愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

雇用・生活・いのちを守れ3.31労働者決起集会

Photo

正規・非正規、官民すべての労働者は連帯してたたかおう

トヨタは内部留保をはき出せ

労働者派遣法の抜本改正を

東海労働弁護団がよびかけ、愛労連、全労協、鉄道フォーラム、なごやふれあいユニオンなどが参加する3.31労働者決起集会が31日夕方、名駅前西柳公園で開催される。

3.31労働者決起集会

3月31日(水)午後6時半~

名駅前:西柳公園

終了後トヨタ・ミッドランドにむけてデモを行います。

国家的不当労働行為を断罪され、1047名の解雇をおこなった国鉄闘争も、政府に3月中の決断をせまる山場の集会になる。この集会には社保庁を分限免職された労働者、外国資本による名古屋工場の廃止とたたかう仲間、トヨタの下請けで苦しむ非正規労働者を支援する仲間など、労働組合の枠を越えて結集が呼びかけられている。

2010年3月26日 (金)

フィリピンから災害見舞いに礼状

Migrante_int2_2

昨年9月末から10月にかけて相次ぐ台風被害にあったフィリピンの災害支援を呼びかけ、年明けに災害見舞金を送りました。そのうち、移住労働者を支援しているミグランテインターナショナル(Migrante International)からお礼のメールが届きました。(男性は議長のGarry C. Martinezさん。女性はミグランテが下院議員に推薦したコリーさん)

Taihu

愛労連が10月に訪問した際には事務所のあるケソン市も水がひいたばかりで、スーパーなどで水に浸かった缶詰などを集めていました。いったん台湾方面にぬけた台風がフィリピン北部に戻り一週間ほど停滞したために長い期間水につかり、土砂崩れに加えて伝染病による死者も増えて1000人にせまっていました。

Dear Mr Kurematsu,

It is very heartening to know that we have friends like you who have shown us sincere support and solidarity for migrant issues and concerns.

Please find below the electronic copy of the official receipt for the donation of Y100,000 (P50,700.00) your organization has given Migrante International.

We thank you for the most generous donation. This will be used for our Migrant Assistance program which handles an average of 3-5 cases a day. This program provides assistance to OFWs in distress and their families which ranges from assisting/representing the migrants in government agencies to file/follow-up thier cases, contacting their families, providing them with para-legal and para-counseling assistance among others...

We hope this will also be the start of a mutually beneficial partnership with your organization and we would only be too glad to host the visits of your members. We can also design educational exposure programs for your organization to help in raising their awareness regarding the plight of migrants in general and OFWs in particular.

We shall also be providing you with updates of regarding our activities.

Sincerely in solidarity,
Rina Anastacio
Member, Executive Committee

続きを読む "フィリピンから災害見舞いに礼状" »

2010年3月23日 (火)

7組織でストライキ

1003172

17日の春闘回答集中日を前後して7組織がストライキを行いました。郵政民営化後はじめてのストライキを行った郵産労東海地本のスト集会は名古屋港郵便局で。

支部では坂本龍馬の横断幕、衣装も用意し、討ち入り太鼓をドンドンと打ち鳴らしました。1003173_2愛労連はじめ港地区労、市民団体から激励を受けました。

17日の統一行動日は通信労組(NTT)、全印総連(繊研新聞、中部共同)、建交労鉄道本部もストを行い、JRの新幹線口では座り込みを行い、国鉄闘争の早期解決を訴えました。

工場撤退を表明している文化シヤッターとボッシュレックスロス(旧内田油圧)では11日に抗議スト、またJMIU川本支部(川本ポンプ)は16日に時限ストを行いました。

続きを読む "7組織でストライキ" »

2010年3月17日 (水)

県は下請単価調査せよ

Kenyosei

愛労連は昨日16日、愛知県に対し「トヨタに対して単価引き下げ要請を撤回するよう働きかけること」「末端の下請企業まで下請中小企業振興法の遵守を徹底するよう要請すること」などの要請書を提出しました。

昨日の要請では下請アンケートのまとめを説明し、受注が半減している状態でも単価の引き下げが行われている。「この状態が続くと廃業を余儀なくなる。余命6ヶ月という状況」という声まで届いていることを紹介。これは下請中小企業振興法の「振興基準」に反するものであり、県としても実態調査を行うよう求めました。

「調査はしない」(愛知県)

しかし県は「団体を通じて基準を守るよう要請する」とはしたものの、県としての「調査はできない」の一点張りでした。先の豊田市議会で「下請単価下げの影響 豊田市、定期調査」(朝日2/25)することも知っていましたが、県には「権限がないので行わない」と繰り返しました。

トヨタの単価引き下げは「誰もがみんな知っている」常識です。愛労連のアンケートは「基準違反」のいわば「状況証拠」。県が実態を調査すると「確定証拠」になってしまうからでしょうか。

2010年3月14日 (日)

3.14春の大集会

100314jpg

賃上げで景気回復、河村市長の市民犠牲許すな

3.14春の大集会が中区栄久屋市民広場で開催されました。(3/15中日)

主催4団体(愛労連・愛商連・新婦人・社保協)を代表して愛労連の榑松議長が開会あいさつ。「私たちの運動で自公政権を退場に追い込んだが、その先はまだ定まっていない。マニフェストではとっくに廃止されているはずの後期高齢者医療制度は廃止どころか大幅な値上げになっている。労働者派遣法も巻き返しで大きな抜け穴が作られた。普天間基地問題も重大なところにきている。名古屋では河村市長が独裁的な議員定数半減を提案している。われわれの運動でくらしを守る政治に転換しよう」と呼びかけました。

集会に先立って「音楽家だって労働者」と新国立劇場と争っているソプラ

ノ歌手の八重樫さんが「早春賦」を歌いました。またエイサーに続き沖縄

Yaegashi_3

名護市長のメッセージを携えた沖縄統一連の内間さんがあいさつ。日本共産党の佐々木衆院議員が国会報告を行いました。新社会党からもメッセージが届きました。

ステージでは青年ユニオン、業者、女性、障がい者、年金者、医療、名古屋市関係の各組合の青年などが集結し、各団体の要求・運動を発表しました。集会後は久屋大通りをパレードしました。

集会後民主会館で八重樫さんの争議支援コンサートが行われました。

続きを読む "3.14春の大集会" »

2010年3月 8日 (月)

市議定数半減はダメ

100306asa

3月6日、名古屋市公館で名古屋市議会主催の議会改革についての「パブリックヒヤリング」が開催された(朝日3/7)。あいにくの雨だったが市民120名が参加し、34名が発言した。

「市議定数半減・議員報酬半減」を提案する河村市長の応援団が多数参加し、ヤジを飛ばす中での進行となったが、議員定数を減らすという発言は少なかった。逆に「市民の意見を反映させるためには大きな削減は望まない」や削減に反対する意見があった。

また参加者の多くは議会が市民と離れた存在になっていることを指摘。河村市長への支持・不支持を問わず、議員一人年間600万円の政務調査費について、会派では共産党以外が領収書の全面公開を拒否していることに批判が相次いだ。「欧州海外視察1週間に120万円も使っている」と指摘する女性もいた。

委員会の中継も始まったが依然として市議会は遠い。「各区で議会の会期ごとに開いてほしい」など、議会報告会を身近なところで開催し区選出議員の出席を求める意見が多く出された。そうすれば海外旅行のことや政務調査費のことも市民が直接聞くことができる。

2010年3月 7日 (日)

ダウケミカルに要請

Nec_0235_2

4日、全労連の中央行動が行われ、愛知からもたくさんの仲間が霞ヶ関に結集した。医労連は看護師夜勤問題で、県交労は山場にさしかかった国鉄闘争で、生協労連は最低賃金で、全国一般は中小企業の問題など、各省庁に向けた取り組みが行われた。

昼休みには厚労省まえで集会。とくに抜け穴だらけと言われる派遣法改正について抗議の声が続いた。

午後には全国一般日本アクリル分会の仲間がマイクロバスをチャーターして上京。親会社であるダウケミカル本社に要請を行った。日本アクリルは5年ほどまえに別のアメリカ資本に買収され、さらに今度はそこがダウの子会社となった。そのたびに合理化提案が出されてきた。今度は製造ラインの停止という「致命的」な案が通告されてきただけに組合は全員ストを打って要請行動に参加した。

外資のやり方に対し、全労連、全国一般中央本部、愛労連から日本の労働法規を遵守して当該組合と真摯な話し合いを行うよう要請した。

2010年3月 4日 (木)

アメリカでも利益優先を批判

Chu100303

新自由主義がもっとも台頭するアメリカでもトヨタの利益第一主義を批判する声が出ている。

中日新聞3/3によれば上院の公聴会で「商業科学運輸委員会のロックフェラー委員長は公聴会の冒頭、『トヨタは収益第一に走り、安全が二の次になった。成功し続けたいなら、安全と利益のバランスを取り戻す必要がある』と指摘した」

これは大規模リコールを回避したことにより1億ドルを回避したというトヨタの内部文書について議論されているようだが、日本でもコストカットがリコールの遠因との声がでている。愛労連の行った中小企業アンケートでは、この期に及んでもなお単価切り下げが行われていることを明らかにした。単価の3割引き下げ要請など、どこからみても「下請中小企業振興法の振興基準」に反するものだ。

残念ながら、日本のメディアではトヨタの利益第一主義を批判する論調はほとんどない。行政の景況調査では売り上げの先行きや利益の見込みについては調べるが、下請け単価の動向については調べようとしない。それほど大企業に対しては及び腰だ。

このままでは、愛知の製造業は足元から崩れてしまいかねない。それは私たち中小企業で働く労働者の雇用を奪うものだ。

2010年3月 3日 (水)

トヨタ下請から悲鳴

100301

2月11日に行ったトヨタ総行動「仕事量・単価に関する中小企業アンケート」の結果がまとまりました。

「tyusyo100301.pdf」をダウンロード

仕事量は半減したうえ、単価まで引き下げ

アンケートはトヨタの下請が集中する豊田市・刈谷市・知立市の約600社に配布。2週間で70通もの回答が返ってきました。その大半が金属製品、輸送用機器などの製造業でトヨタの下請けがほとんどだと思われます。(3/4朝日が掲載。2/24中間まとめ)

Asahi100304

トヨタの減産により仕事量は激減。70%が「ピーク時より4割以上の減少」です。「7割以上減」「全くない」という回答もあります。そのうえ、「この一年間に単価の引き下げ要請があった」という会社が6割。5人未満の会社では回答17社のうち11社が「10%以上の引き下げ」です。「この状態が続くと廃業を余儀なくなる。余命6ヶ月」と悲鳴が届いています。

コストカットに下請企業の怒り、リコールの背景も指摘

「部品価格3割削減を トヨタ系列会社に要請」(中日12/23)。トヨタのさらなるコストカットに怒りの声が多数きています。「仕入れ値は変わらず、売値だけがカットされている」「乾いたタオルを絞りすぎのためリコールが出たのではないか」「リコールの出た責任を取り、トップは減給して単価引き下げを中止すべき」と強烈です。

明日は全労連が中小企業庁に要請行動を行います。下請単価引き下げについて緊急な調査が求められています。

2010年3月 2日 (火)

3.14春の大集会

賃上げで景気回復を

0314jpg

河村市長は、金持ち減税で市民サービスを削るな

3.14春の大集会

日時:3月14日(日)13時~

場所:久屋市民広場(中区・栄・松坂屋東)

金持ち減税の一方で、市民病院廃止、保育園の民営化、官製ワーキングプア拡大を推し進める河村名古屋市長。

「市議会定数半減」で市長独裁、市民の声を切り捨てるな

めちゃくちゃなコストカットでリコールを増大したトヨタ。下請単価の引き下げをやめさせよう。

2010年3月 1日 (月)

反貧困に500名

Asa100301

「なくそう貧困、つながろう愛知集会」(2月28日)が500名を超す参加で大成功しました。(朝日3/1)

中区役所ホールいっぱいの参加で495部用意した資料が不足する盛況ぶりです。派遣切りされた当事者からの発言、湯浅誠、宇都宮健児両氏の講演の他、14団体からの呼びかけが行われました。女性労働、外国人、難病、中小業者、医療、高校生の就職難、いのちの電話などいろんな分野から貧困の問題が語られました。集会は「反貧困ネットワーク」の結成を呼びかけるものでしたが、すでにこの集会にかつてなく多くの団体・個人が参加し、「実質的には本日結成したようなもの」(和田肇・名大教授)でした。

 今後準備会で詳細が検討され、結成総会は530()に司法書士会館で開催されます。湯浅さんの声→

「201002281413.3GP」をダウンロード

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »