« 労働相談1800件に | トップページ | 相次ぐ派遣切り »

2009年1月13日 (火)

昨年の相談は1793件

愛労連労働相談センターへの労働相談(新規受付)は昨年1793件となった。これは一昨年(899件)の2倍、昨年(1382件)の1.5倍である。また外国人研修生の相談はこれと別に60件あった。さらに加盟単産や地域労連でも相談活動を行っており、全体で2000件をこすことは間違いない。

以前は労働条件や職場の問題での相談が多かったが08年秋からは解雇・雇い止め事件が急増。パワハラ、セクハラも解雇につながるものが多い。2/3が解雇事件で12月は8割が解雇。そのため交渉も多くなり、今日も会議室で団交が行われました。

派遣切り・住居追い出しも後を絶ちません。本日受けた電話では12/6に雇い止め通告。1/9で解雇。本日1/13に寮を退去で相談。

弁護士にも相談したようですが、予告も行われており「こういう相談は共産党に頼むしかない」と言われて東郷町の共産党K議員のところに行ったようです。ほとんど11日の朝日新聞と同じです。

議員から相談があり、すぐに派遣会社から離職票をとり今日中にも雇用保険の申請と生活保護の申請を行うことに。本人には「時間がかかる」と言っていた離職票も夕方4時には持ってこさせるようにしたと議員は言ってました。頑張ってみるといっていました。

|

« 労働相談1800件に | トップページ | 相次ぐ派遣切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の相談は1793件:

« 労働相談1800件に | トップページ | 相次ぐ派遣切り »