« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

解雇予告手当

0514_1  年度末一ヶ月前が近づき解雇の相談が増えています。先日は「即日解雇されたが予告手当をはらってくれない」という相談がありました。

労基法20条には「労働者を解雇使用とする場合は、少なくとも30日以上前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません」となっています。しかし、経営者が素直に払ってくれる訳ではありません。相談者は「予告手当を払わないためには労基署の許可がいるのではないか」といいますが、だいたい会社は「労働者の責に帰すべき事由」とか言って届けるものです。労働者から不払いの「申告」があってはじめて、監督署が確認することになります。自動的に払ってくれるとは限りません。相談者の場合、会社が「懲戒」と言っているので払わないことが予測されます。

不満がある場合には会社に「解雇理由の証明書」の発行を請求し、当該の監督署に不払いの「申告」をします。雇用保険に入っている人を解雇する場合には「本人が求めない場合」を除いて離職証明書を10日以内に発行することになっています。離職表が送られてきたら離職の理由欄を確認しましょう。本人確認の欄がありますので事実と違う場合にはきちんと書いて提出しましょう。

「解雇」とかかれると次の就職が不利になると思って「自己都合」とする方も少なくありませんが、これでは予告手当をもらえません。そればかりか雇用保険の給付が3ヵ月も遅れます。労働者は損するばかりです。会社都合の解雇は珍しくありません。きちんと直してもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月14日 (水)

トヨタ総行動に1600人

  Photo2月12日(月・祝)に第28回トヨタ総行動が豊田市と県内各地で開催されました。豊田市内での決起集会に先立ち、名古屋駅前のミッドランドスクエア、トヨタ本社、豊田市駅、刈谷駅などで1万5千以上のチラシ、ティッシュが配布されました。集会には全国から1600名が参加、トヨタ本社にむけてデモ行進をおこないました。Photo_5 集会では東京大気公害裁判の患者さんら100名や偽装雇用でたたかう青年のなかま、トヨタで過労死裁判をたたかう内野博子さんなどから訴えがありました。

集会を前後してトヨタ自動車とデンソーなど関連会社に要請を行いました。

トヨタ自動車には下記の要請書を提出しました。(※受け取りは拒否されましたが置いてきました)

(1)正社員だけでなくすべての労働者が8時間労働でまともなくらしができるよう積極的な賃金の底上げをおこなうこと。

(2)ホワイトカラーイグゼンプションの法案化に反対しサービス残業を一掃すること。36協定の特別条項を廃止して長時間・過密労働をやめること。

(3)過労死・過労自殺のない職場つくりに努め、内野過労死裁判の解決に努力すること。

(4)「均等待遇」を守り、期間従業員等の労働条件・福利厚生を改善すること。

(5) 二次・三次の関連・下請企業への単価引き下げの押しつけをやめ、ばく大なもうけを地域社会と関連企業に還元すること。

(6) 関連企業に偽装請負・偽装雇用を一掃するよう指導すること。正社員の雇用を大幅に増やし雇用の安定に努めること。

(7)大気汚染公害の患者に謝罪し、正当な補償をおこない、早期に全面解決を図るためリーダーシップを発揮すること。Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月10日 (土)

罰金払ったほうが

あべさんの投票日(4日)前後は3日で25件も相談があり、センターはたいへんな状態でした。その後も来局する方が続きました。うれしい悲鳴です。

そのうち7名が組合に加入して実際に会社と交渉することになりました。

さて先日はこんなとんでもない会社も

あまりにひどい会社なのでやめたいという相談。有給休暇も全然とってないようなので、その分を消化して退職する方法を教えてあげました。さっそく、「これから有給消化をしたのち退職する」という届けをだしたところ、会社は「わが社にはそのような先例はない。」という返事。そこまでなら珍しくはないがそれに続けて「罰金を払ってもあなたに払う金はない」と・・・・

有給休暇が全然とれないという相談は多くありますがここまで言うのは初めて 。「やめるヤツになんで有休なんかやらないといけないんだ」ということでしょうが、法的には無駄な抵抗です。こんなことを言ってると悪質な経営者とみられ罰金をはらった上に二倍の損害賠償を請求されることもあります。経営者は口に注意が必要です。すなおに休ませてあげなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

多数の激励に感謝

愛知県知事選が終わりました。

愛知革新県政の会の推薦候補、わが労働相談センターのあべ所長はわずか2ヶ月間のとりくみで遅れを取り戻す事はできませんでしたが、トヨタいいなり県政ではだめだという県民の声をしっかり受け止めてたたかうことができました。

この間にセンターへの労働相談は急増し11月100件、12月149件、1月80件、2月はまだ3日間ですが25件の相談が入っています。てんてこまいです。つい先日は有機溶剤を吸い込んで病気になったのに全く補償がないなどの相談もあり、全くひどい状況が続いています。「どこが日本一元気な愛知だ」というあべさんのうったえどおりです。

またこの間にはTVの請負会社で解雇を撤回させたり、労働組合への加入も相次ぎ、今月は2つの組合を結成する予定です。

知事選の総括は今後行われますが、労働相談を通じて応援頂いたみなさんいは心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

トヨタ総行動

Toyotakogai2_1 「トヨタは道路公害患者に謝罪せよ」と公害患者団体がトヨタ東京本社前で座り込みました。(赤旗2/2)

12日には「トヨタはボロもうけを下請け、派遣、期間工にまわせ」「トヨタは社会的責任をとれ」など日本一の企業トヨタに、大規模な要請行動が取り組まれます。

第28回トヨタ総行動 2007年2月12日(月・祝)

早朝宣伝 7:30~トヨタ本社工場、豊田市駅・刈谷駅前など

名古屋駅ミッドランドスクエア前宣伝 10:00~

07国民春闘トヨタ決起集会 13:00~豊田市山之手公園 終了後トヨタ本社までデモが行われます。

この集会には全労連はじめ全国の労働組合、東京大気裁判原告団など1500人が参加を予定しています。日本財界のトップ企業「トヨタものをいう」全国最大の取り組みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »