愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

沖縄の基地建設 海保の無法を許すな

安倍内閣による「戦争する国つくり」のなか、沖縄辺野古への基地建設が強硬に進められています。愛労連新聞9/10でも紹介しましたが、海上保安庁の無法ぶりは全く異常です。全国紙が報道しないなか沖縄のメディアやネットを通じて実態が明らかになってきています。

11月の沖縄県知事選支援には愛労連の各組合から積極的な派遣が計画されています。各地域労連の大会では派遣カンパが多数寄せられています。派遣まではできない組合もこの映像を紹介してカンパに協力を呼びかけてください。

カンパの送り先 東海労金 名古屋東支店 普通 7844119 名義 愛労連カンパ会計

2014年9月29日 (月)

NHK国際報道でも放映.サムソン労災事件

11月14日(金)に栄・教育館で上映する韓国映画「もうひとつの約束」のもととなったサムソンでの労災事件をNHK国際報道が9月22日、詳しく報じました。

2014年9月22日(月)
サムスン電子 化学物質被害発覚の衝撃
Sp_140922韓国を代表する大企業・サムスン電子に激震が走っている。化学物質による従業員への健康被害が明らかになったからだ。先月、ソウル高等法院は、サムスン電 子の工場で部品の洗浄作業をしていた従業員が白血病で死亡した件を労災として認定。今月、上告が断念され、化学物質による労災が確定した。ほかの元従業員 からも労災が申請されており、支援にあたる医師は「今回のケースは氷山の一角」と話す。こうした化学物質による健康被害は、韓国だけでなく日本でも発生。 しかしあまりに多種多様な化学物質と被害の因果関係を証明するのは至難の業だ。韓国での事例から、企業における化学物質の管理の実態と対策を考える。
出演:立岩陽一郎(国際放送局記者)
20140922_01

高画質テレビ、スマートフォン、そして半導体。これらの製造で知られるサムスン電子は、韓国を代表する巨大企業グループです。
そのサムスンを巡ってある問題が明らかになりました。

女性
「それがグローバル企業のすることか!」

半導体の製造に関わっていた労働者が、相次いで白血病を発症。
部品を洗うときに使われる化学物質が健康被害を引き起こしたとして、今月(9月)、労災認定されたのです。
化学物質による健康被害は日本をはじめ世界中で問題視され始めています。
その実態に迫ります。

(以下)http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2014/09/0922.html

映画「もうひとつの約束」名古屋上映会Photo
11月14日(金)18:30~
名古屋市教育館講堂
地下鉄「栄」駅下車3番出口すぐ
上映協力券 1000円


2014年9月24日 (水)

9.21さよなら原発 NAGOYA ACTION

21日、白川公園でさよなら原発NAGOYA ACTIONが開催されました。
メインゲストには鎌田慧さん。集団的自衛権の問題や朝日新聞バッシングなどにもふれ安倍政権の横暴が原発再稼働にもつながっていることを強調しました。Fukuhoro
愛労連も主催実行委員会に参加。自治労連名古屋ブロックや福保労、年金者組合などから多くの組合員が参加されました。
サウンドデモやドラム隊など若者がアピール。大須商店街や栄で市民から声援をうけました。

実行委員会から集会の模様がダイジェストで紹介されています。

秘密保護法は廃止せよ

Mai140924
集団的自衛権と秘密保護法をやめさせようと愛知の市民団体「秘密保全法に反対する愛知の会」が9月23日に集会とデモを行い市民ら1500人が参加。愛労連からも多くの組合員が参加した。
集会では愛知県弁護士会の花井会長が激励のあいさつをしたあと、参加者が10秒シャウト。愛労連からは福保労の仲間が「平和なくして福祉なし」とアピールした。

2014年9月17日 (水)

新日鉄爆発事故の原因究明を

Jnn14090315人もの重軽傷をだした新日鉄名古屋工場の爆発事故(←JNNニュースから)
しかし、新日鉄はこのわずか二日後に再稼働を発表した。いわく「供給責任がある」「労基署が了解した」

半田労基署が二度の抗議Chu1409082_2

愛知労働局によると、この日はまだ一酸化炭素の濃度が濃く、現場への立ち入りなど爆発の原因すら調査できていなかった。国や県には爆発した炉以外の炉については稼働を止める権限がない。これを新日鉄は記者会見で半田労基署が了解したと説明が半田労基署長は「了解した覚えはない」と抗議した。(中日9/8)

トヨタのジャストインタイム

新日鉄は10年前にも爆発事故を起こしたがわずか2週間で再稼働した。今回もトヨタから生産を心配する声も聞かれたし、トヨタからの「カイゼン」指導で在庫を持たない部品メーカーからは「再開してもらわないと困る」と言われていた。(中日9/6)。
Chu140822
先月は3%の値下げ

新日鉄は先月、トヨタからの要請で自動車用鉄板の単価を3%引き下げている。新日鉄といえども他の下請けと同様でトヨタからの値下げは断れない。

技術者が不足、安全後回し

トヨタからの要求で生産は止められず、コストカットで設備も古くなるばかり。さらには技術者も不足している。この日、重傷を負った15名の中には工場長や副所長が含まれているという。古い設備のため、詳しく知っているベテランがいないのでトップが現場にでて指揮をとったとも言われている。Chu1408045
名古屋工場は今年に入ってからだけでも5回の事故を起こしている。そんななかで、再稼働を急いで次の事故はおきないのか。住民の不安がひろがっている。

愛知県警は本日、業務上過失傷害の疑いで調査を始めた。

2014年9月12日 (金)

映画「もうひとつの約束」名古屋上映会

__2韓国のサムソン電子で22歳の女性が亡くなりました。死因は有機溶剤による白血病。サムソンでは多数の労働者が亡くなっています。両親は労災を申請しましたが認められず、サムソンを相手に裁判をたたかいました。「あきらめない。約束だから」
事件は10月10日のNHKWORLDでも放送されました。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/features/201409100809.html
この事件をもとに映画が作られました。サムソンを相手にたたかう映画に韓国企業はスポンサーを拒否しましたがクラウドファンディングで1万人もの支援で完成しました。上映にもさまざまな妨害がありましたが、韓国内で100カ所以上の上映が決まりました。
名古屋では愛労連と労災、健康問題に取り組む市民団体などが実行委員会をつくって上映します。

11月14日(金)18時開場、監督あいさつ予定、18時半上映
名古屋市教育館講堂(地下鉄栄駅3番出口すぐ)
上映協力券1000円(当日精算)

映画は東京(11/16)、大阪(11/15)、名古屋(11/14)で上映されます。HPから予告編が観られます。日本語字幕付きです。
http://jimakusha.co.jp/1yakusoku/index.html

チラシ・チケットの普及に協力いただける方は下記に連絡ください。
Email kurematsu@airoren.gr.jp
またはFAX 052(871)5618 へ
送付先の住所、お名前、電話、チラシ(  )枚、チケット(当日精算券)( )枚

2014年9月 3日 (水)

さよなら原発 NAGOYA ACTION

527480172013年9月2日におおい原発3号機が定期検査のため停止、15日には4号機も停止し日本中の原発が停止しました。

2014年5月、福井地裁は住民の訴えに対し「原子炉の事故により、憲法上の権利・人格権が侵される恐れを認め」「大飯発電所3・4号機の原子炉を運転してはならない」という画期的な判決をくだしました。

日本中の原発が止まって丸一年になりますが安倍首相は川内原発の再稼働を推進し、世界中に原発を売り込みに言っています。しかし「Under Control」など全くのでたらめで、凍土壁は凍らず汚染水はますます深刻な状況です。

愛労連は川内原発の再稼働を認めず、すべての原発の廃炉をもとめて、9.21NAGOYA ACTIONへの参加をよびかけます。

☆☆9.21 NO NUKES!10000人DEMO713ab3a6
原発ゼロを永遠に!NAGOYA ACTION☆☆
STOP!川内原発再稼働 STOP!安倍政権

【日時】 2014年9月21日(日曜) ※雨天決行
【集会開始】 14:00
【デモ出発】 15:00
【集合場所】 白川公園
           [交通アクセス] 地下鉄東山線「伏見」下車

【ゲストスピーカー】 鎌田 慧
【司会】 中根 桂子・真野 明日人 [まのび放送局 :HP http://manobing.com]           

【主催】 原発ゼロを永遠に!NAGOYA ACTION 実行委員会

Himitu140923229.23さよなら原発全国集会がデング熱で中止になりました。バスツアーも中止します。
バスツアーに申し込みを
9月23日(火・祝)13時~代々木公園

金山駅am7時発
参加費 弁当付き1万円

お申し込みは愛労連(TEL052-871-5433 おさじま) 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »