« 突然の閉店、解雇で | トップページ | まずは相談を »

2008年9月17日 (水)

スギヤマ薬品過労死裁判勝訴

スギヤマ薬品の過労死裁判が名古屋地裁に続き、本日名古屋高裁で勝訴した。

杉山貴紀さんは豊田市にある店で薬剤師として勤務。2001年6月に不整脈で亡くなったが24才の若さだった。04年10月に豊田労基署で過労死と認められたが、亡くなる前一ヶ月間の残業時間は130時間を超えていた。

ご両親は会社に対して慰謝料を求めていたが、スギヤマ薬品が誠実に対応しないため訴訟。会社は高裁でも全く不誠実な答弁を繰り返したが、裁判所はこれを認めず、逆に一審を上回る慰謝料の賠償を命令した。

この事件は愛知の争議団、健康センター、過労死家族の会などが支援してきた。会社が上告しても勝てる見込みはなく、事実上の完全勝訴となった。

|

« 突然の閉店、解雇で | トップページ | まずは相談を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スギヤマ薬品過労死裁判勝訴:

« 突然の閉店、解雇で | トップページ | まずは相談を »