愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

組織拡大月間へ宣伝開始

Minkan11092910月から始まる「秋の組織拡大月間」にむけ、28日愛労連の「組織拡大決起集会」が開催されました。集会ではいすゞ自動車で派遣労働者の労働組合をつくるなど実戦経験豊富なJMIUの三木書記長が未組織拡大について講演。53名が参加しました。

単産からは福保労が事業所一斉訪問とその後の熱心な訪問で分会をつくってきた経験、生協労連が「何でも話そう会」、東海法労はアンケート活動で要求を集め弁護士会に要請するなど地道な活動で組合員を増やしていることなどが報告されました。福保労の「一方的な思いだけではだめ。2年かけて両思いになった」という話にはうなずけました。

29日、30日と民間部会の組織拡大宣伝行動が行われます。29日は名鉄東岡崎駅で朝7:30から早朝宣伝にも11名が参加。「中小企業にも労働組合をつくって下請イジメをやめさせよう」「働くルールを守ろう」と訴えました。用意した1000個のティッシュがほとんどなくなるほど好評でした。

2011年9月28日 (水)

ファーブル号まで「仕分け」

Photo河村市長の減税財源のためにあらゆるものが「仕分け」対象になっています。今日聞いたのは子ども達に大人気の移動相談車「ファーブル号」

ファーブル号は「市民が昆虫を正しく理解し、身近な昆虫を見つめ直すことにより、快適な生活環境の一助になること」を目的に始められました。

子ども達からの人気も高く、小学校などから利用が殺到し受付時間を定めて申し込みを受けつけるほどです。

この事業を「儲からない」と言うだけで切り捨てて良いのでしょうか。

名古屋市では昨年のcop10(生物多様性条約締結国会議)の開催地として、2014年には「人類と環境の共生を探る教育活動の普及を目指す」国連環境教育会議を開催することになっています。

こんな時にファーブル号を廃止して良いのでしょうか。

チラシ

「fabre.pdf」をダウンロード

2011年9月26日 (月)

45分で94筆の原発署名 千種名東労連

Nec_055525日、本山生協会館で千種名東労連の定期大会が開催されました。

総会では玉置事務局長の提案をうけ、保育の仲間が新システムに反対する50万署名、病院労組から守山市民病院を守る運動などを発言。

コープあいち労組は千種区内の戦跡めぐりの活動を紹介。ナゴヤドームには軍需産業の跡地で空襲を受け、多くの野球選手が命を失ったことなどを記していることなどを報告しました。

大会終了後、本山駅で原発署名行動を行いました。

Nec_0558
本山駅は学生、高校生などが多く、また子ども連れのベビーカーを押した若いお母さん達が署名に協力してくれました。高校生などが積極的に質問してくる場面も多く、とてもよい反応でした。45分間で94筆を集めました。

2011年9月25日 (日)

ブロック青年協サマセミに過去最高の120名

11samasemi_2

23日~25日、静岡県焼津市で全労連東海北陸ブロックサマーセミナーが開催されています。20回目を迎えたサマセミには過去最高の120名が参加。愛知からも60名を こす青年が参加しました。

初日の23日は地元静岡県評の青年が焼津で開催した意義を含めて「ビキニ被災とフクシマ」の課外授業。講義、DVD、クイズで構成。DVDではビキニ被災の放射能を心配する母親達が始めた原水爆禁止署名の様子が紹介されました。「署名なんかしても何の意味があるんだ」という男性に「何もしないよりずっと言い」「黙っていることは賛成していることになる」と言い返す女性。初めて聞く青年にもしっかりと伝わる企画でした。

「大震災と労働組合」のシンポには岩手生協労組の書記長や静岡自治労連、全労連青年部から報告。討論では現地の実態を知り、現地の要望に応える活動が必要なこと、仲間を送り出しこれを支える労働組合の役割などを交流しました。

二日目は午前3と午後4の分科会を企画。午前中は模擬団交や、自己表現の講習など青年が今必要だと思うことを話し合って準備。午後は茶摘み体験と原発見学、SLの旅、温泉、グランドゴルフなどで静岡を満喫。

最終日は全体会場で労働組合初級講座などが行われています。3日間を各県の実行委員会が分担して企画を準備しました。そして今日、各県から、労働組合員でない参加者も含め、さまざまな職種の青年達がここで出会ってできずなを深めています。

2011年9月22日 (木)

トヨタの言い分を検証ー東洋経済9.24

Hata110922_2トヨタが言いたい放題です。

トヨタを中心とする愛知県経営者協会が厚労省に出した意見書が有期雇用の規制に反対したうえ、「働く側にとっても選択肢が増え、雇用の拡大につながるメリットがある」と居直っています。トヨタが「日本一の派遣切り」の引き金を引き、派遣村の原因となったことにはほおかむりです。(赤旗9/22)

また、外国に比べて「日本の労働規制が厳しい」と言っていることについても「実態は企業の裁量が大」なことが明らかにされています。(週刊東洋経済9.24)

トヨタ労使は裁量労働の適用範囲拡大を協議していますが、「主任技術者クラスでは自由に出勤するなどとんでもない」で「過労死や不払い残業の促進につながりかねない」(〃)と指摘されています。

Toyo110924「非正規労働者の保護法制に関しては明らかに韓国の方が厳しい」(〃)のが実態です。

派遣切りが社会問題になり、期間工や偽装請負による有期雇用が増えていますが、問題は変わっていません。諸外国並みに法律で規制することが必要です。

2011年9月21日 (水)

市民と労働組合が一緒に〝さよなら原発〟

919in5若者も(←)

ママ達も(↓)

919in6〝トラディッショナル〟な仲間たちも一緒に〝さよなら原発〟

919in2

大江健三郎さん達の呼びかけで開催された1000万人アクション。

愛知ではツイッターなどで知った市民と愛労連、革新懇などの呼びかけで参加した労働組合など2000人の参加で成功しました。愛労連加盟の各組合、国労、名高教、ふれあいユニオンなどの労働組合、新婦人、民医連などの民主団体から約1000人が参加し、原発ゼロをめざす市民と労働組合・民主団体の共同の一歩となりました。

919in4

2011年9月19日 (月)

さよなら原発in愛知

09191

心配された台風の影響もなく、暑すぎるくらいの天気のなか白川公園には子ども連れのおかあさんを始め、2000人の参加で「さよなら原発集会」が開催されました。

愛労連からは自治労連、愛高教、福保労、年金者組合、全印総連、通信労組など各単産から500人以上が参加。国労やふれあいユニオンなどの労働組合や民医連などの民主団体も多数参加しました。九条の会のノボリもありました。

できたばかりの「子ども達を放射能から守ろう」のノボリやさまざまなプラカード、パネルがいっぱいでした。デモはママ達を中心とするグループ、若者を中心とするサウンドデモのグループにはさまれて労働組合などは「トラディショナル」なグループに分かれて行進しました。

1109192

劇団の仲間がつくってくれた「八郎君」がデモ隊に手を振って送り出しました。

2011年9月14日 (水)

名古屋版「事業仕分け」で市民犠牲許すな!

金持ち減税の財源つくり

名古屋市は「名古屋版事業仕分け」への意見募集を始めました。仕分けの対象には「敬老パス」や 
30人学級」など市民の運動で実現した施策や「保育料」「スクールランチ」の値上げなど市民のくらしに犠牲を強いるものがならんでいます。この一方で名古屋城天守閣の木造再建や高速道路、徳山ダム導水路など不要不急な大型事業は含まれていません。河村市長は「金持ち減税」と批判されている10%減税を再提案しており、このために市民に犠牲を押しつけるものです。

0122利用者・市民の意見をどんどん送ろう

「判定会」は1021日~23日に開催され、市民からの意見募集は1011日(必着)までです。判定会には市民委員も参加しますが○×だけで、具体的な意見を言えるのは学識経験者だけです。そのため、事前に利用者や市民の声を届けておくことが重要です。

仕分け対象は31項目に及びますが各組織で影響の強い項目を選んで、組合員に意見を出すよう呼びかけていただきますようお願いします。

意見の募集期間 914日~1011日(火曜日)【必着】

提出先 名古屋市総務局行政改革推進部行政改革推進室 

郵便 〒460-8508(住所の記入は不要)

FAX 052-972-4109

Email gyouseihyouka@somu.city.nagoya.lg.jp

意見・意見のある事業名・住所・氏名のほか、「行政評価内部評価結果」に対する意見であることを明記する。電子メールの場合は、件名を「行政評価結果に対する意見の提出」とすること。

資料

○実施要項 「jisshigaiyou.pdf」をダウンロード

○対象事業一覧 「gaibutaisyou30.pdf」をダウンロード

○個別評価表(一部) 「hyoukakekka30.pdf」をダウンロード

○意見記入様式 「ikenkinyuuyoushikiword.doc」をダウンロード

詳細は名古屋市HP市政情報(http://www.city.nagoya.jp/somu/page/0000028309.html)からダウンロードできます。

2011年9月13日 (火)

全国でさよなら原発

Hata110913_39月10日、11日と全国で原発ゼロへ、さよなら原発など原発の廃止を求める取り組みが行われました。新宿の中央公園には1万人の参加者だったそうですが、全国紙にはあまり取り上げられていないようです。←赤旗9/13

919in来週の9月19日には愛知でも「さよなら原発」の集会が開催されます。愛労連も賛同団体として各組合に参加を呼びかけています。労働組合のノボリも持ってきてかまいませんが、プラカードや横断幕などアピールするものを持ってきてください。

9.19さよなら原発1000万人アクションinあいち

9月19日(日) 白川公園

1時半~集会、2時半~デモ(白川公園~中電本社~栄東小公園)

2011年9月 9日 (金)

原発「安全神話」はどうつくられたか

26JAEAの現役研究者を招いてフクシマ後の原子力の今を聞き、参加者で討議します。

26回市民と言論シンポジウム

原発「安全神話」はどうつくられたのか

10 月11 日()18 時半~

なごやnpoボランティアセンター

伏見ライフプラザ12F(夜間は南側入り口から)

地下鉄「伏見駅」6番出口徒歩5分

参加自由 (社会人800円 学生500円)

シンポジスト

花島 進原研労組書記長)

JAEA(原研=日本原子力研究開発機構)で加速器制御の研究者。「フクシマ」の事故以後、原研の現場では何が語られ、何が行われているのか。原子力研究最前線の今を語る。

柘植 新(名古屋大学名誉教授、分析化学)

原発ができ、すでに60年以上がたつが、なぜ「安全」な技術は確立しなかったのか。「安全神話」の系譜と研究者の関わり、原子力ムラの構図を語る。

主催 市民と言論実行委員会

 

(市民とメディア研究会・あくせす、日本ジャーナリスト会議東海、メディア夜塾、新聞労連東海地連、民放労連東海地連、日放労(NHK労組)中部支部、全印総連愛知地連、愛労連)

 

問い合わせ先 日本ジャーナリスト会議東海(大西) tel 052-803-2970

チラシは

「262.pdf」をダウンロード

2011年9月 8日 (木)

公務員賃金引き下げ許すな

Jinkan110906正規・非正規全ての公務労働者の待遇改善を

9.6人事院中部事務局包囲行動

6日、愛労連、中部ブロック国公、公務共闘三者による人事院包囲行動が行われました。昼休みには名城東小公園で集会を開催した後、中部事務局を取り巻く形でデモを行いました。

震災により二ヶ月遅れの人勧作業では定年延長とあわせて「減給保障」の廃止などが検討されており、大幅な賃下げとなるおそれがあります。

また政府はこれとは別に復興財源を口実とした公務員賃金引き下げ法案の成立をねらっています。しかし、公務員賃金の引き下げは民間の賃下げにもつながり、景気をますます悪化させます。絶対認める訳にはいきません。

ブロック国公は午後も引き続き人事院事務局への要請、座り込み行動を行いました。

 

保育園への営利企業参入やめて

Chu110908 河村市長が進めようとしている保育園への企業参入に反対して父母や保育士によるシンポジウムが開催されました。無認可の保育室で働いていた女性保育士は「延長保育で出される食事はレトルトカレー。残業代を出さないために、子どもの世話をしながら書類を作っていた」と話した。(中日9/8)

2011年9月 6日 (火)

トヨタ期間工集めに必死?

Kikankoトヨタの期間従業員募集広告が増えている。8月上旬に中日新聞に募集広告を載せたのが異例だったが8月27日にも再度広告があった。

そして県内で最も多い求人フリーペーパー「TOWNWORK」の裏表紙も全面が「TOYOTA期間従業員募集」になった。西三河版だけでなくナゴヤ版、名古屋東部瀬戸版も全面TOYOTAになった。

宣伝ではないが)日給は9000円だが残業、夜勤もたくさんあるので月収25万円も不可能ではない。さらに寮費(光熱費含む)無料、寝具無料貸与、食費補助1万などの他に特別手当10万円や満了慰労金もある。

派遣寮で月10万円もピンハネされた人がいたことを思えば、これでもかなり良い。これで集まらないのはなぜか?

期間工こそ利益の源泉

トヨタが1兆円、2兆円と利益を挙げていたころは1万人近くの期間工がいた。リーダーや点検者を除けば実際にラインで組み立てを行っていた労働者の半分近くが期間工だった。かつてトヨタのラインは「絞ったタオルをさらに絞る」と言われたが、今ではさらに「カイゼン」され効率化が進んでいる。後の行程でミスが発見されると怒号がくる。

社員と全く変わらぬ作業が求められる。勤務時間は一直が6:25~、二直は16:00~0:40でそこからが残業となる。一直でも二直でも生活時間とは大きくずれ、普通の社会的つきあいはできなくなる。仕事は社員と変わらないのに日給は9000円だ。

県内の人なら寮に入らず、少し給料が安くても普通の時間で働いて残業した方が良いと思うのは当然だ。

2011年9月 1日 (木)

保育への営利企業参入許すな

Chu110901全国最悪の待機児童となっている名古屋市が来年度から保育への営利企業参入を強行しようとしている。

市の「検討会議」は河村市長の意を受けて31日「営利企業の参入を視野に入れ、認可に必要な条件を検討しておく必要がある」と提言をまとめた。(中日9/1)

※名古屋市はこの記事について「正式な中間報告は出ていない」「現段階では市としての方針は決まっていない(見出し等の『平成24年度導入方針』というのは誤り」という見解を明らかにそました。

河村市長は「小規模な保育園を各地域にいくつもつくって」「地域委員会に予算も運営も任せる」方が「認可保育園だとか認可外保育園だとか小難しいことを言っても、しょっちゅう監督するわけにもいかない状態の保育園よりも、親の方だってずっと安心できる」(「名古屋から革命を起こす」)

しかし結局そんなことはできないから営利企業にやらせて、補助金を減らす。これが河村「行革」の本質だ。

これに対して父母や保育士の労働組合などでつくる「保育ネット」(保育をよくするネットワーク名古屋)は企業参入に反対する2000人分の署名を提出。7日夜には市女性会館ホールで「保育への企業参入を考える市民フォーラム」を開催する。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »