« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月22日 (木)

鶴舞公園から

「今は鶴舞公園で寝泊まりしている」という相談がありました。

最初は10万円くらいの賃金不払いの相談でしたが、労基署への申告方法を教えましたが、労基署に行く電車代がないとのこと。結局、生活保護を申請して、その上で不払い賃金を請求することにしました。中村区役所までは地下鉄で230円ですが、歩いていくというので道を教えました。

九州から働きに来たそうです。声は40代に聞こえましたが、ずっと若い方でした。若いので保護は受けられないと思っていたようです。

どうも会社とうまくいかず、すぐに解雇されたようです。今の会社は人を育てることができず、労働者を使い捨てにする社会です。こんなことを繰り返すうちに労働者以前に人間として壊されてしまいます。

これは企業・社会の責任です。自分の責任ではありません。一人で悩まず、まず相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

バイト代がもらえない

会社の経営が厳しく、賃金の遅配が続いているなど賃金不払いの相談が増えています。そんななかでも「会社がつぶれては元も子もない」と我慢しているという相談もあります。雇用情勢が厳しいなかですから、こういうことも理解できないわけではありません。

ところが、最近はアルバイトや契約社員で賃金不払い。退職しても給料が0111 振り込まれないという相談があります。

アルバイト先の内装業の社長から去年の八月分からバイト代をもらっていません。携帯もつながらない、会社へ行ったら社員の人も連絡がとれないから困っていると言われました。どのようにしたらいいですか?

1月1日から1月末締めの給料と、三月分の給料のうち20万円がいまだ不払いとなっています。働いていたところは、個人経営でしっかりとした会社ではなかったのですが、口約束による給料設定で不払い分しっかりもらえるのかが心配です。

社長本人は4月10日には払うと言っていたのですが、いまだ払ってはくれません。私自身も生活があり大変困っています。どうしたら未払い分もらえるんでしょうか?

労基法第23条 では退職の場合、労働者から「請求があつた場合においては、7日以内に賃金を支払」わなければなりません。給料日まで待てない場合には必ず請求しましょう。

退職したらなんら遠慮することはないので、不払い賃金についてはしっかり請求しましょう。この申告書「hubarai.doc」をダウンロード に記入、サインして労基署に提出しましょう。

労基署は取り立てまではしてくれませんが、労基署が不払いを確認すれば、「債権」として証拠になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

パワハラは一人で悩まず

ただでも大変厳しい就職難を乗り越えて会社に入ったのに。0089 職場は新人をのんびりさせてくれるtころではありません。

めちゃくちゃなパワハラも少なくありません。一人で悩まず、まず相談を

 仕事を教えてもらえず毎日嫌味を言われ続け精神的に追い込まれた。2ヵ月後「できんから仕方ないだろう」といわれた時目の前が真っ暗になり目の持病が悪化した為給料が半分以下の雑用に変わった。最後まで嫌がらせを受け続け会社の都合で退職させられた。

事業主にパワハラ(暴言とごく軽い直接の暴力)を受け、我慢できず退職したいと訴えました。しかし、現在職場はかなりの人出不足で、今私が抜けると確実に仕事が回らなくなり、残った職員に迷惑がかかってしまうので、後から本当に退職でいいのか悩んでいます。

会社の経営が以前よりも悪くなり、リストラのためか必要のない叱責(いつも怒鳴り散らされる)、きつい仕事ばかりさせられる等の毎日です。自己退職においこまれそうです。

法的に解決できるものばかりではありませんが、追い詰められて病気になったり、辞表を書いてしまう前に相談してみることが大切です。病気にさせられ、自己都合退職にされては労働者は損するばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »