愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

県立学校、県営住宅はボロボロ

Chu140227_2
「日本一」「リニアを起爆剤に」大きなものが大好きな大村県政。今度は「国内最大級の国際展示場を」と言い出しました。こういうところにはポンとお金を出しますが、住民生活や子どもの教育への予算は削られるばかりです。Omorimuki2



非正規の若者が増え、結婚して安い住宅に入りたくても県営住宅の抽選はいつもいっぱい。そのくせ県営住宅には空き家が一万戸もあります。「財政難 修繕、募集できず」(中日2/27)です。
Koukou4


県立高校では耐震工事が終わったものの、強化されたのは枠組みだけで壁や天井、床はそのまま。地震がきたら天井がおちそうな体育館では避難所になりません。使えない避難口や避難はしごでは子どもたちを守れません。(↓)Koukou3


Koukou1Koukou2




16愛知県の医療、福祉、教育費は全国最低クラスがずらっと並んでいます。
17



2014年11月27日 (木)

こんな愛知県政でいいのか(4)

Photo愛知県は26日「津波浸水想定」及び「高潮浸水想定」を公表しました。三河湾内でも1mから2mの津波が予測される地域もあります。また湾内に数多くある埋め立て地は液状化が予想されます。

県が購入したラグーナの売却予定地もそのひとつ。3メートルの津波で浸水しないとしていますが、もういっぽうの液状化マップをみると最も危険な地域になっています。住宅地として売れるでしょうかPhoto_3

こんなところに40億、70億もつぎ込むなんて無駄遣いの典型です。
08


09

2014年11月26日 (水)

こんな愛知県政でいいのか(3)

Asa1011242
4年前の県知事選で自民党を除名され、河村市長とタッグを組んで出馬した大村氏はダム問題を目玉公約にかかげた。しかし知事になるとすっかり撤回してしまった。
「来年2月の愛知県知事選に立候補する意向を固めた自民党の大村秀章衆院議員が、マニフェストに木曽川水系連絡導水路(岐阜県)の見直しや長良川河口堰(かこうぜき=三重県桑名市)の開門調査、設楽ダム(愛知県設楽町)の再検証を盛り込む方針を固めた。環境政策を減税と並ぶ訴えの柱に位置づける考えだ。 」

04
05_2




こんな愛知県政黙っとっていいのか<全文>
http://kakushin.jp/download

2014年11月18日 (火)

小松さんが正式表明

Tamicyan217日、革新県政の会は臨時総会を開催し、来年2月1日投票の愛知県知事選挙に小松たみこさんを候補者として推薦することを決定し、政策協定に調印しました。

総会には30団体12地域、100名が参加。ただちに各組織でも推薦を決定することや、DVDなどを使って県政について理解を深めることを呼びかけました。

総会終了後記者会見に応じた小松さんは医療・介護・福祉など社会保障の拡充と「初の女性知事ならではの視点を生かしたい」と出馬の決意を表明しました。
(右は「こまっちゃん」キャラクター)

Asa141118


2014年11月10日 (月)

o小松民子さんを知事選候補者に

Komatsu 革新県政の会は本日常任幹事会を開催し、来年2月1日投票の愛知県知事選に小松民子さんを候補者とすることを確認しました。来週17日(月)に臨時総会を開催して政策協定に調印、正式な出馬表明と記者会見を行います。

小松民子さん略歴

氏名 小松民子(コマツタミコ)
生年月日 1950年9月29日 64歳
名古屋市港区在住
家族 配偶者、息子
出身 名古屋市

名古屋市立千年小学校、市立宮中学校、愛知県立惟信高等学校、愛知大学法経学部法学科を1973年3月卒業
一宮市の佐野眼科医院(現尾張健友会)勤務、医療労働組合に加入。愛知県医労連副委員長、日本医労連書記次長を歴任。2011年8月に定年退職するまで一貫して医療現場を歩く。
2012年8月から愛知県社会保障推進協議会(社保協)事務局長(現在に至る)

9日の中日新聞に大きく掲載されました。

Chu141109

 

2014年11月 9日 (日)

河村市長はただの目立ちたがりをやめよ

Nagoya141107_2ぶち上げた熱田神宮からの蒸気機関車はカーブを曲がれない。大村知事の国内最大に対抗してアジア最大級の国際展示場は現地から怒りの声。納屋橋の古料亭の持ち主からも相手にされず。目立ちたいだけの河村市長に民間労組からも怒りの声。

河村市長は労組との協議に誠実に対応せよ!

愛労連がだした抗議声明には愛労連以外のふれあいユニオン、全港湾、国労、名市大職組など民間・公務労組からたくさん賛同をいただきました。7日、福保労の仲間164名の声とともに市長室に届けました。(写真)
労働条件は使用者と労働者が対等な立場で話し合って決める(労基法2条)ものです。使用者は労働組合との交渉に誠実に応じる義務があります。これまで当局が根拠としてきた計算根拠を踏まえず、市長が一方的に持論を押しつけるのは「誠実」とは言えません。

朝日11/09

Asa141109

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »