愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 11.11原発ゼロへ 名古屋デモ | トップページ | 原発ゼロへ名古屋デモ »

2012年11月 3日 (土)

社保庁不当解雇の撤回を

2日、日本教育会館で「社保庁職員の不当解雇撤回 11.2中央総決起集会」が開催され、会場いっぱいの600人が参加した。愛知からも愛労連、愛知国公など約10名が参加した。

集会では全厚生闘争団の原告39名による合唱構成朗読が行われ、社保庁分限免職にいたる経過や夫婦で解雇されたいへんな苦労をしている実態などが語られた。職員の解雇を行いながら人手不足で大量な新規採用をしたり、委託会社による面接で不採用となったものがその後の登用試験で正規職員として採用されるなど採用基準のでたらめさもあきらかになった。京都の北久保さんは不採用の理由とされた厚労省の「懲戒処分」が人事院で取り消されたのに厚労省は解雇を撤回しない。

さらに先月は休業中であることを理由に面接さえ受けさせなかった香川の綾さんに休業は公務災害が原因であると認定された。綾さんは社保庁バッシングが行われる中、年金記録問題で多忙を極めていてうつ病を発して休業に追い込まれていた。厚労省は労災療養中の解雇を禁じているが、公務員なら平気でクビを切るのか。

人事院の判定は年度末までには出ると思われる。全労連・国公労連は解雇撤回の10万人署名に全力をあげている。

« 11.11原発ゼロへ 名古屋デモ | トップページ | 原発ゼロへ名古屋デモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/56032428

この記事へのトラックバック一覧です: 社保庁不当解雇の撤回を:

« 11.11原発ゼロへ 名古屋デモ | トップページ | 原発ゼロへ名古屋デモ »