愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 5分でわかる自民党改憲案のキケン | トップページ | 賃上げなきインフレ阻止 »

2013年7月 3日 (水)

朝日6/29「トヨタ 部品値下げ要求を緩和」はどこまで本当か

Asa130629 朝日6/29はトヨタが4月から9月の「部品値下げ要求を緩和」したと報じた。4月からの単価交渉は年明けに10月からの注文とセットで行われた。しかし中小の社長さん達からはこんな話を聞いたことがない。

こういう記事は昨年末にもあった。「トヨタ下請負担撤回」(朝日12/29)
http://rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2013/01/post-62f6.html
しかし、二次三次下請けにはその話は全くなく、トヨタはそのまま1兆3千億円という円安利益を独り占めにした。

Asa1307021 一方、朝日7/2では「トヨタ効果、まだまだ」の見出しで「トヨタの工場に設備を納める愛知県の40代の中小メーカー社長は、景気の回復など全く感じていない」と書いている。自動車部品メーカーでは「海外勢との価格競争が激し」いという。

トヨタの発表だけをうのみにして報じるだけでは「提灯記事」のそしりを免れない。12月29日の記事がどうだったのか、自ら再確認を求めたい。

※朝日に電話で問い合わせたところ「記事には二次三次下請けまで緩和されたとは書いていない」とのことでした(7/3am)。

12/29の「下請け」とは豊田織機やデンソーなどの一次サプライヤーまでのことだったのか!

« 5分でわかる自民党改憲案のキケン | トップページ | 賃上げなきインフレ阻止 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/57715308

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日6/29「トヨタ 部品値下げ要求を緩和」はどこまで本当か:

« 5分でわかる自民党改憲案のキケン | トップページ | 賃上げなきインフレ阻止 »