« スギヤマ薬品過労死裁判勝訴 | トップページ | 名ばかり行政に批判集中 »

2008年9月26日 (金)

まずは相談を

今日も相談センターには面談者が続いています。9月までで相談件数が1200件をこえ、昨年の4割増となっています。

反貧困の運動で生活保護や難病の相談を受けている市民団体の方からお話をきく機会がありましたが、それぞれの相談が生活問題、労働問題と密接に結びついているといいます。

保護の申請にいくと「働きなさい」と言われる。派遣の仕事にいくといじめられて精神的なダメージを受ける。病院に担ぎ込まれても保険証がない・・・

難病を隠して仕事についても、体がついていかずクビになってしまう。Photo

いまそれぞれの相談がネットワークをつくってきています。どうしていいかわからない時には、まず相談してみましょう。

法律に関する相談は法テラス(050-3383-5460)(無料)

生活保護の相談は東海生活保護利用支援ネットワーク Tel 052-911-9290(火、木の13:00~16:00)(無料)

多重債務の相談は栄法律相談センター052-252-0044(予約受付)※初回無料

労働相談は全労連の各県労働相談センター 0120-378-060(無料)

|

« スギヤマ薬品過労死裁判勝訴 | トップページ | 名ばかり行政に批判集中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずは相談を:

» 多重債務 [多重債務ナビ]
多重債務者に対する業者による合法的債券回収や、多重債務破産の背景について [続きを読む]

受信: 2008年9月30日 (火) 12時24分

« スギヤマ薬品過労死裁判勝訴 | トップページ | 名ばかり行政に批判集中 »