« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月25日 (月)

至急電話ください

下記のメールをくださった方。至急電話ください。

フリーメールや携帯メールでは返信が届かないことがあります。

私の兄(52歳、○○警備)の労災認定についてお教えください。

先週金曜日夜勤中の夜9時頃、路線内で出火の通報が入り、現場へ駆けつけ、出火を確認し携帯で消防署に通報中、急に倒れたそうです。心停止状態で病院へ運ばれ、30分後に心肺蘇生できましたが、結局意識は戻らず、現在脳死状態です。

いつ息をひきとるかわからない状態ですが、会社の方から労災認定は難しいような話を聞き驚いています。

太り気味で高血圧であることを指摘されましたが、通院治療し通常の生活をしていました。

夜勤が多く、不規則な勤務時間がずっと続いていた事や、夜冷え込んだ状態で急に車から降りて、火災現場を目撃し通報しなければならなかった非常事態である事は、労災認定の基準に達していないのでしょうか?

労災の申請は、家族がどこにしたらよいのでしょう?期限はあるのでしょうか?

どうかお助けください。

○○さん

とてもたいへんな時に、会社からも冷たい対応をされてお困りのことと思います。

高血圧で通院治療で夜勤がある場合には、会社に安全配慮義務があります。

労災に認められる可能性は低くないと思います。

夜勤や不規則勤務の実態を整理しておいてください。

会社は▲▲に対して弱い立場のため労災にしたくないのだと思いますが、

今回の事態は火災発生という非常事態ですので、▲▲も文句は言いにくいと思います。

会社よりでないきちんとした組合がありますので相談ください。

紹介しますので一度電話ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

イジメ・パワハラ・退職勧奨

不況での退職勧奨が多いのですが、そのなかでも入社間もない方からの「イジメ」「パワハラ」で精神的に苦痛という相談が少なくありません。0089

「ミーティング」と称して「やる気がないならやめろ」「お前はそもそもやりがいを感じているのか」「お前には良いところなどなに一つない」・・・営業成績よりやる気などを問題にし、人格を否定する発言が目立つ・・・

小泉首相時代の「自己責任」「競争主義」の風潮が労務管理にも表れています。労働者の多様な能力を育てようとせず、自分の管理能力・育成能力のなさを棚にあげて、罵倒するやり方です。こんなアホな労務管理で病気にされてはたまりません。

そこで撃退法を伝授。こういう場合は管理者が無能だとあきらめて、あまり口答えせず最低限の返事だけにします。黙って発言をメモしていると相手は自分の話をよく聞いていると勘違いします。

辞めろと言われた時には、すぐに返事をせずに「家族と相談します」と言って、労働相談にメールを送ってください。一人で悩まず対策を話し合うことも、撃退法の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

*ケイタイメールやフリーメールで返信ができない場合があります。返事が届かない時には設定をご確認ください。

「ひどいパワハラで病気になってしまった」という相談が続いています。長時間労働と一体となったものやセクハラ、配転など労働問題とかさなったものが多く、厚労省も精神疾患になった場合の労災認定基準をつくるほどです。名古屋のある学校では「3年を担当する先生が5人も休職している」と末期症状を呈しています。

家族が心配して愛労連の労働相談に連絡するよう言ってくれた方もいます。家族に余計な心配をかけたくないとじっと耐えている方も少なくないと思います。一人で悩まずにぜひ、気軽に相談ください。

 「品質で仕事を応募したにもかかわらず、営業・経理と別の職種に配置変更され、精神的に苦痛をうけています。入社2年になりますが、最初の1年は検査の部署でしたが、去年4月から営業が2人辞めたあとを引き継いで経験のない私が、営業になりました。さらに12月からは営業がだめだから経理にと配置変更になりました。生まれや、家族、財産に対する中傷や能力に対する不当な評価に対しても精神的に追い詰められています。体調も崩しており、7月からは逆流性食道炎を発症し、現在、薬にて治療しています。最近では、不眠・食欲不振にまでなり、顔色も悪いです。」

こういう場合には健康センターと協力して対応します。

これは犯罪だ

○失敗する度に暴力を受け、毎月200時間残業を行っていました。すでに辞めてしまいましたが残業代+慰謝料はもらえますか?

去年の九月まで製造業でパートとして勤務してたのですが、一部の従業員に毎日のように人権侵害とも言える言葉を浴びせられたりしました。「辞めろ!」とか「お前!」とか言葉のお暴力が凄かったです。ストレスから、勤務して半年も経たずして鬱病にかかり、更に状態が悪化して、統合失調症を患ってしまいました。私物も盗まれたのですが、上司はまったく相手にもしてくれませんでした。

セクハラについては「雇用均等室」もおすすめです。

上記のようなイジメでも男性から女性に対してや、男女関係・結婚問題での退職強要などについては均等法違反やセクハラになるものも少なくありません。こういう場合に専門の女性相談員が対応してくれると安心できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

越冬支援

28日から西柳公園で行われた越冬支援に愛労連からカンパ米をとどけました。各組合から寄せられたカンパでお米200キロとカンパ金5万円を越冬実行委員会と中村区役所で炊き出しを続ける「おにぎりの会」に届けることにしました。28日の突入集会には150人が参加。愛労連から激励あいさつにいきました。

実行委員会は「貧困や野宿は自己責任なんかじゃない。市場経済システムの落とし穴なんだ。越冬活動を必要としない社会をめざそう」と訴える。

実行委員会によると今年の炊き出しは200食で昨年を下回る。名古屋市の年末年始対策=船見寮も定員450名の約半分だ。減った理由は明らかでないが昨年と違って県下各自治体、岐阜・三重県でも住宅のない人への支援が始まったことも一因と考えられる。

今日から年明けの活動が始まるが、失業者の増加も続いており生活保護の相談などどうなるか心配だ。1月31日には一宮で派遣村相談会が開催される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »