« まずは相談を | トップページ | 高校生も相談を »

2008年9月30日 (火)

名ばかり行政に批判集中

Photo_7 厚労省が9月9日に出した「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について」通達に批判が集中している。(毎日9/30)

厚労省は今年4月、権限や待遇もないのに管理職とみなされ、残業代が支給されないなど問題になっている「名ばかり管理職」の問題で、企業に対して適切な監督指導を行うよう求める通達を出した。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/09/h0909-2.html

今回の通達は、管理監督者かどうか「総合的に判断することとなるが、今般、店舗の店長等の管理監督者性の判断に当たっての特徴的な要素について、店舗における実態を踏まえ、最近の裁判例も参考として、下記のとおり整理した」として「時間額換算した場合に最低賃金に満たない」などと「管理監督者性を否定する要素に係るもの」だけを列挙したという。Photo_6

その結果、逆に「これさえ満たせば管理職」と残業代不払いの口実にされている。日弁連は「原則と例外を逆転させた重大な誤り」と批判している。4月1日の通達にわざわざ、このような事例をつけた厚労省の意図は見え見えで「名ばかり行政」のそしりは免れない。

|

« まずは相談を | トップページ | 高校生も相談を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかり行政に批判集中:

« まずは相談を | トップページ | 高校生も相談を »