« クリスタルとたたかった男 | トップページ | ベトナム研修生 »

2006年11月28日 (火)

トヨタ車体精工(TSK)労災認定

以前トヨタ車体精工の偽装請負を告発したために直接採用を拒否されたKさんから「労災が認定された」と連絡がありました。

彼は派遣会社「大起」(すでに倒産)から「請負」契約としてトヨタ車体の子会社トヨタ車体精工(TSK)の高浜工場で仕事をしていました。6月末に、もともと親指を骨折していた右手の人差し指の腱を脱臼。派遣会社はいつまでも労災手続きをとらずに、8月末の会社倒産直前にやっと申請。

作業の指示をしていたのはTSKの社員です。これは「偽装請負」となりTSKにも労災の責任があります。Kさんの申請についてTSKは「軽い仕事で労災になるようなものでない」と言っていたようです。しかし労基署はこれを労災と認めました。

Kさんが採用から外されたときに労働局は「仕事をする能力以外を理由に選考することは違法」と言っていました。TSKは労災責任のある労働者を採用から外したことで二重に不法をおこなったことになります。

いま、偽装雇用が問題になっていますが、「受け入れ側の責任も問え」(10.15朝日)と声を大にして言わなければなりません。

|

« クリスタルとたたかった男 | トップページ | ベトナム研修生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ車体精工(TSK)労災認定:

« クリスタルとたたかった男 | トップページ | ベトナム研修生 »