愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

越冬に米200㌔をカンパ

2_2 名古屋では今日から第34回越冬闘争が始まりました。会場は名古屋でもっとも高いミッドランド(トヨタ名駅ビル)のすぐ下の西柳公園(通称オケラ公園)。まさにトヨタの足元で「生き残って再び会おう」、「仕事をさせろ」「仕事のできない人には生活を保障せよ」と声をあげました。

会場のすぐ向こうのミッドランドは年末で窓にはツリーの形で照明が残してありました。14兆円の内部留保でつくられたビルから見下ろす下界はさぞかし下に見えるのでしょうね。

突入集会では笹島診療所のFさん、笹日労のIさん、また炊き出しや生活相談、笹島診療所から医療の相談、船見寮(名古屋市の一時宿泊施設)の入居案内など実行委員会からの報告のあと、各団体からあいさつ。愛労連もお米を200㌔と使い捨てカイロをカンパ。お米を運んできてくれた米屋の太田さん(革新市政の会予定候補)と一緒に紹介を受けました。太田さんは笹日労のO委員長から「いつも九の市で名張毒葡萄酒事件の宣伝やっとル人」と声をかけられました。

集会のあとの炊き出しには長い列ができました。実行委員会のメンバーはこのあと「夜回り」にでかけ、公園やビルの下で寝ているホームレスに声をかけ、この場所を教えたり困っていることを聞きます。ほんとうに頭のさがる活動です。

元々日雇い労働者の年末野宿を支援する取り組みでしたが、今年は派遣切りでホームレスになる若者が多いと言うことで全体的に人数も増えているとのこと。ただし、この会場ではそれほど若者は多くありませんでした。と、いうのも名古屋の人でもこの場所がわからないというところ。ましてや県外からの出稼ぎ派遣の人がここまでこれるかがわかりません。まず住むところということで名城シェルターの方には「派遣切りの青年が10人ほどいた」とK記者がいっていましたが。

2008年12月26日 (金)

お米100㌔カンパをよびかけ

笹島共生会などが行う名古屋越冬実行委員会から炊き出しへの支援が呼びかけられました。労働相談でも住むところ、食べるものがないという相談もありましたので、反貧困キャラバンでいっしょになったみなさんを通じて愛労連からのカンパを届けることにしました。

「お米100㌔を送ろう」という呼びかけで各組合に呼びかけたところ、緊急な提起にも関わらず2日間で約70口、約200㌔分が集まりました。

28日、日曜日の突入集会にもっていけるよう、地元のお米屋さんにお願いしました。28日夕方5時に会場の西柳公園(名駅前)に持って行き、実行委員会にカンパします。

2008年12月23日 (火)

「全労連」系労働組合が集会・宣伝(NHK)

Image0001_2 JMIUやふれあいユニオン、みえユニオンなどが呼びかけた名古屋駅前の集会にはブラジル人派遣労働者など150人が参加。トヨタの首切りなどに抗議するプラカードなどを掲げてミッドランドの周りをデモしました。

また12時からは豊田、刈谷、知立3駅で市民にむけた宣伝を行いました。知立駅では市民から声をかけられ、年配の女性は「心を痛めています。どうしてこんなひどいことするんでしょね」とチラシを受け取っていきました。また家族がデンソーの社員だという方は「今、デンソーは人が足らなくて残った社員は忙しい」と言っていました。09年問題と言われる3月を先取りして、「この際どさくさにまぎれて派遣社員を切ってしまったのではないか」とトヨタ関係の労働者が言っていました。(写真はガラガラになった派遣寮・知立市内)

この模様は夕方のNHKニュースで「愛知県内の全労連系労働組合が集会。トヨタ本社のあるトヨタ市内では国に対策を求めて宣伝」と報道されました。http://www.nhk.or.jp/nagoya/lnews/03.html

中京TV「派遣切りを許すな」名古屋などで大集会http://www.ctv.co.jp/news/local/news_loc.html?id=31818

更新時間:2008-12-23 18:19
J1223派遣切り2J1223派遣切り3J1223派遣切り1

メーテレでは動画も見れます。http://www.nagoyatv.com/news/area/index.php

2008年12月22日 (月)

西三河非正規雇用シンポに出席

081222 派遣・雇用問題で活躍が注目されている共産党がトヨタの本拠地である西三河で非正規シンポを開催しました。愛労連もパネリストに招かれました。この模様は中日新聞でも紹介されています。(中日12/22)

明日23日はいよいよクリスマス決戦。豊田・刈谷・知立駅に宣伝カーを配置し、12時からチラシとティッシュ5000個を配布、労働組合に入ってたたかおうと訴えます。

***会場からの実態報告を紹介します***

トヨタでは12月末から1月にかけて休業をいれる予定で「有給休暇をとるように職制から声がかけられている」という話。工場ごとに違うようですが、「本人が合意すれば違法でない」との見解のようですが、あまりにセコイやりかたです。トヨタ車体ではクーリング問題で派遣社員を直接雇用にする約束だったが希望者の多くが断られ、そのうらに日研総業の契約期間変更が使われているようです。

トヨタの期間工からは「寮に一ヶ月いられるようになった」ことが喜ばれる一方、「友人の派遣社員が12月末で切られたが、契約書に『一切文句を言わない』と書いてある」と報告。刈谷市議からが派遣の夫婦が両方切られ、しかも奥さんが病気で生活保護しかないことや下請けで働くJMIUの組合員からは「仕事が3割減った。社長は『来年どうなるかわからん。年末に決断する』と言っている。下請けの実情に応じた融資を」。

他にもハローワークの職員からは「麻生は余分なこと言うな!」と今の職場がてんてこ舞いの状況を報告。住宅相談が愛知は1000件もあったが、補充されたのは各所に非常勤1名のみ。その彼女からも「私は3月まででクビ。私こそなんとかして欲しい」と非常勤が非正規の相談を受け付けている実態も。

2008年12月19日 (金)

北区で派遣切り抗議デモ

1宿所を確保する動きが急です。今週月から始めたハローワークの相談で雇用促進住宅はすぐに満杯に。厚労省はいったん廃止決定した施設も利用できるようにする方針を明らかにしました。

愛知県も動き出しました。県の担当者は「期間従業員や派遣労働者の方へ」という手作りのチラシをつくってM○○やコンビニなどのお店においてもらえるよう回っています。M○○からは断られたそうです。さらに

「愛知県は、住まいを失った非正規労働者に対して県営住宅の空き室を提供することになりました。具体的には、県内全域の70戸余りの空き室を半年から1年の期間で貸し出します。(NHKニュース1218 1331081217

北区労連では17日、派遣切りに抗議するデモを行いました。三菱電機を派遣切りされた労働者が相談にきています。

2008年12月18日 (木)

トヨタ、寮退去1カ月猶予 契約満了期間従業員に

トヨタ自動車が契約満了後に再契約しなかった期間従業員に、満了後も無料で約1カ月間は会社の寮に住むことを認める措置を今月から始めたことが17日、分かった。

 トヨタはこれまで、契約満了後から1週間程度で従業員寮から退去するよう求めていた。

 当面の住居を提供することで、入居を継続しながら、次の仕事を探してもらう。

 トヨタは今年10月末時点で約6千人いた期間従業員を、来年3月までに半減する方針を示している。今回の措置は、この間に減らす期間従業員が対象となる。

 日産も契約を打ち切った派遣従業員の住居については、要望があれば1カ月ほど残れるよう配慮する。ただ、数万円程度の実費の支払いを求める。

 (中日新聞)2008年12月18日 03時42分

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008121890034239.html

これは11月19日に愛労連など4団体がトヨタ自動車を訪問して要請していたものです。

また派遣会社の中にも無償で寮を提供するところがでてきました。

「派遣切り」で寮を無料提供へ

派遣労働者や期間従業員を削減する動きが広がっているなか、愛知県内の派遣会社が、契約を打ち切られて住まいを失った派遣社員に対し、社員寮の空き部屋を無料で提供することになりました。この取り組みは、愛知県など6県にある派遣会社で作る組合が始めたもので、このうち3つの派遣会社が豊橋市と豊川市などに持つ社員寮35部屋を提供することになりました。愛知県内の会社で非正規社員として働いて、今年10月以降に仕事を失った人が対象で、どの派遣会社で働いていた人でも光熱費などを支払えば家賃は無料で、来年1月いっぱいまで住むことができます。入居者募集は、18日と19日午前9時から午後5時まで、番号は052−951−2030です。http://www.nhk.or.jp/nagoya/lnews/02.html

2008年12月17日 (水)

期間工・派遣切り 決戦はクリスマス

日系ブラジル人の労働相談に応えているJMIUやふれあいユニオン、ユニオンみえなどの呼びかけで派遣切りや外国人労働者の首切りに抗議する緊急行動が行われます。

23日(火・祝) 11時から 名駅前、西柳公園(おけら公園) 集会後ミッドランドの周りをデモ。

この準備会には各ユニオンや労働弁護団、笹日労などが参加し、愛労連も出席しました。当日はクビを切られた外国人労働者に多数参加を呼びかけます。

期間工・派遣切りの元凶であるトヨタにむけては、愛労連が豊田市・刈谷・知立の3駅で12時から2時まで大量宣伝行動を行います。買い物客の多い駅前で「期間工・派遣切りをやめさせよう」「寮を追い出すな」、期間工や派遣労働者、その家族には「労働組合に入って一緒にたたかおう」と呼びかけます。

25日からトヨタは年末休業に入ります。クリスマスにホームレスを出させない、ぎりぎりのたたかいです。

2008年12月11日 (木)

トヨタは期間工切りやめろ

全国で非正規労働者の解雇・雇い止めが続発するなかで、反撃のたたかいがひろがっています。0090

そのなかで雇用期間に期限のある期間工などは期間満了であれば無条件で雇い止めしている大企業があります。これについて、厚労省がパンフレットで「解雇に関する法理の類推適用等がされる」として「整理解雇4用件」が適用されるとしています。

赤旗12/11 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-12-11/2008121104_02_0.html

トヨタの期間工の中には4ヶ月や6ヶ月の雇用契約を「反復更新」しているものが多くあり、この場合には「期限の定めのない契約と実質的に異ならない状態」と見なされます。

愛労連は、このような違法な期間工・派遣切りやめよ緊急宣伝を行います。

12月22日(月)期間工・派遣切り問題交流集会 18:30~労働会館第一会議室

12月23日(火・祝)12時~14時、豊田市・知立・刈谷の各駅

また同日午前、JMIUが名駅ミッドランド前でブラジル人派遣労働者を集めて宣伝を行います。

愛労連の運動は海外にも発信されています。

Japan times 12/3

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nb20081203a2.html

 

2008年12月10日 (水)

政府が「寮」支援策

私たちの要請が届いたのか、朝日新聞の社説が聞いたのか、政府は昨日「社員寮を失業者に無償貸与」の対策を年内にもとることを明らかにした。

厚生労働省の緊急雇用対策本部で渡辺孝男厚労副大臣が明らかにした。それによれば「派遣・契約社員らを社員寮などから退去させず、無償で貸与した企業に一人あたり月六万円程度を助成する」(中日12/10)

東京新聞http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2008121002000095.html

大量のホームレスがでかねない状況で、当然の対策であるが、トヨタなど大企業がこれで逆に儲けるようでは「マッチポンプ」である。

「究極の雇用調整弁」として大量の期間工を雇い入れ、下請けには「人間かんばん方式」として派遣社員を大量に使わせてきたトヨタ。リスクはすべて下請けに押しつけて2兆円もの利益をあげ、内部留保は13兆円に達した。今年7割減益と言ってもまだ6000億円の利益がある。こんなところにまで一人6万円分も渡すのか。またボロもうけではないか。

切られた方への助成は必要だがトヨタまで支援することはないのでは!

2008年12月 7日 (日)

朝日新聞の社説にも「ホームレスにしないで」

いま東海TV(フジ系)の「サキヨミLIVE」で「派遣切り野宿生活」をやっている。すでにガラガラになったトヨタ田原工場の期間従業員寮、逆に満杯となった名古屋の名城シェルター。大企業の社会的責任が問われている。

小倉キャスターが「GMはトヨタと違ってまだ十分利益あるのに」と指摘、他の出演者も「住むところくらい何とかすべき」「セーフティネット整備をせずに派遣法をつくった」など批判が続いている。

今朝の朝日新聞12月7日の社説にも、派遣切り・雇い止めで住まいを失う非正規労働者の問題についても「企業はいかに生き残りに必死であろうと、雇用を守るぎりぎりの努力をしてほしい。やむなく人を減らす場合でも、再就職を手助けし、次の仕事が見つかるまで社員寮に住むことを認めるぐらいの配慮をぜひしてもらいたい。 」と言っている。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

この社説の「企業」を「トヨタ」と読み替えれば5日、愛労連がトヨタ各社に要請した内容である。トヨタが年末休業に入るまであと2週間あまり。それまでにトヨタに世論をぶつけることが必要だ。

トヨタはホームレスをつくるな!住ませろ!働かせろ!

2008年12月 5日 (金)

トヨタグループ5社に要請

期間工・派遣切りの問題についてトヨタの第一次グループ(豊田自動織機・トヨタ紡織・デンソー・アイシン・トヨタ車体)への要請を行いました。愛労連の羽根議長ほか5名。緊急の要請にも関わらず、各社ともきちんと時間をとって対応いただきました。

要請の内容はトヨタへの要請とおなじく期間工・派遣切りをやめることと公正な下請け単価の徹底です。なかでも雇い止め・解雇と同時に住むところを失うことが「出稼ぎ派遣切り」の大きな問題です。今月25日からトヨタカレンダーの休みに入ります。クリスマスイブのあたりで大量の解雇者がでて、名古屋市でも船見寮の開放など準備を始めていますが、入りきらない恐れがあります。

要請では昨日までの自治体・ハローワーク要請の結果をふまえ、すでに二次・三次下請けの派遣切りでネットカフェ難民やホームレスが増えていること、西三河の各市で生活保護世帯が大きく増えている実態を伝えました。

各社ともトヨタの生産台数の減少はいかんともしがたいものの、自社の期間工からホームレスがでないようにという話には耳を傾けていました。せめて雇用保険の給付が受けられるまでは退寮させないよう重ねて要請しました。県や市から各社に要請があった場合に前向きに検討するよう求めました。

反貧困ネットから、「愛知でも派遣切り反対の集会をやろう」という話がでています。トヨタの社会的責任からいっても、自社の期間工・派遣社員からホームレスをださないくらいのことは当然です。「住ませろ」「働かせろ」をもっと世論にしていきたいと思います。

2008年12月 4日 (木)

西三河各市とハローワークに要請

トヨタの減産で期間工・派遣切りの相談が増えています。国・県への要請に続き、今日は生活保護が増えている西三河の市役所とハローワークへ要請に回りました。

ハローワークでは派遣労働者の雇用保険手続きに力をいれています。しかしその一方、「居所(住民票ではない)がないとどうしようもない」と寮追い出しの問題には対応できないことがあらためてわかりました。

豊田市役所では今年の春からは増えていませんが一昨年に比べると昨年は50件の増でした。「これから増えるのかも」と心配していました。

岡崎市役所は今年の4月から9月だけで10%の増加。「派遣の影響が大きいのかも」と言っていました。

参加したT幹事は「県は甘い。市に行ってから県に行ったほうが良かった。もっと厳しい現実を伝える必要がある」と現場で感じた厳しさを強調していました。

明日はトヨタグループ5社への要請に出かけます。

マスコミの取材が毎日です。1日がジャパンタイムスと赤旗新聞の取材。2日はフランスのテレビ24をつれてトヨタの下請けを訪問しました。今日は週間金曜日。その間にFtvとAtvの問い合わせ。同じ事を何度も話すのですが、少しでもこの状況解決のためになればと思います。

2008年12月 1日 (月)

愛知県に緊急要請

081201 12月1日、愛労連と愛商連は愛知県に緊急雇用・経済対策を要請しました。

要請内容は

1.県内各企業に一方的な派遣切りをやめさせること。派遣の打ち切りと同時に住居を退去させないように派遣事業者及び派遣先企業に要請すること。

2.期間従業員・派遣労働者の雇用打ち切りによる生活困窮者への生活支援や住居支援を行うこと。また、必要な場合には生活保護を適用すること。

3.年末資金の申し込みが増える時期です。愛知県信用保証協会、地元金融機関に対し、中小業者・中小企業への「貸し渋り」や「貸しはがし」を起こさないよう強く要請すること。

 原油・原材料価格の高騰や仕入れ価格の高騰を転嫁できない中小業者・中小企業への融資が円滑に行われるよう、迅速に対応すること

です。

期間工・派遣切りの横行で愛知県では求人倍率が一気に下落。なかでもこの間のトヨタの好景気を支えた出稼ぎ派遣がいま、一斉に職と住居を同時に失い、生活保護やホームレス、ネットカフェ難民が激増しています。99年の派遣法改悪前とは全く違う現象で、これまでの対策が全く役に立ちません。たとえば生活支援貸し付けには雇用保険加入が前提ですが、非正規雇用労働者のうち1000万人以上が雇用保険に入っていません。また雇用保険を受けるためには〝居所〟が必要ですがネットカフェでは雇用給付を受けられません。要請ではこのことを具体的に指摘し、雇用保険に入れてもらってない非正規労働者への救済対策を要請しました。

1202 (写真は中日12/2)

対応した県の担当者も「経営者団体と会った時に『雇用調整は織り込み済み』言われ、今回の期間工・派遣切りを全く問題と考えていない」と言っていました。「95年からの新日本的経営が問題」と述べました。

愛労連にはすでに連日、解雇などの労働相談が殺到しており、11月までに昨年の約1.5倍1600県近くの相談がきています。12/12には全国一斉の「派遣・非正規ホットライン」が行われます。海外からの取材も相次ぎ昨日のフランスTVアルテ、今日はジャパンタイムズ、明日はフランスTV24が取材にきます。

愛労連は愛知がもっとも深刻な事態であることから、本日の四役会議で期間工・派遣切りとのたたかいをすすめる闘争本部を年内に立ち上げる方針を確認しました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »