« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月26日 (土)

住むところを失う前に

仕事と住居がなく生活にこまっている皆さんにぜひお知らせください

名古屋越冬実行委員会より

名古屋市の年末年始の臨時相談所が、12月29日(月)と30日(火)にあります
@ばしょ:中村区役所ロビー @じかん:8時半~ごご2時 (時間げんしゅ)。@できること:①生活保護しせつや老人ホームなどへの入所。 ②病院でのしんさつや入院。③こきょうへ帰るための旅費支給。④無料宿泊所(船見寮)への入所。

年末無料宿泊所(旧船見寮)

12月29日(火)~1月7日(木)朝まで、予定人員 450人。 

(注意)受付は、12月29日(火)と30日(水)のみ。中村区役所で
@年末年始に資力がなく(2.5万円以下)泊まるところがない人のうち、就労の意思と能力がある人がはいれます。3食と日用品セットや下着もでます。 風呂もあり。@臨時相談所から無料宿泊所へは、無料のバスがでます。          
@病院にもいけます。@1月4日、成人病や結核の無料健診もぜひうけよう。@職員による聞き取り・相談があります。 新年からの生活保護や自立支援施策を希望して、かならず新年からの生活場所を確保するための相談をしよう。@1月2日のごご1時ごろ、越冬実行委員会が衣類などのさしいれをもって面会にいきますので、外にでてきてください。相談もうけます。

年末炊き出しなど

名古屋市中村区名駅4ー12西柳公園 地図http://maps.google.com/maps?hl=ja&q=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%8C%BA%E5%90%8D%E9%A7%85%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%80%80%E8%A5%BF%E6%9F%B3%E5%85%AC%E5%9C%92 

仮設電話:052-571-1108(12/28~1/3)

◇炊き出し 別施設で毎日の夕食を作り、西柳公園に運び、配食・後かたづけをします。
◇情宣・カンパ(12月30日と1月3日:12時半より)
  街頭でビラを配り、野宿の現状を訴え、越冬活動の資金カンパを集めます。
◇生活健康相談
  生活や健康についての相談を受け、医者が診察もします。福祉事務所での生活保護申請などの支援をします。
◇散髪(12月29日、31日、1月3日:10時半より)
  長髪カットと丸坊主の散髪をします。
◇衣類配布
  全国から送られた衣類を整理し、配布します。

新年からの生活場所を確保しよう

1.1月4日(月)から各地の福祉事務所で生活保護申請などをしよう
2.無料宿泊所にいる間の相談と福祉事務所での生活保護申請など
 @ 生活保護をうけて生活場所をかくほしたい人、自立支援施策を希望して生活場所を確保したい人は、無料宿泊所にいる間にかならず職員にそのようにいってください。
 @ 1月4日(月)から各地の福祉事務所で生活保護申請やいろいろな相談ができます。
(1)臨時相談所に行く前の生活場所の福祉事務所まで、交通機関の切符がでます。
名古屋で仕事と生活をしたいと考えている人は、名古屋市内で相談できます。
(2)事前に福祉事務所に連絡をしてもらってから、その福祉事務所に行きましょう。
(3)もし福祉事務所がきちんと対応しない場合は、次のところに電話をしてください。
@名古屋市内の福祉事務所の場合:052-972-2555 名古屋市保護課
@愛知県内(名古屋市以外)の福祉事務所:052-954-6263 愛知県生活保護グループ
@愛知県外の福祉事務所の場合:052-972-2555 名古屋市保護課
3.それでもうまくいかない場合の相談窓口:東海生活保護利用支援ネットワーク  平日火曜日と木曜日の1時~4時:052-911-9290

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

20日「年越し労働・生活相談会」

091220 年越し労働・生活相談会

2009年12月20日(日)

名古屋・栄噴水前で相談受付

相談会場は名古屋YWCA会議室

解雇・賃金未払い、雇用保険・各種支援減免制度、生活保護、医療・健康相談

主催:愛労連 協賛:愛知派遣村実行委員会

相談には労働組合役員、弁護士、社労士、ケースワーカー、看護師など専門家が対応します。相談は無料です。(中日12/16)

今年6月から12月に県内で失業保険給付が切れる人は約6万人。そのうち解雇・倒産などが2万7千人。ハローワーク前アンケートでも4割が失業して半年以上たっています。

全国延長給付を

これだけひどい状態なのに政府は失業給付の全国延長給付の「水準にはまだ届いていない」と言います。この指標は給付者数を給付者数に雇用保険加入者を足した数で割るのですが、この間政府が給付期間を短くしてきたため、次々と給付者が減っていくため指標があがっていかないからです。こんなインチキはありません。明日はこの問題も訴えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

相談件数2000件!

Sodan_2 今年の労働相談が2000件を超過しました。ここ数年3割増できましたが、昨秋からは毎月150件を越えるようになり、年明けからは200件を超すようになってきました。Koyoukeitai09

雇用形態別を見ると1-3月に派遣の相談が多く、「派遣切り」の影響がはっきり現れています。4月以後は正社員・パートの割合が増えています。

この秋は解雇や退職勧奨と賃金未払いがたいへん多くなっています。イジメでうつ病に追い込まれる相談もたいへん多くなっています。解雇や退職勧奨は電話では解決できないので、事務所にきてもらっています。毎日3~4人の相談者がセンターにきています、

賃金未払いは「倒産」に結びつくことが多いので、労基署への申告方法などきちんと請求を行うように勧めています。 不払い賃金の申告書モデル。「hubarai.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

失業保険が切れた!

愛労連では11月18日に県下8カ所のハローワーク前アンケートを行い、336名の方から回答をいただきました。

Koyou Kikan_2 失業する前の雇用形態は正規が約半分でした。

失業期間が半年以上となる長期失業者が40%を占め、給付期間を過ぎた方も14%いました。非正規労働者や自営業の方など雇用保険に加入していないも14%あり、あわせて28%が給付が無い状態でした。

Kyuhu

一方、希望する求人は「少ない」と「ほとんどない」があわせて77%で厳しい状況が続いています。

異議申し立てを知らない

問題なことは「会社が書いた退職理由に異議がある場合、本人が申し立てることができること」を「知らない」という方が52%もいることです。Kibou会社都合の解雇なのに自己都合による退職とされた場合、給付開始が一ヶ月も遅れてしまいます。

離職票の最下段にある本人記入欄に異議を書けるようになっています。不本意な解雇、退職勧奨にもかかわらず「退職届け」を書かされてしまった場合には、ここで異議を申し出ましょう。Igi_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »