愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 3月11日は一人ひとりが震災と原発事故のことを考えられる日に | トップページ | 松田みゆきさんがメインゲスト 3.11さようなら原発in愛知 »

2012年2月24日 (金)

河村市長の南京大虐殺否定発言に抗議する。

愛労連は名古屋河村市長の南京大虐殺についての発言について一市長の個人的発言にとどまらない重大な問題だととらえ、市長に対して抗議し、撤回を求める声明を発表しました。

河村市長の南京大虐殺否定発言に抗議する<声明>

名古屋の河村市長は220日、姉妹都市提携を結ぶ中国・南京市の訪問団との懇談の席上で「南京事件というのはなかったんじゃないか」と南京大虐殺を否定する発言を行った。これに対し中国政府は抗議を行い両市間の一時交流停止を決めたが、河村市長は22日にも日本記者クラブでの記者会見で「いわゆる大虐殺はなかったのではないか」との姿勢を示した(中日2/23)

 南京大虐殺については30万人という人数についての議論はあるが、日本政府も「多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できない」(外務省ホームページ)と述べている。虐殺については当時の日本政府・軍の当局者の証言でも「上海から来信、南京に於ける我軍の暴状を詳報し来る。略奪、強姦、目もあてられぬ惨状とある。嗚呼これが皇軍か」(石射猪太郎元外務省東亜局長の日記、3816日)と証拠が明らかになっている。

河村市長は市長になる以前から南京大虐殺を否定する持論を展開してきた。しかし河村市長が根拠としているのは南京市で従軍していた父親が敗戦後「南京の寺で部隊が駐屯させていただき、温かいもてなしを受けた。例えばラーメンの作り方を教えてもらったり、農家から野菜をいただいた」というだけである。

捕虜の虐待は国際法で禁止されている。食料の提供を受けたことだけで虐殺を否定できないのは当然である。市民を代表する市長が「私的」な体験だけを根拠に歴史的に確認されてきた事実を否定する発言を行う事は厳に戒めるべきである。

 河村市長はこれ以外にも戦争資料を展示するNPO法人に対しても「南京大虐殺の展示をしている」ことを理由にして固定資産税の減免を拒否している。これも公的な立場を逸脱した行為である。

日中国交正常化40周年のこの年、名古屋市民と南京市民の友好と交流が期待されるなかでの市民を代表する市長の発言は言語道断で有り、直ちに撤回を求めるものである。

2012224

愛知県労働組合総連合

議長  榑松佐一

« 3月11日は一人ひとりが震災と原発事故のことを考えられる日に | トップページ | 松田みゆきさんがメインゲスト 3.11さようなら原発in愛知 »

コメント

河村市長に抗議します、
国際的には笑いものになるに違いない。大都市の市長なのに、歴史を背負わず無責任なことを言っている、市長をやめろ!


石射猪太郎氏には幾つか疑問点がありますので、コメントさせていただきます。

引用開始
陸軍攻撃と石射猪太郎
さて、磯原氏は「南京大虐殺」の証拠として当時の外務省東亜局長だった石射猪太 郎の回碩鏡『外交官のー生』(読売新聞社、 一九五〇年( 太平出版社1972 中公文庫版1986 もあり。))をあげている。石射は次のよ うに書いている。
「昭和十三年一月六日の日記にいう。 上海から来信、南京に於ける我軍の暴状を詳報し来る。 掠奪、強姦 目もあてられぬ惨状とある。嗚呼これが皇軍か。 日本国民民心の頽廃 であろう。 大きな社会問題だ。 [・・・・・]
 これが聖戦と呼はれ、皇軍と呼ばれるものの姿であった。私はその当時からこ の事件を南京7トロシティーズと呼びならわしていた」[305〜306頁]
確かに、外務省に対し日本軍の暴行についての抗議が続々と番せられたことは事実 であろう。 石射の部下で東亜局第一課長だった上村伸一氏も「(抗議書の類は) 東亜第一課の部屋に山積みされたほどで、写真などは一見目を蔽うようなものであった」「日本外交史」20卷、鹿島平和研究所、142頁)と書いている。
 その抗譲書は『外国人の見た日本軍の暴行』に付録として収められている「南京暴 行報告」「国際委員会の書簡文」等々であろぅ。 龍渓書舎版の同書(昭47年刊)に は、上村氏が目を蔽ったであろう写真も多数収められている(しかし、これらの写眞 は南京だけのものではない)。
 ところで、この「南京暴行報告」は「日本兵が米人バーワー女教師のキャンデーを 手づかみにした」(評伝社版、165頁)などと実に細かいことも書いているが、抗議し た中国人被虐殺者の数は「三十三名」にすぎない。東京裁判で証言したマギー自身か 見た「虐殺」はたったの一件。これも誰何されて逃亡した中国人か撃たれたというも であった。
 さらに、この「三十三名」虐殺抗譲の報告も、南京の中国人が国際委員会の事務所 に駆け込んでアレコレ訴えたことを、何ら検証することなく、全てを事実として認定し たという代物である。当時南京で外交官だつた福田篤泰氏は次のように述べている。
「当時、私は毎日のように、外国人が組織した国際委員会の事務局へ出かけて いたが、そこへ中国人が次から次へとかけ込んで釆る。 「いま、上海路何号でー〇歳ぐらいの少女が五人の日本兵に強姦されている」あるいは 「八〇歳ぐらいの老婆が強姦された。」等々、その訴えを、フイッチ神父が、私の目の前で、 どんどんタイプしているのだ。 『ちよっと待ってくれ。 君たちは検証もせずに、それを記録するのか』と、私 は彼らを連れて現場へ行ってみると、何もない。住んでいる者もいない。 また、『下関にある米国所有の木材を、日本軍か盗み出しているという通報があ った』と、早朝に米国大使館から抗議が入り、ただらに雪の降るなかを本郷(忠 夫)参謀と米国大使館員を連れて行くと、その形跡はない。とにかく、こんな 訴えが連日、山のように来た。
ティンバレーの原資料は、フイッチが現場を見ずにタイプした報告と考えられ る」


連投申し訳ございません。
またまた引用文で恐縮ですが、、

一、故毛沢東党主席は生涯にただの一度も、「南京虐殺」ということに言及されませんでした。毛先生が南京戦に触れているのは、南京戦の半年後に延安で講義され、そして『持久戦論』としてまとめられた本の中で「日本軍は、包囲は多いが殲滅が少ない」という批判のみです。30万市民虐殺などといういわば世紀のホロコーストとも言うべき事件が本当に起こったとすれば、毛先生が一言もこれに触れないというのは、極めて不自然で不可解なことと思います。この事実について、どのようにお考えになられますか?
二、南京戦直前の1937年11月に、国共合作下の国民党は中央宣伝部に国際宣伝処を設置しました。国際宣伝処の極秘文書『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』によりますと、南京戦を挟む1937年12月1日から38年10月24日までの間に、国際宣伝処は漢口において300回の記者会見を行い、参加した外国人記者・外国公館職員は平均35名と記録されています。しかし、この300回の記者会見において、ただの一度として「南京で市民虐殺があった」「捕虜の不法殺害があった」と述べていないという事実についてどのようにお考えになられますか。もし本当に大虐殺が行なわれたとしたら、極めて不自然で不可解なことではないでしょうか?
三、南京安全区に集中した南京市民の面倒を見た国際委員会の活動記録が『Documents of the
Nanking Safety Zone』として、国民政府国際問題研究所の監修により、1939年に上海の英国系出版社から刊行されています。それによりますと、南京の人口は日本軍占領直前20万人、その後ずっと20万人、占領1ヵ月後の1月には25万人と記録されています。この記録からすると30万虐殺など、到底ありえないとしか考えられませんが、いかがお考えでしょうか?
四、さらに『Documents of the Nanking Safety Zone』には、日本軍の非行として訴えられたものが詳細に列記されておりますが、殺人はあわせて26件、しかも目撃されたものは1件のみです。その1件は合法殺害と注記されています。この記録と30万虐殺という貴国の主張とは、到底両立し得ないと考えますが、いかが思われますか?
五、南京虐殺の「証拠」であるとする写真が南京の屠殺記念館を始め、多くの展示館、書籍などに掲載されています。しかし、その後の科学的な研究 (『南京事件の「証拠写真」を検証する』(東中野他・草思社)など) によって、ただの1点も南京虐殺を証明する写真は存在しないことが明らかとなっております。もし、虐殺を証明する写真が存在しているのでしたら、是非ご提示いただきたいと思います。


また、貴殿の文章にて

捕虜の虐待は国際法で禁止されている。食料の提供を受けたことだけで虐殺を否定できないのは当然

この文章では
捕虜の虐待があったから大虐殺もあった。
と、申されているようなもの。
理論上、少々無理があるかと。

また、「捕虜の虐待」と申されておりますが、それは捕虜の処刑の事でしょうか?
日本軍が南京を制圧した際、中国軍がどのような行動に出たか?当然ご存じだとおもいます。
南京制圧時の捕虜の処刑理由は国際法に違反しておりません。
また捕虜の処刑ではなく、虐待の事実に基づく資料があるならば、お手数かけますがご提示願いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/54063944

この記事へのトラックバック一覧です: 河村市長の南京大虐殺否定発言に抗議する。:

« 3月11日は一人ひとりが震災と原発事故のことを考えられる日に | トップページ | 松田みゆきさんがメインゲスト 3.11さようなら原発in愛知 »