愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

県に緊急雇用・景気対策を要請

09090226 愛労連と県連3団体(愛商連・新婦人・社保協)は26日、愛知県に対し下記の要請を行いました。

(1)住居のないものの生活保護申請窓口、ホームレス自立支援施設を西三河地域に設けること。緊急措置として使用しなくなる県の職員住宅を活用すること。

(2)県内大企業に対して期間工・非正規労働者の雇用維持に万全を期すよう求めること。解雇した非正規労働者が引き続き寮に住めるよう企業に要請すること。

(3)県として少なくとも6ヶ月以上の緊急雇用を行うこと。また県及び市町村など公的機関が緊急雇用対策として中小事業者が直接参入できる生活密着型の公共事業の発注を増やすこと。

(4)愛知県信用保証協会、地元金融機関に対し、中小業者・中小企業への「貸し渋り」や「貸しはがし」を起こさないよう強く要請すること。

()国、自治体と協力して住居、生活保護、労働・就労の総合労働相談窓口を開設すること。

これに対し、県は「自立支援施設をつくると特定市町村にホームレスが集中する」ので「各市町村で保護する」として、「県として西三河に自立支援施設をつくる予定はない」と答弁。結局03年の厚労省通知どおりで、「名古屋に送るのはダメ」「市町村で対応せよ」と言っただけで県としては何もしないと言っているに過ぎません。090225

このような県に対して、名古屋市議会は「借り上げ方式を含め、三河地区に自立支援センターやシェルター等を設置」するよう意見書を出しています。(→クリック)

2009年2月23日 (月)

愛知派遣切り抗議集会

22日、テレピアホール(東海TV)で「愛知派遣切り抗議集会」が開催され、525名が参加しました。集会は反貧困ネットワークの宇都宮健児さん(実行委員長)のあいさつで始まり、当事者からの発言、弁護士・司法書士・ユニオンなどから報告。また同じく反貧困キャラバンの共同代表湯浅誠が「年越し派遣村からみた日本社会」のミニ講演をおこないました。

090222_3 集会後は名駅ミッドランドまで2.8㎞のデモ。「派遣労働者はモノじゃないぞ」「生活保護をスムーズに受けさせろ」などシュプレヒコールを繰り返しました。

愛労連も呼びかけに応えて実行委員会に参加。資料の準備やデモの進行などで奮闘し、集会にも各組合から多数参加しました。デモには革新市政の会の太田よしろうさんも参加しました。

2009年2月18日 (水)

派遣村の湯浅さんも 2.22名古屋派遣切り抗議集会

今度の日曜日、2月22日に名古屋派遣切り抗議集会が開催されます。愛労連にも呼びかけがあり、昨日の実行委員会に参加しました。 0514_2

「名古屋派遣切り抗議集会」(実行委員長:宇都宮健児弁護士)

2月22日(日)13時~16時 テレピアホール(東海TV)

集会には実際に派遣切りにあった青年や「年越し派遣村」の湯浅誠さんも参加します。

集会後、名駅前ミッドランドまでデモを行います。

0132愛労連など県連4団体は共同でこの日街頭「労働・生活」相談を行います。

12時から2時、栄メルサ前です。集会にはちょっと遅れて参加します。

2009年2月11日 (水)

トヨタ総行動に1600人

Toyota090211 本日11日、第30回トヨタ総行動が豊田市はじめ愛知県下で繰り広げられました。今日の行動はTV2社などマスコミも注目しました。

中京TVhttp://www.ctv.co.jp/news/local/news_loc.html?id=34728

早朝はトヨタ本社前、豊田市駅、刈谷駅と名駅ミッドランドまでの宣伝行動。ミッドランドには東京からきた仲間も加わり100人の大宣伝になりました。

午前中はトヨタ本社周辺の地域と田原工場のある地域でチラシ配布。

12時半から豊田市山之手公園でのトヨタ決起集会には1600名が参加。羽根実行委員長(愛労連議長)のあいさつ、全労連大黒議長、太田よしろう名古屋市長選予定候補(革新市政の会)の来賓あいさつのあと榑松事務局長がトヨタなどへの要請行動を報告。

090211 トヨタで働く石田さんが職場の状況を報告。下請け企業(フタバ産業)で解雇とたたかう4名の派遣労働者、中小業者を代表して刈谷民商から決意表明。東京大気裁判の原告団もマイクロバスで参加し、紹介されました。

青年が決議文を読み上げたのち、トヨタ本社まで約1キロをデモ行進。「トヨタは内部留保をはき出せ」「非正規切りをやめよ」「下請け単価を大幅に引き上げろ」「社会的責任を果たせ」などアピールしました。

さらに3時からは堤工場、元町工場、高岳工場での門前宣伝を行いました。トヨタは残業がなくなり、夜勤も無くなった労働者は毎月10万~15万円も減収となっています。トヨタの労働者に「基本給をあげよう」「期間工の首切りに反対しよう」と呼びかけました。

2009年2月 6日 (金)

トヨタ本社に要請

Photo 第30回トヨタ総行動実行委員会は本日トヨタ本社に要請を行いました。

実行委員会からは愛労連羽根議長、愛商連太田会長、日本共産党八田前参院議員など7名が参加し、非正規労働者の雇用維持や下請単価の引き上げなど要請しました。要請書全文は→「toyota090206.doc」をダウンロード

また、緊急の対策としてトヨタが「呼びかけ人となって就職・生活支援の基金を設立すること。」を要請しました。   

今日の申し入れは新聞各社の他、地元TV局3社が取材にきました。

本日はトヨタ本社の他豊田自動織機、トヨタ紡織にも要請、9日にはデンソー、アイシン、トヨタ車体に要請します。

  

2009年2月 1日 (日)

2.11トヨタ総行動へ多数参加を

期間工・派遣切り許すな!内部留保をはき出し非正規労働者の雇用と下請け単価を引き上げよ!

第30回トヨタ総行動が2月11日(水・祝)に開催されます。0110

当日は各駅、トヨタ本社、名駅ミッドランド前、地域での宣伝行動を行い、12時半には豊田市の山之手公園で決起集会、1時過ぎにトヨタ本社までデモ、終了後3時から工場前で宣伝を行います。実行委員会では2000名の参加をよびかけており、すでに東海、北陸の各県からバスでの参加が計画されています。

13.9兆円もの内部留保をため込んだトヨタが真っ先に期間工の雇い止めを始めたことについて、「トヨタが非正規切りの引き金をひいた」と言われています。最近では麻生首相も内部留保のことを口にするようになっています。

これに先立ち6日と9日にはトヨタ本社と一次グループ5社への要請を行います。

マスコミ各社もたいへん関心をもってくれています。

☆早朝宣伝

名鉄豊田駅・JR刈谷駅 7:30~、  トヨタ本社 8:00~、  ミッドランド9:30~

☆市内地域宣伝 9:30集合(山の手公園)

☆決起集会 12:30~(山の手公園)

☆工場前宣伝 15:00~(元町工場・高岡工場・堤工場)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »