« トヨタの広告番組 | トップページ | 国を断罪、国鉄裁判 »

2008年1月18日 (金)

青年が解雇跳ね返す

Photo 7月に紹介した東伸サービスの青年が、仮処分「勝訴」の報告をもってきました。(7/27 こんな首切りダメ )

2代目社長がめちゃくちゃなやり方で、退職をせまり、これに応じなかったものを解雇してきたものです。

青年たちは愛労連に相談しにきて、すぐに組合を結成。会社に通告すると同時に全国一般に加入して、仮処分の裁判を起こしました。

夕方、二人の青年が愛労連に勝訴の報告に来ました。全国一般は週明けに記者会見を行う予定です。

|

« トヨタの広告番組 | トップページ | 国を断罪、国鉄裁判 »

コメント

がんばってください!

投稿: | 2008年6月19日 (木) 13時32分

必ず勝ってください。 しゅうさんがんばって。 六四

投稿: | 2008年7月23日 (水) 22時40分

社長だけが悪いのかな・・・社長も社長だけど従業員も従業員だとおもうけどね!
それにコメントも社長をよく思わない人からしかきてないし・・・・08年7/23にコメントした人・・・名称だして応援すると誰かわかっちゃうよ!六四さん・・

投稿: 失笑 | 2010年1月31日 (日) 21時46分

社長は評判の紳士。
解雇の社員は札付きの悪。
ええかげんにしろ!!

投稿: 近隣住民 | 2013年8月 9日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青年が解雇跳ね返す:

» 東伸サービス争議:地裁、解雇不当認定 [酒井徹の日々改善]
――会社に賃金支払いを命令―― ■「勤務態度等に問題なし」 愛知県日進市の 廃棄物処理会社・「東伸サービス」(代表取締役社長:中野兼司)から 不当に解雇されたとして、 同市の伊藤雄太さんら 全労連・全国一般愛知地本東伸サービス支部組合員4人が 会社を相手に 従業員としての地位保全と 賃金の支払いとを求めていた仮処分申請について、 名古屋地方裁判所の志賀勝 裁判官は18日、 「解雇は客観的に合理的な理由がなく  権利の濫用に当たる」などとして、 同社に対し今月から1年間、... [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 18時02分

« トヨタの広告番組 | トップページ | 国を断罪、国鉄裁判 »