒否が行われていません。一方、政府・与党は一部手直しを発表しましたが、75歳で線を切る制度の根本的な欠陥には手をつけていません。減免割合を増やしたものの、団塊の世代が後期高齢者になるころには保険料が2倍になることも変わっていません。

愛知社保協が呼びかけた昼休みデモには100人をこすお年寄りはじめ、昼休みの労働者など200人が参加。名古屋市役所から自民党県連までデモを行いました。「後期高齢者医療制度は廃止せよ」「与党の見直し案にはごまかされないぞ」と声をあげました。

当日は新聞社と地元テレビ局3社が取材にきました。(記事は中日)

2008年6月10日 (火)

後期高齢者医療制度は廃止に

Photo 「後期高齢者医療制度は廃止せよ!」「日雇い派遣を禁止せよ!」

6日、名古屋市千種区・名東区のみなさんが緊急集会とデモを行いました。

この日は4野党が共同提案した「廃止法案」が参院本会議で可決されました。デモ行進には通行中の市民から「署名用紙はないのか」などと声がかかるなど、大きな関心を呼びました。手を振って応援してくれるお年寄りや、自転車で一緒に併走される方もいました。

政府は保険料が安くなる人の方が多いという調査結果を発表し、与党は「廃止したら逆に保険料が高くなる」といっていますが、国民の実感とは違うようです。政府の調査モデルでは、これまで扶養で保険料が無料だったひとなどは含まれていないようです。それでもこれまで言っていたのとは逆に「低所得者ほど負担増」になることが明らかになっています。

また、これまでお年寄り二人で暮らしていると、一緒の国民健康保険だったものが、後期になると別々に保険料を払わなければなりません。奥さんが75歳未満だと、奥さんが国保の世帯主となります。年金からの天引きも怒りを招いています。

障害者には65歳から「強制」的に加入させるしくみで、さらにひどい負担になっています。この制度では無料健康診断もなくなり、「'81年の障害者年では〝同年齢と同じような平等〟を実現すると求められたのに、逆に10年も早く差別を受ける制度だ」と怒っていました。

2008年6月 7日 (土)

届け被爆者の声

11 被爆者援護、核兵器即時廃絶をうったえる平和行進が31日から愛知県に入っています。平和行進は今年で50回目となりました。高齢となりさいごの命をかけた被爆者集団訴訟が各地で国を敗訴に追い込み、認定基準の全面的な改定が求められています。

5日には愛労連や愛高教などの代表が東京からの通し行進者と一緒に愛知県と名古屋市に表敬訪問しました。県も市もまったく消極的で、静岡県やこれまでの市町村との違いに通し行進者が驚いていました。

国会前では3日から被爆者の座り込みが行われてきました。5日に厚生労働省は仙台、大阪高裁で上告を断念することを決めました。しかし名古屋高裁ではどうするかまだ決まっていません。被爆者のみなさんは原告全員の認定、これまでの認定基準の全面改定を求めています。

また、4月、名古屋高裁ではイラクへの派兵を違憲とする判決が下され、確定しています。平和行進のなかでも自衛隊のイラクからの撤退、憲法九条を守れと訴えています。

明日6日は名古屋集中行進です。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »