愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

追い出しや対策会議名古屋集会

今日名古屋で追い出しや対策会議名古屋集会が開催され弁護士、司法書士、支援者など80人が参加しました。集会の模様は各メディアでも紹介されました。NHKの7時のニュースhttp://www.nhk.or.jp/news/k10013959541000.html

集会で強調されたことは住居の賃借というのは衣装や車のレンタルなど民事一般の貸借とは違い生存権に属するものであるということでした。

また、貧困化が広がるなかでこれをビジネスにしているやつらがいるということです。その中には○○商事などの悪質商法、また最近では貸し金規制で利益が出なくなっているサラ金業者やヤミ金業者がアパートの保証会社や管理会社となって悪質な取り立てを行っています。

パチンコ屋が全国で一番多い名古屋ではパチンコ屋にATM設置が広がっていますが、これも「貸し込み」を狙った悪質商法に利用されかねないものだと思います。

愛知県でもワンストップサービス

0132 仕事を探している方で、当面の生活にお困りの方が、ハローワークで、職業相談だけでなく、住居・生活支援の相談・手続ができる「ワンストップ・サービス・デイ」を、国、地方自治体等の関係機関の協力の下、下記のハローワークにおいて試行実施します。 この事業は湯浅誠さんが事務局長となっている厚労省「貧困・困窮対策チーム」で議論されたもので愛知県では18のハローワーク、出張所で開催されます。

開催日:11月30日(月)
対 象:仕事を探している離職者の方で、住居・生活支援を必要としている方 
《内容》

職業相談などの、通常のハローワークで提供するサービスに加え、住居・生活支援等の各種支援サービスの相談・手続を実施します。

《サービスの例》

(1) 職業相談、職業紹介(実施機関:ハローワーク)
(2) 職業訓練の受講あっせん、訓練期間中の生活資金の給付のご相談・手続(実施機関:ハローワーク)
(3) 住宅入居初期費用等の貸付のご相談(実施機関:ハローワーク)
(4) 求職中の方が利用できる公営住宅等の情報提供(実施機関:ハローワーク)
(5) 住宅手当のご相談など(実施機関:地方公共団体)
(6) 生活保護のご相談(実施機関:地方公共団体)
(7) 生活福祉資金の貸付のご相談など(実施機関:社会福祉協議会)
(8) 心の健康相談(実施機関:保健所、精神保健福祉士協会、臨床心理士会など)
(9) 多重債務のご相談など(実施機関:弁護士会など)
(10)総合労働相談(実施機関:労働局、労働基準監督署)


 生活保護については、当日は、原則として相談のみの対応となります。相談内容は、管轄の福祉事務所に連絡します。
 提供されるサービスは、各地域によって異なります。
 サービスの内容、実施場所、実施時間等の詳細は、各ハローワークにお問い合わせ下さい。 http://www2.aichi-rodo.go.jp/anteijo/anteijo01.html

2009年11月15日 (日)

愛労連結成20周年記念行事

Ai20 愛労連は今月17日で結成20周年を迎えます。20周年を記念して落語演芸会を開催します。組合員をはじめ友好組合、諸団体のみなさんなど多数ご来場お待ちしています。

2009年11月28日(土) 14:00~

労働会館東館ホール

 桂 福車 落語「21世紀は組合だ」

 ナオユキ 漫談「地球のすみずみに憲法の花を」

参加無料 お申し込みは愛労連へpost@airoren.gr.jp

終了後17時より記念レセプションを行います。(参加費3000円)

 

2009年11月13日 (金)

河村市長の手口

名古屋市の河村市長が市民のくらしをそっちのけで市議会との対立をあおっている。市長が掲げる「日本初市民税減税」に「福祉切り捨ての金持ち減税」と批判の声があがると、今度は「税金で喰っとるモンは極楽」と議会攻撃を強めてきた。

河村市長の手口はすでに撤退した小泉元首相のやり方と同じ。中身のないフレーズを繰り返す。テレビの使い方を熟知したやり方で、マスコミが連日おもしろく取り上げる。新聞でも河村語録を毎日のように繰り返す。大阪の橋下、宮崎の東国原知事もこれを承知でやっている。

善悪の対立構図をつくるのも小泉と同じだ。多数の議会に一人でたたかう「正義の天下人」を自ら作り上げる。これをおもしろおかしくやる。最後には小泉首相を「ポピュリズム」と批判したメディアも、今回もまた当分は黙ったままでいくようだ。

政策的にもすでに失敗があきらかになった「構造改革」「民営化」路線だ。福祉については全くといっていいほど関心がない。「福祉は市民のボランティアで」という地域委員会まかせにしようとしている。

徳山ダム導水路反対ではいいところを見せているが、500億円の本丸再建など自分の気に入ったことだけやろうとしているだけのことである。

今、失業者があふれ、十分働ける30から40代の生活保護が急増している。今河村市長がやらなければならないことは「金持ち減税」でも議会との対立ではない。中小企業支援と緊急雇用の拡大が急務だ。

2009年11月 6日 (金)

雇用と生活対策を

Okazaki091029 10月27日から30日にかけて愛知県内の全自治体を訪問する社会保障「自治体キャラバン」が開催されました。(←岡崎市への要請)

愛労連が担当した西三河地域はトヨタグループの中心地域で、どこに行っても不況と失業の問題は深刻です。政権交代で厚生労働関係の政策転換が期待されていますが、地方ではどこに行っても財政難で来年度予算作成に向けて「物件費カット」が検討されています。

しかし、そのなかでも生活保護や失業者対策については各自治体で努力がされています。足らないながらもケースワーカーを増員し、失業者の国保料減免を広げていました。

サラリーマンが退職したときに社会保険から国保に変わると国保料の高さにビックリします。国保は使用者負担がありませんから、その分本人負担が多くなります。そのうえ前年度の収入を基準に決められますから、失業した時には収入がないのに保険料が前年並みに取られます。岡崎市では業者も使えるように所得枠を500万円まで拡大し、減免基準も前年に比べ30%減(←50%)に拡大しました。9月1ヶ月間が申請期間でしたが328件の減免申請があったそうです。

ハローワーク前で宣伝 Photo_2

いっぽう、このような制度が合っても知らないと使えません。愛労連では今月18日にハローワーク前でアンケートを行いますが、その時に「知っ得情報」を配布して、失業者が使える制度をお知らせします。

2009年11月 2日 (月)

Nisso悪徳派遣会社

日総工産 を提訴

愛労連ローカルユニオン日総工産関連労働組合

製造業派遣大手の日総工産で働いてきた正社員達が派遣会社を相手にサービス残業など未払い賃金の請求裁判を起こしました。全員が4月までに解雇・雇い止めを受けています。

日総工産は社員にケイタイを持たせ36524時間体制で工場や社員寮でのトラブルに対応させましたが、残業とは認めず、残業代を払ってきませんでした。

 しかもこうした業務を正社員以外の派遣社員にさせていました。

 会社は社員の解雇と大量の派遣切りをする一方、厚生労働省の職業訓練を受託するなどの事業を行うため社員を募集しています。

こんなでたらめな派遣会社を許す訳にはいけません。

被災一ヶ月、まだ浸水引かず感染症も3

926日の台風災害から一ヶ月がたちましたが、フィリピンでは災害が続いています。(朝日10/29愛労連ではスマトラ地震・サモア地震災害と合わせて支援カンパを呼びかけています。フィリピンには保健省労働組合(フィリピンの医療労働組合)を通じて支援を行います。ぜひ取り組みをお願いします。

日総工産を提訴

2009年11月 1日 (日)

11.8相談会ボランティア募集

__21_10_13_2 雇用と生活無料法律相談会

ボランティアを募集しています。

日時 2009118日(日)10時~17

場所:東岡崎駅岡ビル百貨店3階・名鉄「東岡崎駅」北口

主催 愛知県弁護士会、日本弁護士連合会

後援:厚生労働省、総務省、日本司法支援センター愛知地方事務所、愛知派遣村実行委員会

1.相談員(雇用・労働、住宅、医療、生活保護、多重債務)

法律家相談員の募集は、弁護士会等で行います。法律家以外で次の相談員のみを一般募集をします。できるだけ事前研修に参加してください。

相談員の希望者は、以下の連絡先に連絡してください。

連絡先:弁護士 森 弘典:

(Eメール)hironori@fb3.so-net.ne.jp

2.相談時のボランティア通訳

外国人の相談者も予想されます。ポルトガル語などの通訳ができる人を募集します。

連絡先:弁護士 森 弘典:

(Eメール)hironori@fb3.so-net.ne.jp

3.会場運営、相談者への付添、宣伝などのボランティア

次のようなことを行います。

連絡先:弁護士 森 弘典:

(Eメール)hironori@fb3.so-net.ne.jp

・11月7日(土)13時からの会場設営作業

・会場内での相談者の誘導や付添および会場周辺の誘導・整理

・相談当日に自動車で運搬・移動(     )

・チラシの配布、メールやホームページでの宣伝・紹介など

・その他

4.事前研修(相談当日参加者はできるだけ研修に参加してください)

(1)日時 11月7日(土)13時~15時

(2)場所 東岡崎駅岡ビル百貨店3階

(3)内容

 会場設営

 ①取り組みの趣旨・心構え、②相談の流れ、③生活保護申請、④非正規雇用問題

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »