愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 突然メディアから普天間が消えてしまったのでは | トップページ | 枝野幹事長のウソ発言 »

2010年6月21日 (月)

トヨタのために消費税10%?

Kabukabu_2

消費税10%引き上げの大合唱が始まりました。

日本の税による所得再分配はOECD21カ国で最下位(内閣府「経済財政報告」H22)で

最も金持ち優遇であるにも関わらず、逆累進の消費税引き上げなど許せません。

これは小泉内閣が行った金持ち減税が続いているからです。

(株)の配当金にかかる税金は分離課税でわずか10%。総合課税なら40%までかかります。

そのため配当が1億円以上もある金持ちは世界にくらべずいぶん安くなっています。

http://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2010/05/post-11e9.html

年収200万以下の非正規労働者や年金者は収入の大半を消費してしまうので丸ごと消費税がかかってきます。外国への投資などしませんし、ほとんどを地域で使ってしまいます。収入200万円の人は今でも10万円も負担しているのに、10%になったらもう10万円取られます。その分買い物を減らすしかありません。地域経済にも大打撃です。

一方、1億円も儲けている人は、大半を消費しないので消費税は恐くありません。地域で消費することもないので、この人達を儲けさせても地域経済は良くなりません。

しかも利益をV字回復させたトヨタなど法人税の10%引き下げとセットです。

これを言い出した直嶋経済産業大臣は全トヨタ参政会(全トヨタ労連)から1億5千万円もの団体献金を受けています。

http://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2010/05/post-49d4.html

トヨタの利益V字回復は下請単価の引き下げによるものです。

トヨタの輸出戻し税(消費税)は4000億円もありました。10%になればこれも二倍になります。

トヨタをさらに儲けさせるために消費税を引き上げるなんてとんでもありません。

選挙中も使えるカブカブポスターをつくりましたので、ぜひ張り出してください。

« 突然メディアから普天間が消えてしまったのでは | トップページ | 枝野幹事長のウソ発言 »

コメント

民主党は消費税を10%に上げて、その税収を何に使うのだろう。
子ども手当などの民主党の得意とするバラマキに使われたのでは、たまったものでない。
低所得者の税負担を軽減するために、食料品の消費税は今まで通り5%とすべき。
中小企業の法人税率を下げることによって、倒産による税収減と雇用の喪失を避けなければならない。

左巻き菅さん
コメントありがとうございます。。
経済産業省のいう法人税引き下げに必要な財源は9兆円になります。これは消費税の4%分になります。その大半は大企業のために使われます。赤字の中小企業には1円も使われず、消費税の負担ばかりです。しかもトヨタやキャノンのような輸出大企業には消費税の輸出戻し税があります。

とんでもない。問題外けしからんとんでもない。断念。もってのほか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/48685995

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのために消費税10%?:

« 突然メディアから普天間が消えてしまったのでは | トップページ | 枝野幹事長のウソ発言 »