« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

NOVAからの相談相次ぐ

会社更生法の申請が行われたNOVAですが、先週末から毎日のように相談がきています。今日も二人の女性が事務所を訪れました。日系外国人の講師です。また東京では外国人講師の組合のことがTVで放映されていましたが、講師だけでなく事務職員も同じく賃金遅配が続いています。

自宅から通勤している方はまだしも、一人暮らしの青年は突然のことに困り果てています。愛知労働局も相談窓口をつくっています。

人数が増えてきたので、愛知でまとめた対応をする予定ですが、本社のある大阪との相談や全国的な対応も必要になってきますので、全労連での調整を要請する計画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

ティムス(TIMS)で不当解雇

Photo_2 トヨタ自動車の部品を製造するティムス(愛知県豊田市)でブラジル人が不当解雇されました。この会社では昨年ブラジル人が突然動き出した十トンプレス機に上半身を挟まれ死亡する事故があり、JMIUが損害賠償裁判を支援しています。

今回は7月に組合を公然化させ社会保険への加入など労働条件の改善を要求したことに対する「報復解雇」です。いま毎日新聞が「在日ブラジル人社会保障問題」を特集していますが、まさにこのなかでおきた問題です。権利を主張しただけで解雇されるのがトヨタ下請けの外国人の実態です。

10.22ティムス宣伝行動

10月22日(月)8時~ ティムス本社工場前(豊田市深見町岩鼻)

問い合わせ先 JMIU愛知地本(052-883-6974)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月12日 (金)

NOBAからも

0204国から処分をうけたNOVAの経営が厳しくなっているようです。

愛労連にも県内の各校から相談が入ってきています。すでに5人の方からです。

9月分の給料がまだ支払われていないそうです。受講者からの問い合わせにどう対処したらいいか会社からの指示がないなか、先生達は講義を行っているようです。やめて他に行くにも、未払いの給料や退職金などもどうしたらよいのかわからないという相談がきています。

各校の講師同士も知り合いが少なく、それぞれ右往左往しているようです。

愛労連労働相談センターで情報を集約しながら対応を検討していきます。知り合いに関係者がいたら紹介してあげてください。TEL052(871)1411です。

メールは110@airoren.gr.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

郵政が資格証明書発行

「10月末まで保険証が発行されない。病院によっては全額払いも」と言われていた郵便局ですが、4日、日本郵政が資格証明書を発行。これで健康保険証がなくても従来通りの三割負担で病院にかかれるようになりました。病院からの問い合わせには日本郵政が対応する事も明示してあります。

愛労連にきた相談を郵産労東海の渥美書記長がすぐに本部に連絡、共産党の塩川議員を通じて要請していたものです。

当初非常勤職員(ゆうメイト)だけだと思っていたのが、正社員にもおよぶ事がわかりました。全くずさんとしかいいようがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »