愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

守山SPと公契約条例

守山スポーツセンターの不正工事の記事にたくさんのコメントがついています。なかには「この工事がどうしてこんなに重要なの?」て聞かれる方もいます。愛労連が関心をもっているのはなぜか?

行政の不正を明らかにすることは、労働運動だけの課題ではありません。市民みんなが関心をもっていただければよいと思います。愛労連がこの問題を取り組んでいるのは、以前から公契約法や公契約条例の制定を求める運動を行っているからです。

公共建設工事はゼネコンの談合や下請けへの丸投げ・ピンハネが社会問題になっており、他産業の「下請け2法」以上に厳しい「2省協定による単価」が決められています。にも関わらず、下請けでは違法派遣や偽装請負、労災隠しが後をたちません。

そのうえ、「規制緩和」で「官から民」へと民間委託が無理矢理進められてきました。守山SPのPFI方式もその一つです。規制緩和で見せかけの費用が減ったように見えますが、儲ける人だけもうけて、安全は置き去り。結局ツケは国民に回わされます。その典型が耐震偽装でしょう。建設業界全体が受けた打撃はどれほどになるでしょうか。

愛労連は公契約条例の中に、自治体が発注する事業では末端の下請けまで最低賃金や派遣法などの労働法規を守るよう求めています。自治体の直接発注する事業では末端まで施工体系図の提出が求められ、条例で定めれば調査が可能です。ところが今回守山SPの工事でわかったように、PFIでは名古屋市は独自に調査をすることをずいぶん抵抗します。丸投げだからです。これがPFIの本質です。PFIは結果だけが問題ですので、途中でどのようなことがあろうと(不正が隠されても)、名古屋市が知らないところで起きたことは責任をもとうとしません。

「後は野となれ山となれ」とならないように、公契約条例で、きちんとしたルールを定める必要があります。

2009年6月29日 (月)

全国に広がる「派遣村」活動

昨日、東京で「派遣村全国シンポジウム 派遣村から見えてきたもの」が開催されました。「今こそ、労働者派遣法の抜本改正とセーフティネットの構築を」をメイン要求に掲げ、政党からも民主党の管代表代行、共産党小池参院議員、社民党福島代表が派遣法改正に決意を表明した。

Nec_0119_2東京の年越し派遣村代表の湯浅誠さんが基調報告を行った後、北海道から鹿児島まで各地の代表が取り組みを報告した。愛知派遣村実行委員会からは8名が参加、森事務局長がパネリストとして愛知での取り組みを報告した。(写真)

愛知では弁護士や司法書士、ホームレス支援の市民団体が中心になり、愛労連も参加、協力しているが、同じように弁護士・司法書士が頑張っているところ、県労連が事務局となっているところなど様々。北海道と福岡からは県労連が報告を行った。

三菱ふそうで派遣切りにあった青年は「派遣村で自分も何かやれると勇気をもらった」とこれから裁判をたたかう決意を報告した。

6ヶ月間の貸し付け金が返済期限となり、住宅も退去期限となる。失業保険の給付が切れるが就職は大変厳しい。第2のセーフティネットが急務だが政府の動きは鈍い。東京の年越し派遣村は予定していた期間を大幅に延長して昨日で閉村したが、「年越し派遣村がまいた一粒の種は全国に広がって、花を咲かせ新たな種をつけている」

たたかいは終わっていない。

2009年6月27日 (土)

テレビは生き残れるか

090624 「テレビは生き残れるか 番組作りの現場から」

第23回市民と言論シンポジウムが24日開催されました。(毎日6/26)

最初に民放労連東海地連副委員長の諏訪さんが「ホントに視聴率至上主義なのか」と、政策現場の実態を報告した。あらかじめのシナリオ通りの「画」を撮ろうとすることや、不正とわかった段階でこれを止められない「下請ゼネコン構造」がある。

元東海テレビ報道局長の大西文一郎さんは「あるある大辞典」のやらせ報道調査報告書を説明しながら、安上がりの番組制作の実態を説明した。

大西さんの話で一番印象的だったのは今後のテレビについて「電通」の報告を話されたこと。テレビはいかに広告収入に頼っているか、広告代理店が絶大な支配力を持っていることがよくわかった。

2009年6月22日 (月)

守山SCの工事が業界紙に

守山スポーツセンターの不正工事についての記事が業界紙に載りました。杭打ちはいろんなところで問題になっているようで、注目度も高いのでしょうか?

先週は電機工事の手続き不備で、また工事が止まっていたようです。きちんとやってほしいですね。

さて、専門的な用語が飛び交っていますが、できるだけ関係者に感心をもっていただき、オープンな議論で市民のためになる工事を行ってほしいと思います。愛労連には高速道路や地下鉄、水道など国や自治体での公共工事に関わる組合員が、公務・民間双方にたくさんいます。そういう皆さんからの発言もお願いしたいと思います。

立場を公に出来ない方は愛労連あてにメールで資料や意見を送ってくだされば助かります。Moriyamasp2

Moriyamasp1

2009年6月20日 (土)

北の湖部屋が土俵つくり

09 毎年名古屋場所には労働会館に北の湖部屋が宿舎を構えます。昨日、先遣隊の力士が名古屋入りして、土俵つくりが始まりました。

労働会館本館の1F駐車場奥がよしずで仕切られ、土俵とちゃんこ場、シャワーボックスなどが設置されます。さっそく土俵作りが始まりました。保管してる赤土が広げられ、これからたたいて固めます。また、縄から徳俵が編まれて、土をいれた徳俵をビール瓶でたたいて締め、土俵に埋め込んでいきます。すべて力士達が(呼び出しさんも!)がつくります。

本館の2階会議室と東館の5階フロアに畳が敷き詰められ力士達の宿舎になります。北の湖親方もこの会館を宿舎にしています。(理事長時代もそうでした。)約一ヶ月間、労働会館は鬢付け油のにおいと強力なクーラーの冷気で、今年もお相撲さんがきていることを実感します。

力士達は朝5時くらいからこの土俵で稽古。見学者用のイスも用意されます。近所のファンは毎朝、稽古を見にきます。近くの小学生がここを集合場所にして学校に行きます。たいへんオープンな北の湖部屋です。

来週の28日には北の湖部屋全員が名古屋入り。29日には労働会館の歓迎会が開催されます。北の湖親方から新弟子まで、全員がそろい、話したり写真をとったり、大歓迎します。毎年各労働組合の組合員がたくさん参加します。

2009年6月19日 (金)

最賃引き上げで731分のハンスト決行

2 「日本一の派遣切り」で愛知の雇用状況は一気に厳しくなっています。「ハローワークはタッチパネルにさわるのにも3時間待ち」(豊橋)で、雇用の現場では「景気の下げ止まり」などみじんも感じられません。膨大な数の労働者が解雇と同時に路頭に迷い、派遣村が全国各地につくられるなど、欧米にはありません。このような貧困の元凶は労働者使い捨てを合法化した「派遣法」と、まじめに働いても生活保護の水準にすら追いつかない最低賃金の低さにあります。

今年も最低賃金の審議が始まりました。愛労連は今年2月に100人を超す仲間が「最賃生活体験」にチャレンジし、いかに非人間的な生活が強要されるか身をもって体験してきました。最低賃金審議会労働者委員にも5人の候補者を推薦しましたが、この20年間すべて「連合愛知」独占で、私たちの声を直接届けることができません。

愛労連は18日、栄広場で最賃1000円を要求するハンガーストライキを行いました。この行動にはパナソニックを派遣切りされた青年も参加しました。また宣伝中には派遣切りにあった方が4人もきて、中には「二日間何も食べていない」方もいました。ほんとに深刻な実態がひしひしと感じられました。

座り込みの様子「200906180926.3GP」をダウンロード

2009年6月16日 (火)

生き残れるのかテレビ

23 名古屋のマスコミ関係市民団体、労働組合が行うシンポジウムのご案内です。

日放労(NHK労働組合)や新聞労連、民放労連、全印総連、愛労連も参加しています。

23回市民と言論シンポジウム

生き残れるのかテレビ

~番組づくりの現場から~

6月24()pm6:30

会場 名古屋ボランティアNPOセンター

シンポジスト

大西文一郎(元東海テレビ報道局長)

諏訪誠彦(民放労連東海地連副委員長)

2009年6月12日 (金)

本日名古屋市との懇談で

本日愛労連など3団体の名古屋市要請があり、その中で「公契約」に関わる意見交換が行われました。

名古屋市は市の発注する公共工事についてH18年から総合評価入札制度、H21年度から最低制限価格制度を実施しています。そしてこれらに関わる下請企業については法律で全ての建設業者名、技術者名等を記載し、工事現場における施工の分担関係を明示した施工体系図の提出が求められています。

そこで、守山スポーツセンターの工事についても施工体系図があるのか聞きましたが、当局の答えは「PFIのガイドラインがある」「個別事案についてはそれぞれ決めることになっている」という回答で、「この場では答えられない」ということでした。

事前に細かい質問をしてなかったので回答がとれませんでしたが、通常の公共工事であれば末端の下請まで工事に関わった企業名は明らかになるはずです。今回の杭打ち工事でも施行体系図の公表を求めたいと思います。

2009年6月 6日 (土)

強度の確認はしなくて良いのか

 守山SPの杭打ち不正に関わって「0.7Nの強度試験は何処の業者:行政がどの様な方法でやったのでしょうか?私も長年杭打ち業界に居ますが昨日打った杭でも此処まで酷くは無いですよ!」というコメントをいただきました。

また杭うちの不正が他にもあるという記事も送られてきました。

Photo 工事関係者の説明は、「仕様では杭周りは0.5以上となっており、テストピースで0.7あるので問題なし」で、名古屋市は「業者が言っているので検査はしない」という態度。

しかし、あんなにボロボロいくのをみると市民が「大丈夫かな」と思うのは当然です。そういう市民の不安を解消することが、行政の姿ではないでしょうか?「わからん素人は口をだすな」では済まされないと思います。もともと行政が見過ごした溶接の不正を市民の通報で発見できたのですから。これくらいやっても当然ではないでしょうか。

2009年6月 4日 (木)

豊橋派遣村に110件の相談

2 5月31日、豊橋市松葉公園で「豊橋一日派遣村」が開催されました。主催は同実行委員会で愛知派遣村実行員会や県弁護士会、司法書士会などが後援しました。
 相談には日系ペルー、ブラジルなど多数の外国人を含めて110人。生活保護の相談に長い列ができました。不動産屋さんからの協力申し出があり30人が住居を確保できました。

 約50名が生活保護の申請をすることになり、初日の1日は9名が豊橋市役所で申請。毎日同行支援ボランティアがついて行きました。
ボランティアは150人
豊橋市職労、全労働、JMIU、医労連が協力Photo_2
 

 公園には多数のテントが貼られ、本部受付の他、生活、住宅、雇用、医療、多重債務の相談コーナーや炊きだしが行われました。ボランティアは通訳32名、相談者42名(事前登録分)のほか、会場案内やカンパ隊など総勢150名が参加しました。地元の豊橋市職労の他、労働相談に全労働、JMIU、医労連が医療相談に参加しました。
もうすぐ失業保険が切れる 

 労働相談では「会社が雇用保険に入れてくれない」「雇用保険の延長は受けられるか」など雇用保険の相談が多く、「帰国支援金」や貸付金の相談もありました。

外国語で減免制度案内を
 失業した場合市民税の減免申請が受けられますが、外国人にはほとんど知られていませんでした。すぐに市役所に行って申請すれば国保料や県営住宅家賃の減免が受けられることを説明しました。

2009年6月 1日 (月)

守山SP、杭の抜き出し場面

Moriyamasp2 守山スポーツセンターの工事について杭抜き工事のビデオが紹介されました。(くろーとさんのコメント)

http://www.youtube.com/watch?v=lEPuUJsMDdc&feature=channel_page

写真は崩れ落ちるコンクリート

この工事で採用されている、工法についての説明は

http://www.japanpile.co.jp/kouhou/Hypermega_pv/index.html

にあるそうです。今回の工事でもコンクリートのサンプルがとってあるはずですが、教育委員会は確認しているのでしょうか。

Moriyamasp3 こんな「しゃぶコン」では基礎強化どころか、地盤がユルユルになっているのではないでしょうか。工事現場を見てきた方の話では杭を破壊してしまう重機が入ったようです。他の杭は壊して埋め込んでしまうのでしょうか。

最も重要な先端部分もごらんのとおり

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »