愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 社会保険庁不当解雇を撤回せよ | トップページ | 過労死防止基本法制定を目指して100万人署名 »

2011年12月22日 (木)

愛知県副知事との懇談

20日、愛労連役員と副知事との懇談を行いました。懇談は先の県労委任命で「非連合」委員が全員排除されたことを受けてのものですが、これ以外にも中小企業支援、高校・大学生の就職難などについても懇談しました。

「連合」独占の弊害

県はいつも「全労働者の利益を代表」する委員を任命したと説明しますが、愛労連には連合の組合員や、委員が労組役員となっている企業の下請企業からの相談が少なくありません。この間、過労死裁判を行ってきたトヨタ、中電などでは過労死しても労働組合からの支援は得られませんでした。大企業労組の役員ばかりではとても救済を申し立てることができません。

中小企業振興条例に下請法遵守をPhoto

副知事に中小企業訪問やアンケートの資料を手渡し、下請単価の引き下げが強要され、そのことを告発できない実態と中小企業労働者の労働条件が改善されないことなどを伝えました。県が検討を始めた「中小企業振興条例」に下請法遵守を入れるようもとめました。

この他にも就職シンポで出された就活の問題や未就職者支援などについていっそうの努力を求めました。「社会人としての人生のスタートを失業者にしてはならない」といことについては、副知事も深くうなずいていました。

« 社会保険庁不当解雇を撤回せよ | トップページ | 過労死防止基本法制定を目指して100万人署名 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/53542216

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県副知事との懇談:

« 社会保険庁不当解雇を撤回せよ | トップページ | 過労死防止基本法制定を目指して100万人署名 »