愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

原発ゼロを永遠にNAGOYA ACTION

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月24日 (日)

トヨタのEV化が本格的に

一昨年の県知事選で大村知事が掲げた「FCV」
県庁駐車場にも水素補給用の大きなトレーラーが停まっていますが、トヨタはすでにEV化への転換を決めたようです。トヨタとパナソニックの提携発表に続き、トヨタの最大株主で、エンジン部門のトヨタ自動織機もEV化を発表しました。
25594333_1557397131004804_552965125

20171224_15_27_56_2 17日に開催した第33回トヨタシンポでは講師から
①欧州と中国でEV化への流れとテンポがほぼ確定したこと
②先行する自動運転とEV化、将来的には4輪へのインモーター化の二段階があること
③部品の減少と共通化による一括発注の増加と下請けの短縮など産業構造・地域経済への影響
について学びました。
愛労連としては初めての本格的な学習の場でした。前週にトヨタの発表があった直後で関心も高く、経営者団体からの参加もありました。
今後、各地で議論をすすめていく端緒になりました。

子どもたちが生き生きと育つ社会を

憲法と平和を守る宣伝行動!24899786_2224410444251700_868910508
福祉保育労の仲間たちは毎週交代で土曜日の宣伝行動にたくさん参加しています。この日も執行委員会合宿の前に、9人の組合員が参加!戦争できるように憲法を変えるなんて、「平和なくして福祉なし」の福祉保育労として認めるわけにいきません。‬
1万人の保育労働者実態調査も
一方、保育職場では常に人手不足。公務・民間問わず保育士が不足しています。保育園への入所希望者は増える一方ですが、保育士の退職が多く、新人保育士からすぐに担任が任され、土曜日出勤の交代休みが精いっぱいです。退職者があとを絶ちません。
福保労では研究者や事業者などと協力して愛知県内で1万人アンケートに取り組んでいます。すでに協力対象が1万人以上となり、調査費用の募金も行っています。

2017年12月14日 (木)

第33回トヨタシンポ

第33回トヨタシンポジウムを開催します。Toyota1712
12月17日(日)13時半~
刈谷市総合文化センター
生涯学習センター401/402

講演 岩坂和幸(岐阜経済大学准教授)
「EV化が自動車及び自動車生産構造におよぼす影響とは」
Toyota191217 14日の各紙はトヨタが2030年に向けてEV化へのスケジュールを決めたことを報道しました。これまで欧州・中国で急速にEV化の発表がありましたが、トヨタがどう出るか下請関係者も「わからない」と言っていました。そこにこの報道がありました。
EV化で自動車部品が大幅に減るだけでなく、エンジン燃焼系が全くなくなり、電気モーター系に変わる中で愛知の自動車産業にどんな影響がでるのか、一緒に学びたいと思います。

2017年12月 2日 (土)

職場の組合活動が大切

Coop20171129_2 愛労連に24の産業別組合(県連合会)が加盟していますが、それぞれの県連に企業別や地域毎の労働組合で構成されています。

職場にある労働組合や支部・分会が組合員に身近なところで活動し、残業の実態調査などを行っています。
生協労連加盟するコープあいち労組では職員の半数近くがサービス残業があると応えています。これをもとに経営者に時間管理の徹底を求めています。
コープの労組では定年退職者向けに年金相談会、忘年会も開催しています。
店舗では営業時間が長く、県下にひろがる職場という厳しい実態。忘年会はなんと土曜日の夜8時半~。忘年会も厳しい(**;
でも「団結して頑張ろー!!」20171201_11_00_31

2017年12月 1日 (金)

「無期雇用転換」まであと4ヶ月

18 契約期間に半年とか1年などの期限がある労働者(有期雇用)が連続して5年をこえて繰り返し更新されたときには、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期雇用)に転換できる法律が成立して来年の4月で5年目を迎えます。
2013年4月1日以後契約更新された方から順次無期転換の申込権が発生します。
突然に雇い止めされたら
これまで毎年契約を更新してきたのに、来年4月で5年を超えることを理由に「今回で契約を更新しない」と言われる場合があります。その場合には「法律の趣旨を損ねる」として雇止めが無効となる場合があります。
厚生労働省ポータルサイト

1
そういうときにはまず、お近くの労働組合に相談しましょう。
TEL 0120-378-060
各県の労働相談センターにつながります。 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »