愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 法務局で委託労働者762人を解雇に | トップページ | 河村減税見直せば国保料引き下げ可能 »

2011年2月25日 (金)

河村減税やめたら保育園がたった

Hoiku

減税より保育園を

名古屋市は待機児童対策として来年度予算に20億円を決定しました。その結果、保育所の定員は1300人増え、今年度待機児童1766人のおよそ7割にあたります。

これは先の市長選挙で革新市政の会が要求していたもの。市議会の反対で2011年度の減税がでいなくなり、161億円のうち約10億円で、保留になっていた民間保育所を10ヶ園増設する。この他にも子どもの医療費無料化を中学卒業までにすることも決まった。革新市政の会ではこの他にも国保料ひとり一万円引き下げで60億円、住宅リフォーム補助に10億円を要求している。

500億円の天守閣より住宅リフォーム補助を

0893_2

「今の家に住み続けたい」「元気なうちに改修したい」・・・知事選・市長選のなかで、こんな要望がたくさん聞かれました。壁紙や畳を代えて20万円の費用なら2万円の助成。平均10万円の助成なら10億円の予算で1万戸の改修工事ができます。リフォームは手間賃の割合が多く、多用な職種で雇用を生み出すことができます。河村市長は500億円かけて天守閣を木造化すると言っていますが、どっちが市民のためになるでしょうか。

« 法務局で委託労働者762人を解雇に | トップページ | 河村減税見直せば国保料引き下げ可能 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/50966278

この記事へのトラックバック一覧です: 河村減税やめたら保育園がたった:

« 法務局で委託労働者762人を解雇に | トップページ | 河村減税見直せば国保料引き下げ可能 »