« 帰国支援金説明会 | トップページ | 求人情報誌がない! »

2009年4月23日 (木)

「聞かなかったことにすれば」

同じ仕事に3年間派遣を使っていると、派遣先には「直接雇い入れの申し入れ義務」が発生します。しかし「単に三年を超えただけで、派遣先が派遣労働者を直接雇用しなければならないとする規定は派遣法にはない」(小嶌典明 大阪大学 日経4/1)という巻き返しが強まっています。

派遣法には派遣元から抵触日(満了になる期限)を通知する必要があります。通知されていなければ雇い入れ義務が発生しないというのです。通知すれば契約を切られる派遣会社が派遣先企業に通知しないことは当然考えられます。極端な話、「聞かなかったこと」にすれば、違法な派遣でもまかり通ってしまいます。

今、愛知ではJMIUや全国一般北部青年ユニオンなど20名もの労働者が愛知労働局に申告を行っています。しかし小嶌氏のこの記事以後、労働局の対応は後ろ向き。受理はしましたが、未だに指導が行われません。

違法派遣の「やり得」をやめさせるたたかいが求められています。

|

« 帰国支援金説明会 | トップページ | 求人情報誌がない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聞かなかったことにすれば」:

« 帰国支援金説明会 | トップページ | 求人情報誌がない! »