« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

有休10日分を買い取り

5月9日に紹介した「有休詐欺」の件。

解決したと連絡がありました。会社は非を認め10日分を買い取ってくれたそうです。このほかにも会社からの不法な要求も親会社がきて「それは無理だわな」といことで撤回されたそうです。

相談して知識をつけ、そして勇気をもって会社と交渉すればスジのとおらないことは跳ね返せます。

相談員がやって良かったと思う時です。

さて、失業率があがっているようですが、今月は破産や解雇が増えています。いま豊橋にある会社の倒産で急きょ組合をつくって交渉を始めています。神奈川や東京にも営業所があり、それぞれから組合に加入してきています。

労働債権の確保は一刻を争うため電話でやりとりが続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

退職、転職

退職、転職に関わるトラブル、相談も多い。01324月の相談件数は174件となりてんやわんやだ。

入社時に残業は19時までと約束したのに、毎日20、21時まで。会社に言ったら「そんなことは約束できん」と言われた。雇用契約書はない。

会社とトラブルでやめた。やめたのは月末なのに給料の締め日が20日だからと言って、その後の分を払ってくれない。積み立て金もどうなったかわからない。ケイタイ代も立て替えている。

風俗店をやめたけど給料の20%を厚生費としてひかれている。名刺代、制服代。

やめるときに誓約書。知り得た情報は漏らすな。顧客情報、価格情勢なども。「違反したらいかなる賠償を求められても異議を申し上げません」と書いてある。

北海道のハローワークで紹介されて愛知の派遣会社に採用された。寮費59000円もとるのにほとんど仕事を紹介してくれない。1日2~3時間のことも。

会社規則で退職の時は2ヶ月前に提出とあったので2月に意向を出したら、3月末にいきなり解雇となった。

いろんな相談をすべて解決できませんが、これだけは。

就職するときは契約書をもらうこと。やめるときは就業規則や退職金などよく調べてから。「こんな会社やめてやる」と思ったらやめる前に相談を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

パソコンで腱鞘炎

0171_2 パートさんからの相談です。

5年半、情報処理の仕事で毎日テンキーをたたきずめ。3年ほど前から右手が痛くなり、今では手首から右腕全体が痛くなってきたそうです。会社からは「証明はだすけど労災の認定は難しい」と言われたとのことです。

 長い期間かけて悪くなった腱鞘炎やけいわん症は労災と認められないことが多いのが実情です。なかにはパートは短時間だから職業病にならないと決めつける人もいます。しかしパートは定型作業の連続が多く、なかには一時間に千枚もの伝票を入力できる方が少なくありません。それだけに人によっては腱鞘炎になることが珍しくありません。彼女の職場ではパートは一人だけ、それだけに専任的にパソコン作業があったようです。

 けいわんなどの痛みは精神的なものもあり、自分で納得することも必要です。医師の協力で労災にもって行くことができるかもしれません。彼女には労災に詳しい先生にみてもらうよう病院を紹介しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

有休詐欺

メールでの相談が増えています。0549_3

「今年3月末で退職することになり、有休が4日間残っていたので消化したいのだけど3月ギリギリまで引継業務があったので、4月1日~4日で有休をつかいたいと人事担当者に確認をとった所、有休は使っても良いけれど会社の処理上、退職届は3月末で作成してほしいと言われました。」

「それでも有休が適用されるのか再三確認をして、適用されると言われたので3月末付けの退職願いを提出しました。ところが給与明細が届いたら有休分が入っておらず、人事責任者に問い合わせをしたところ3月末で籍が抜けているので有休分は支払えないと言われた」

有休休暇は在籍中にとることが原則ですが、退職するときに未消化の有休は会社が買い取ることができます。上記の場合は会社の都合で時季を変更することができずに、買い取りを約束したものです。後で「払えない」というのは詐欺的手法で労働者をだます手口です。こんな会社は労基署に告発が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

トヨタ内野裁判番組にギャラクシー賞

内野博子さんからうれしいお知らせです。

トヨタの「QC・自主活動」をサービス残業として断定した、「トヨタ内野過労死裁判」の勝利までを報じた毎日放送の映像'07「夫はなぜ死んだのか~過労死認定の厚い壁」 が放送批評懇談会のギャラクシー賞に入賞しました。http://www.houkon.jp/galaxy/45nyushou.html

この番組は全国放送らしいですが、愛知県では放映されていません。TVがトヨタの不祥事をあつかう時でも「愛知県の大手自動車メーカー」とする気の使いようです。TVではどこもトヨタが大事なスポンサーですからね。

それでも、毎日放送はよくやったと思います!

内野さんは愛知県中央メーデーでも見かけました。5月の愛知母親大会、7月の日本母親大会でもこの過労死問題が報告されます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »