« 権利手帳の活用を | トップページ | うつ病に追い込む働かせ方は〝犯罪〟 »

2009年10月 2日 (金)

中国からの相談

中国南京市に出向中の日本人からの相談です。Money

数年前から南京市での駐在員として出向してきました。ところが昨年9月銀行から「引き落としができない」と通知があり、会社に確認したところ給料が振り込まれていませんでした。中国からは銀行の残高が確認できず、電話でも教えてもらえなかったため、全く気がついていませんでした。

会社に連絡しても「払う」というだけで、そのうち連絡もつかなくなったため、今年になってから労基署に訴えたところ会社は昨年4月で廃業していることがわかりました。昨年末ころには会社のあったビルが売却されていました。相談者にはそのことも知らされていません。ハローワークには昨年7月に「資格喪失届け」が出されていますが、本人に渡す報告書も離職票も渡していません。廃業して1年以上たっているため国による立て替え払いも申請できません。計画的でそうとう悪質な経営者です。

「ケイタイも解約され、帰国する費用もない」と言っています。社長の個人責任を問う裁判を起こすよう話しています。

|

« 権利手帳の活用を | トップページ | うつ病に追い込む働かせ方は〝犯罪〟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの相談:

« 権利手帳の活用を | トップページ | うつ病に追い込む働かせ方は〝犯罪〟 »