« 住むところを失う前に | トップページ | »

2010年1月 4日 (月)

越冬支援

28日から西柳公園で行われた越冬支援に愛労連からカンパ米をとどけました。各組合から寄せられたカンパでお米200キロとカンパ金5万円を越冬実行委員会と中村区役所で炊き出しを続ける「おにぎりの会」に届けることにしました。28日の突入集会には150人が参加。愛労連から激励あいさつにいきました。

実行委員会は「貧困や野宿は自己責任なんかじゃない。市場経済システムの落とし穴なんだ。越冬活動を必要としない社会をめざそう」と訴える。

実行委員会によると今年の炊き出しは200食で昨年を下回る。名古屋市の年末年始対策=船見寮も定員450名の約半分だ。減った理由は明らかでないが昨年と違って県下各自治体、岐阜・三重県でも住宅のない人への支援が始まったことも一因と考えられる。

今日から年明けの活動が始まるが、失業者の増加も続いており生活保護の相談などどうなるか心配だ。1月31日には一宮で派遣村相談会が開催される。

|

« 住むところを失う前に | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越冬支援:

« 住むところを失う前に | トップページ | »