« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月27日 (土)

ボーダフォン不当判決に怒り

24日、名古屋地裁でボーダフォン(現ソフトバンク)過労自殺裁判で家族の訴えを棄却する不当な判決がありました。

この事件は旧ケンウッドから東海デジタルホンに出向し、その後の携帯電話会社の変遷のなかで過重な労働でうつ病になった小出さんが、その後通勤に2時間もかかる現場に配転され、うつ病が悪化し、自殺したものです。

小出さんは障害者で、長距離通勤が耐え難い事や2人でやっていた仕事を一人でやることになることなどから、配転を拒否していましたが、会社は強引に命令。わずか一週間後の自殺でした。

自殺する前日には娘さんに「殺してくれ」と叫んだそうです。(名古屋タイムス)。奥さんと子ども二人の家族三人で始めた裁判を愛労連や過労死家族の会が支援しています。週間金曜日や今月の東洋経済にも紹介されています。

しかし裁判長は配転でうつ病が悪化した事を認めながら「会社は自殺することを予見できなかった」として家族の訴えを棄却しました。

これは現在、うつ病に対する企業の対応義務をまったく知らないというしかない判決です。いまやうつ病はどこでも大きな問題となっており、事業者の対処についても責任がはっきりしています。それを「知らなかった」ですませる裁判官。全く世間知らずとしかいいようがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

今月も相談増が続く

12月に倍増した労働相談ですが、今月もすでに昨年1月の62件に到達。例をあげると

誤配したら給料1万円引かれた。

請負代金を3ヶ月分払ってもらえない。

新店ラッシュで休ませてくれない。14時出勤で朝7時に帰宅。労基署に訴えたい。

病気で有休申請したら「うちは大企業と違う」と取らせない。

2ヶ月働いたが給料払ってくれない。警察、監督署にいったが「裁判やるしか」と言われた。

たまたま会社の車を運転したときに事故。20万円払えといわれた。

残業代が30時間までになっている。それ以上の分を代休にしたいと申し出たら拒否された。

2月末に退職するので残っている有休を取りたいといったら1/15でやめて欲しいと言われた。

などなど今月だけで62件もあります。

どうしたらいいかわからないときには

労働相談110へ Tel 052-881-1411 平日9:30~16:30

専門の相談員が親切に対応します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

ブラジル人を直接雇用

12月26日記事のブラジル人偽装請負問題について、今月12日、発注元企業から直接雇用の回答がありました。

これはトヨタなどの自動車部品メーカー「中外」が人材派遣会社BMGから100人のブラジル人を派遣させておきながら、直接指揮命令する「偽装請負」をおこなっていたもの。さらにBMGは中外からの下請け単価が切り下げられるなか、ブラジル人を「個人請負」にする二重の偽装雇用。

「中外」は①直接雇用の契約を結ぶ。②今までの賃金を下げずに労災保険・社会保険への加入を行うとしています。会社は当初回答書で3ヶ月契約としていましたが、団体交渉の中で6ヶ月に変更するとしています。

「STOP THE 偽装雇用」の取り組みが企業を大きく動かしています。

この他にも労働相談センターでは本日、Tテレビ局の請負会社での解雇問題について交渉を行い、会社は判決に従って職場に戻すことを約束しました。(^^)パチパチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

オーッあぶない

愛労連の事務所の隣で家屋の解体が行われています。そこには親方とおぼしきショベルカーの運転手の他には外国人が3人。

ショベルカーがバリバリと家をつぶしていく周りで廃材を運んだり、仕分けたりしています。見ると毛糸の帽子に軍手、地下足袋。ショベルカーには「回転半径内新入禁止」と書いてありますが、そんなことはお構いなし。グルグルまわり、上下するショベルカーの下での作業。ショベルカーが基礎のコンクリートを割ると破片が飛んで労働者がよける。見ている方が「オーッ」と声がでる場面も。

Gaikoku その内には、ショベルカーの歯に労働者を乗せて、高いところのフェンスを外す作業を始めました。いのち綱など当然ありません。「とび職」さながらですが、ひとつ間違えばたいへんな危険作業です。

作業現場には多くの派遣社員がいますが、危ないところには外国人が使われています。「労災」とか「労働安全衛生」などとは無関係に働かされています。いくら安上がりと言ってもヘルメットに安全靴くらい支給してあげねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »