« 豊田労基署長(元)処分 | トップページ | NOVAで労組を »

2007年11月19日 (月)

現代版人身売買

女性からの相談の電話。0115

「7月にA社の面接をうけたところ、実際に所属したのは関連のB社にされました。ところが10月にはさらに関連のC社へ変更。この間一度も書面での契約はありません」

きくと給料はそれぞれB社、C社になっているので正規の転籍になっているようですがボーナス、退職金があると聞いてたのに実際にはないという。月給も20万ときいていたが基本給は15万で手当が5万。それ以外はない。

HPを調べるとA社は東京本社で全国的に事業を展開。名古屋にはオペレーター会社がある。B社はA社と同じ事務所にあるが従業員12名。名古屋に支社があるとは思えない。C社の実態はさっぱりわからない。労働保険逃れの偽装雇用の疑いが濃厚だ。本人の同意もなく会社を変えるのは「人身売買」と変わらない。

「聞いていた」というだけの口約束なだけにどこまでできるかはわからないが、書面での契約なしに会社を変えているなど労基法違反があるので、組合に入って、このあたりから交渉にもっていけるのではないかと思います。

|

« 豊田労基署長(元)処分 | トップページ | NOVAで労組を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代版人身売買:

« 豊田労基署長(元)処分 | トップページ | NOVAで労組を »