愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

浜岡原発を包囲・・・人間のくさり

Chu111127

7月に5千人のひまわり集会を成功させたのにつづき、26日は浜岡の現地で原発を包囲するひまわり集会が開催された。

今回もおなじく静岡県評や大学人、医師などがよびかけ、県内・県外から数十台のバスで御前崎市内の特設会場(民間の私有地を借りて、草刈りをおこなって)で開催しました。

集会後には原発までパレードして、浜岡原発を包囲する「人間の鎖」行動を4千人の参加で成功させた。浜岡原発に反対して大集会が行われることも初めてなら、御前崎市で4千人の集会が行われることも初めてだ。

心配はしても大きな声で反対を言えない地元の方にも「やはり廃炉が必要」と激励する集会となった。

今回の集会は地元SBSテレビや中日新聞でも報道されました。(中日11/27)

2011年11月26日 (土)

30才の過労死

Chu111126刈谷市職員倉田過労死裁判に不当判決

30才の若さでくも膜下出血により過労死した刈谷市職員倉田さんの過労死裁判で名古屋高裁は労災を認めない不当な判決を下した。

高裁では地裁に比べるとやや時間外労働の認定を増やしたが、それでも事実認定では極めて消極的な認定しかせず、職場の実態とはかけ離れたものにしかならなかった。

倉田さんの職場である美術館では4人の職員が3人に減らされ、そのうち二人は4月に他の部署から異動してきたため、庶務実務がわかるのは倉田さんしかいない。朝8時の鍵開けは倉田さんの担当で、セコムの記録では4、5月まで8時少しまえに解錠されてており、始業時間8時半までの残業は認められた。しかし10月ころから仕事が忙しくなるなかで7時半とか7時とかの解錠記録が続くようになった。他に解錠した人はおらず、倉田さんであることは間違いないが、判決では「仕事をしていたかわからない」として労働時間から除外された。

下の子どもが生まれたばかりで夜の残業を減らすために早出残業をするという実情には全く目をむけず、機械的な認定しか行っていない。

また、持病である高血圧についてもまったく考慮することなく、平均的な労働者の基準を採用した点でも、この間個別の実情にそって判断するという判決の流れに逆行する判決となった。

倉田さんの過労死から13年。職場の実態はさらに悪化している。20代、30代の若者が過労死・過労自死している。職場の実態への想像力を欠いた判決をこれ以上許してはならない。

2011年11月16日 (水)

中小企業700社を訪問

1116本日、秋の地域総行動です。県下130駅で早朝宣伝を行ったのち、名古屋市内の地域労連は中小企業訪問を行っています。

15地域労連に分かれて、午前・午後で700社を訪問して、事前にお願いしたアンケートを回収し、話を聞きます。とくに3.11大震災後の影響や台風、タイの水害の影響なども聞けたら聞きます。

中センターは栄総行動で行政や経営者協会などとの交渉も行います。西三河労連はトヨタへの要請、愛労連は県労委の公正任命を求める団体署名を提出しました。

夜は要求交流集会やデモを行う地域もあります。

2011年11月14日 (月)

第28回トヨタシンポ 自動車中心の愛知県経済をどう転換するか

28toyota11111313日、豊田市福祉センターで第28回トヨタシンポが開催され、約100名が参加しました。

記念講演で井内名城大教授が「自然エネルギーを基礎とした循環型地域経済の構築にむけて」のなかでベンツの本拠地であるドイツのシュトゥットガルトでの自然再生エネルギーの取り組みを紹介。中小企業が元気になる街づくりについて話されました。

吉良事務局長からTPPや労働法制の規制緩和が進められてきている中でトヨタとのたたかいの意義、今秋から春闘にかけてのたたかいの提起に続き、トヨタの職場、地域、中小業者から報告。土日稼働の市民生活への影響では「来年は協力しない」という声が出ていると言われました。下請単価では「プラスチック部品で工賃の3%を『協力費』として出すよう求められている」という実態がありました。「トヨタの労働者は社外の情報を全く知らない。トヨタ労組の出す資料も読まない、わからないでいて、不満や疑問も多くなっている」そうです。

午後の分散討論ではさらに下請・地域などの実態が交流されました。

2011年11月11日 (金)

農業だけじゃないTPP

Tpp10野田総理がTPPへの参加決断を今日に繰り越しましたが・・・

世論調査でも「情報が不十分」と言われるように、どんな影響があるのか政府は情報をほとんど出していません。米国議会の「内部資料」が明らかになる度に政府は「議論となる可能性を完全に否定するものではない」と答弁しています。

民主党の前原政調会長は「1.5%を守るために98.5%が犠牲になる」と言っていますがアメリカからの要求は21分野にも及び、決して農業分野に限られるものではありません。

Tpp11この10年間、トヨタなど輸出大企業がばく大な利益をあげる一方で労働者の賃金は下がりっぱなしでした。

「国際競争力」が高まればさらに円高が進み、輸出はそれほど伸びません。そればかりかさらなる「競争力強化」のために国内の賃金が下げられ、消費不況が深刻になるばかりです。

農文協HPを参考にさせていただきました。詳しくは「TPP推進派にだまされるなよ」を参照ください。

http://www.ruralnet.or.jp/tpp/

2011年11月10日 (木)

13日にトヨタシンポ

28toyota 節電を口実に土日稼働をしたトヨタ。保育園ではたいへんな負担だった。10月からは半年で20日間の休日出勤を行うかと思えば、タイの洪水で操業縮小。トヨタ系の会社からの労働相談には「有休を強制された」「むりやり休まされたのに手当はなし」など。

半年ごとの単価引き下げが始まったばかりだというのに、円高を理由に1.5%の引き下げ要求も行われるという。(朝日10/23)

利益はトヨタに、しわ寄せは下請け、住民に。ジャストインタイムと「カイゼン」というトヨタの利益集中手法が破綻してきている。

こんなトヨタやりたい放題をやめさせ自動車産業の明日を考える。

第28回トヨタシンポ

11月13日(日)午前10時~
豊田市福祉センター
豊田市錦町1

名鉄三河線「上挙母」または愛環「新上挙母」から徒歩10分

記念講演
井内尚樹氏(名城大学教授)

2011年11月 4日 (金)

要求を交流すると元気10倍

Mizuho111101各地で地域労連の大会が開催され仲間の要求と活動が交流されています。
 名古屋市の保育園から市が待機児を口実にした詰め込みと企業参入を認めようとしており、福保労も「新システム」反対署名を例年の2倍集めています。河村版「事業仕分け」に対しても保健所の仲間や年金者組合が問題点を指摘します。
 大震災や台風の影響も様々。全印総連が「洋紙の3割は東北で生産。15~20%値上がりの一方で自治体からは入札で安くたたかれる」。地域労組きずなから仲間が「市場に里芋の入荷が減って残業がなくなった」。区役所からは「税の職員が市税事務所に集約され避難所要員が不足。台風の日は新守山駅の近くの避難所には乗客百名以上が押しよせ、二人で毛布・食料の手配でたいへんだった」。国交労組からは「自衛隊が東北へすぐに行けたのは一週間足らずで高速道路を復旧させた国交労働者と土建業者の奮闘があったから」などリアルな報告が次々。
 デフレ不況の影響も地域に深刻な打撃を与えています。「もともと低賃金だったのに残業がなくなり最賃並み」「漬け物会社で下請2社が廃業に。組合もなく労働者はどうなったか」などの実態が話されました。

 来賓の民商さんからも「これまでの不況で飲食業は最後まで残ったが地域で90年やってきた食堂が廃業になった。原因は安売り弁当。最初は1コイン(500円)だったのがついに280円、250円と下がりついに150円がでてきたため」という。

地域労連は愛労連の宝

 こんな話を単組や分会の役員が聞けるのが地域労連です。それぞれの職場で頑張っている仲間を地域のみんなが応援すれば力も倍増します。三菱電機派遣切り裁判も地域の仲間が応援して勝たせました。
 地域労連は単組や分会が集まって自主的に結成されて愛労連に加盟しています。単産と地域労連は対等な構成組織です。「連合」の「下部組織」である「地協」との違いがここにあります。
 全ての労働者と地域の住民のために奮闘する地域労連は愛労連の宝です。

2011年11月 2日 (水)

三菱電機派遣切りを断罪

三菱電機派遣切りを断罪
本日午後、名古屋地裁で三菱電機派遣切り裁判。派遣先である三菱電機を厳しく断罪する判決が下されました。地位の確認までは取れませんでしたが裁判長は契約期間中の派遣切りを「著しく信義にもとる不法行為」「身勝手はなはだしい」「あまりに無節操」と厳しく批判しました。原告のMさんは「自分たちの一番言いたかったことが認められた」と喜んでいました。弁護団も偽装請け負いも認定され、派遣先大企業の責任を認めさせた意義が大きいとしていました。

南生協理事会を不当労働行為で申立

書記長に職場立ち入り禁止!

南生協理事会を不当労働行為で申立

 医労連南医療生協労働組合

0129_5南生協では2000年にN専務が就任した時から労働組合との協議なしに労働条件を引き下げるなどの不当労働行為が起きてきました。2009年にはこれらの行為にいったん「反省の意を表し」て和解しましたが、その後も不当な行為が続いています。

正常な労使関係を踏みにじる

昨年新病院が建設され、病院内の通行にセキュリティカードが必要になりました。この際南生協理事会は労働組合の書記長(専従者)へのカード発行を拒否。組合員のいる病院内に自由に立ち入ることができなくなりました。この他にも労働協約に反することや組合役員に対する昇格差別発言など目に余る行為も起きています。

県経協(日経連組織)にも加入

最近では日経連の構成組織である愛知県経営者協会にも加入しました。労務政策も大企業の手法を積極的に取り入れています。

Minamifuto

 

 

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »