« 勝手に退職金変えて解雇 | トップページ | トヨタ内野裁判番組にギャラクシー賞 »

2008年4月28日 (月)

ブラジル人派遣労働者が勝訴

Photo_2 トヨタ系の下請け企業ティムス(TIMS)で不当解雇 (労働相談110番07/10/16)で紹介した日系ブラジル人の仮処分裁判で4月24日、名古屋地裁は「解雇は無効、賃金を支払え」との決定を出しました。

裁判所は会社が解雇の理由としてきたすべてを「採用できない」として退けたうえで、解雇は「組合を嫌悪し、その活動を妨害するもの」として認定しました。

組合では連休明けの5月7日にTIMS本社前で判決内容を労働者にしらせる宣伝行動を行います。

この会社では日系ブラジル人が労災で死亡しましたが、会社が厚生年金に加入させていなかったため、厚生年金の遺族年金を受け取ることができず、別にも裁判をおこなっています。この事故を機に、社会保険に入りたいと要求しましたが、会社が認めないため労働組合を結成したところ、会社は役員を解雇してきました。

|

« 勝手に退職金変えて解雇 | トップページ | トヨタ内野裁判番組にギャラクシー賞 »

コメント

これ労働者側が勝ったんですねえ
よかった

ティムスは現存してるのがありえないくらいのブラック企業です
これからもガンガン問題を起こしていくでしょう
トヨタの下請けで倒産はまずないから立場に胡坐かきまくってるのも、また相当悪質

投稿: | 2016年7月12日 (火) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル人派遣労働者が勝訴:

» 名地裁:トヨタ下請・ティムスの不当労働行為を認定 [酒井徹の日々改善]
――日系ブラジル人組合員2名の解雇は「無効」―― ■ティムスの組合つぶしを断罪 2006年にプレス機による死亡事故を出した トヨタ下請企業・ティムス(立松賢社長)で 職場の安全や社会保険への加入・ 有給休暇の取得などを求めて労働組合を結成した 日系ブラジル人労働者たちが解雇された問題で、 名古屋地裁は4月24日、 会社側の不当労働行為を認定し、 解雇無効の決定を言い渡した。 以下は、 JMIU愛知支部ティムス分会が4月25日付で発行した、 『ティムス分会ニュース』第4... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 23時41分

« 勝手に退職金変えて解雇 | トップページ | トヨタ内野裁判番組にギャラクシー賞 »