愛労連

外国人支援

ブログ労働相談110

  • 労働相談110
    解雇、サービス残業、派遣・請負、パート・バイト・・・労働相談110には毎日いろんな相談がまいこんできます。

労働相談

無料ブログはココログ

原発ゼロを永遠にNAGOYA ACTION

« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月15日 (木)

名古屋城の問題点を指摘

名古屋市は来年度の予算に名古屋城天守木造化の木材製材予算計95億円を計上しました。
エレベーター問題も建築基準法の問題も分からず、基本設計もままならないまま95億円も買うのか
パブコメを提出しました
観光文化交流局名古屋城総合事務所殿
〒460-0031 名古屋市中区本丸1番1号
FAX 052-201-3646
Email nagoyajo@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp
住所 名古屋市熱田区沢下町9-7 労働会館東館
名前 愛知県労働組合総連合 議長 榑松佐一 男 62才
特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)についての意見
名古屋市からの市民への説明にはウソが多いので名古屋城の天守木造化に反対します。
1.「寸分違わぬ」「史実に忠実な」木造化なのかハイテクレプリカなのか
河村市長は記者会見で図面が残っているので「史実に忠実」で「寸分違わぬ」天守木造化ができるのは名古屋城だけと何度も言っています。しかし「民間事業者の提案」ではエレベーター、避難用の鉄骨階段があり、しかも耐震用で難燃性の壁や床が使われたハイテク木造となっています。「史実に忠実」なのか「現代建築」なのか明らかにされたい。
また、ハイテク木造でも完全に図面通り木造化できたとしても、それはレプリカであり国宝の再建にはなりません。「500年後、1000年後には国宝になる」という市長の言説には何の根拠もありません。
 文化庁が文化財と認める根拠を示してください。

2.「耐震改修したとしても概ね40年の寿命とされています」は間違い

この文書にある「40年の寿命」は延命工事を否定する明確な間違いです。河村市長は耐震工事をしても「40年しかもたない」と何度も発言していますが、「寿命」ではありません。名古屋市はその根拠を聞かれても全く応えることができず、その後の説明では、このことを全く言わなくなっています。
実際には市役所本庁舎や名古屋大学の豊田講堂など延命工事の例はいくつもあります。 アンケートで「市民の多くが耐震工事より木造化を支持している」というのは、この説明を前提としており、全くのミスリードです。

3.防火対策のない施設に大量の観光客は入れない
 基本設計には建築基準法に定める防火対策が必要です。しかし、「史実に忠実」で江戸時代と「寸分違わぬ木造化」では何らかの原因で発火すれば重大な火災になります。また6階建ての建物にはそれに応じた消火施設や火災の中を安全に避難できる二方向避難路の設置も必要ですが、「残っている図面」には避難路がありません。このような施設に一日3000人もの観光客をいれることを消防庁が認めるとは思えません。

4.耐震改修が急務
南海トラフによる大地震の可能性が70%~80%と発表されました。耐震補強は急務です。河村市長は木造のほうが地震に強いと言っていますが、木造の方が鉄筋より地震に強いという根拠は明らかにされていません。静岡県の掛川城は地震で何度も損壊しています。
 ここでも「寸分違わぬ」「史実に忠実な」木造天守にするのか、耐震の壁や床などの耐震構造とするのか、市民に明らかにされていません。
 天守地下のボーリング調査も行われておらず、正確な構造評定が行われないまま基本設計が作られ、それに基づく実施設計となることに疑問を感じます。

5.誰もが展望台に上れるバリアフリーに
 名古屋城の魅力は豪勢な外観と尾張名古屋を見渡せる最上階からの展望にあります。木造であることの実感は階段の上り下りに苦労する程度です。当時の城は殿様も含めて多くの人が昇る構造にはなっていません。こどもからお年寄りまでが楽しめる施設にすべきです。
 現代の建築物にはバリアフリーに配慮することが求められます。名古屋市は3月末までに対応策を決定するとしましたが、検討会は非公開で障がい当事者の参加もわかりません。障がい者の声を聞かずに対応を決定することは、バリアフリー法の趣旨を損なうものです。
また狭い階段に昇降器具を取り付ける場合には当初の入場者数を減らさざるを得ません。ただでさえ50年以上にわたって360万人の入場者数を見込む名古屋市の収支計画も疑義があります。「税金は1円も使わない」という河村市長の説明は信じられません。
以上

2018年2月13日 (火)

第39回トヨタ総行動に600人

第39回トヨタ総行動主催者あいさつ
27858585_1606836402727543_7101784_2
 第39回トヨタ総行動に結集されたみなさん。お疲れ様です。
2004年、二年連続で1兆円利益をあげながら、トヨタは賃上げをしませんでした。当時結成された日本経団連の初代会長にトヨタの奥田会長が就任し、ベアゼロを発表したことに全国の労働者が怒り、この年からトヨタ総行動に全国の仲間が参加して開催されるようになりました。
 トヨタは2000年からCCC21をはじめ、「カイゼン」の名で下請け企業に対して毎年2回の単価引き下げをおこなっています。それは今でも行われ、県下の中小企業と労働者を苦しめています。
 そして、今年トヨタの最終利益は2兆3千億円をこすと言われています。私たちはトヨタに対して内部留保を吐き出し下請け単価を「カイゼン」して中小企業での大幅賃上げができるよう求めてきました。今年はついに安倍政権までが経済界に賃上げをもとめ、内部留保の活用についても口にせざるを得ないほどの巨額な利益になっています。
 また、トヨタとそのグループ企業では大量の非正規労働者を使っています。中日新聞には毎日のようにトヨタの期間従業員募集が載っています。ところがトヨタをはじめとする自動車企業の多くが期間従業員の契約に6か月のクーリング期間を設定しています。これは今年4月から始まる無期雇用への転換を逃れるための脱法行為です。常にこれだけ多くの期間従業員を抱えながら、このような行為は許すことができません。
 さらにトヨタとその関連企業での過労死がいまも続いています。自動車部品に使われる材料検査での不正も相次いでいます。そしてまた自動車による道路公害患者さんの苦しみも未だに続いています。
私たちはトヨタに対して、その巨額な利益をこのような不正の一掃のためにつかうことを求めています。コンプライアンスを掲げるトヨタに社会的責任を果たすよう求めます。
 中小企業では毎年あがる社会保険料が経営の大きな負担になっています。トヨタの利益の1%を使えば23万人の労働者に毎月8千円、年間10万円の賃上げが可能です。下請け単価をあげ、中小企業の経営がよくなれば、愛知の地域経済にも大きな影響があります。
 本日のトヨタ総行動を成功させ、18国民春闘が大きく前進するようみなさんの大奮闘をお願いします。
2018年2月12日
愛知県労働組合総連合
議長  榑松佐一

2018年2月10日 (土)

保育士の賃金引き上げを

共働きでなくては暮らしていけない時代。名古屋市は保育園の入所枠を増やすとしているが、現場では保育士が集まらない。保育士が働き続けられない職場の実態を中日新聞2/10が紹介。
手取り18万円から奨学金を返済するのはたいへん。名古屋市は保育士確保の為に奨学金の支援をする事にしたが、すでに働いている保育士の退職も止めなくては。
福保労は保育職場の実態を社会にアピールするため、18春闘でもストライキを提起しています
20180210_9_06_20

2018年2月 6日 (火)

18春闘トヨタ要請

2月12日のトヨタ総行動をまえに、本日トヨタ本社に要請を行いました。

要請には愛労連、民間部会、豊田加茂労連、東京大気の公害患者団体、そして共産党の大村市議が参加し、本社に対して別紙の要請書を説明しました。
6ヶ月間のクーリング期間廃止を
トヨタは愛知の自動車産業はもちろん、全国の春闘相場にも大きな影響をもっています。また今年4月から始まる有期雇用契約の無期契約化問題でも動向が注目されています。トヨタ自動車では最高時には1万人をこす期間従業員を雇っていましたが、今回の無期雇用化を見越してすでに6ヶ月間のクーリング期間を設定しています。
これまでは2年11ヶ月で1ヶ月間の中断期間がありましたが、従業員は寮にそのまま住み続けることができました。今回6ヶ月になり寮を退去せざるを得なくなると、再度契約できるかどうかわかりません。
トヨタは期間従業員募集のため中日新聞に毎日募集広告を掲載しています。こんなところに金をかけるより、無期雇用を広げるほうが経済的でもあります。
Toyota180206

2018年2月 5日 (月)

中日新聞+プラスが木造化問題点を指摘

2月5日の「中日新聞+プラス」に「歴史好きの目から見た名古屋城天守閣木造復元の問題点」として河村市長が推し進める天守閣木造化に問題点を指摘しています。

20180205_16 「歴史好きとしては今回も期待したいところでした。ところが、名古屋城はどうも歴史好きとしては看過できない状況になりつつあるのです。」
 
法律違反
「何が問題かというと、まず復元天守ですが、現代の法律違反という問題があります。伝統的木造工法で天守を建てると、あれだけの大きさの建物だと普通は、耐震・耐火性能で違法建築となってしまうのです。そこで現在、竹中工務店が示している案は、耐震のためのいわば木造強化ハイブリッド工法らしく、また防火対策等もあらかじめ用意されているようです。しかしそれでは本当の復元とは言えないのでは、と思います。」
エレベーターも
「また、報道されているように、障害者団体からはエレベータの設置も求められています。江戸時代の天守にエレベータがあっていいわけがありませんが、新しい建築物にはバリアフリーが法的に義務付けられています。」

広報名古屋
について
「この問題、多くの歴史好きにもぜひ関心を持っていただければと思い書いておきます。もちろん当事者の名古屋市民がもっと関心をもつこと、それが一番重要ですが、「広報名古屋」などを読む限り、こうした問題点は何も書いてありませんから、困ったことです。

パブコメを出しましょう

名古屋市がパブリックコメントを募集しています。
2月15日が〆切りです。
ぜひ、みなさんの意見をだしましょう

« 2018年1月 | トップページ