« バイト代がもらえない | トップページ | 労働局と懇談 »

2010年4月22日 (木)

鶴舞公園から

「今は鶴舞公園で寝泊まりしている」という相談がありました。

最初は10万円くらいの賃金不払いの相談でしたが、労基署への申告方法を教えましたが、労基署に行く電車代がないとのこと。結局、生活保護を申請して、その上で不払い賃金を請求することにしました。中村区役所までは地下鉄で230円ですが、歩いていくというので道を教えました。

九州から働きに来たそうです。声は40代に聞こえましたが、ずっと若い方でした。若いので保護は受けられないと思っていたようです。

どうも会社とうまくいかず、すぐに解雇されたようです。今の会社は人を育てることができず、労働者を使い捨てにする社会です。こんなことを繰り返すうちに労働者以前に人間として壊されてしまいます。

これは企業・社会の責任です。自分の責任ではありません。一人で悩まず、まず相談ください。

|

« バイト代がもらえない | トップページ | 労働局と懇談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴舞公園から:

« バイト代がもらえない | トップページ | 労働局と懇談 »