« オーッあぶない | トップページ | 今月も相談増が続く »

2007年1月17日 (水)

ブラジル人を直接雇用

12月26日記事のブラジル人偽装請負問題について、今月12日、発注元企業から直接雇用の回答がありました。

これはトヨタなどの自動車部品メーカー「中外」が人材派遣会社BMGから100人のブラジル人を派遣させておきながら、直接指揮命令する「偽装請負」をおこなっていたもの。さらにBMGは中外からの下請け単価が切り下げられるなか、ブラジル人を「個人請負」にする二重の偽装雇用。

「中外」は①直接雇用の契約を結ぶ。②今までの賃金を下げずに労災保険・社会保険への加入を行うとしています。会社は当初回答書で3ヶ月契約としていましたが、団体交渉の中で6ヶ月に変更するとしています。

「STOP THE 偽装雇用」の取り組みが企業を大きく動かしています。

この他にも労働相談センターでは本日、Tテレビ局の請負会社での解雇問題について交渉を行い、会社は判決に従って職場に戻すことを約束しました。(^^)パチパチ

|

« オーッあぶない | トップページ | 今月も相談増が続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル人を直接雇用:

« オーッあぶない | トップページ | 今月も相談増が続く »