« 偽装請負・偽装派遣 | トップページ | トヨタ告発者報復報道 »

2006年9月18日 (月)

偽装請負告発した青年をトヨタ子会社が不利益扱い

偽装請負告発した青年をトヨタ子会社が不利益扱い

<記者会見のご案内>
先日愛労連に21才の青年がきました。
いま社会で大きな問題になっている派遣・請負で働く青年です。
彼はトヨタ車体の100%子会社トヨタ車体精工高浜工場で働いていましたが、労災でケガ。
これがきっかけで偽装請負が発覚しました。
8月に請負会社は破産。全員解雇と同時にトヨタ車体精工で契約社員になりました。
ところが労災を告発した彼と友人だけがこの名簿からはずされました。
彼は学校を卒業し北海道から愛知にきて働いていますが8月末の解雇と同時に寮を追い出されました。
彼はまだ労災の治療中です。治療中の解雇は違法です。
労災は請負(派遣)会社だけでなく、発注元(派遣先)企業にも責任があります。
しかしトヨタ車体精工は「当社には関係ない」とはねつけました。
告発するような労働者はいらないと言うわけです。
公益通報法では派遣の解除が禁止されています。
(偽装)請負だから「関係ない」ということが許されるでしょうか。
青年は勇気をもってこれを社会に告発することにしました。
愛労連はこの問題を愛知労働局に告発し、内閣府にも通報します。
明日、19日(火)、午後3時~愛労連会議室で記者会見を行います。
以前取材にきたTV局がトヨタ問題だとわかった後音沙汰がなくなりました。
愛知ではトヨタ問題が記事になりにくいと言われています。(A新聞の記者が驚いていました)
パロマの問題では多くのマスコミが取材にきましたが、トヨタ問題ではどれだけくるのか。
ここも関心をもってみてください。

|

« 偽装請負・偽装派遣 | トップページ | トヨタ告発者報復報道 »

コメント

青年の勇気に拍手を送ります。愛労連の皆様のご健闘を願っています。
今年、トヨタ総行動で、トヨタ本社をみて富の蓄積の象徴を見た思いでした。
ぜひぜひ頑張ってください。

投稿: ネッスル労組神戸 | 2006年9月18日 (月) 14時53分

愛労連の組織ポリシーは分かりませんしコメント出来ませんが、記述が事実なら被災者と友人を応援したい。青年の勇気を思想の駆け引きにしないで頂きたい→愛労連。青年の勇気を設けの犠牲にしないで頂きたい→トヨタ自動車。
いづれにしても何が正義か分かりませんね・・・・。

投稿: 何が真実 | 2006年9月27日 (水) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装請負告発した青年をトヨタ子会社が不利益扱い:

« 偽装請負・偽装派遣 | トップページ | トヨタ告発者報復報道 »