« パワハラ上司のほうが能力不足 | トップページ | 企業年金と退職金 »

2010年12月16日 (木)

システム、インターネット産業のサービス残業

コンピューター関係のサービス残業について相談が続いている。

製造業と違いいつまでやっても原料費が増えるわけではないので終わりがないのが、この産業の特徴です。またわりと若い経営者が多く、労基法や労安法を知らないのかもしれません。0533

私の主人の会社のことです。

徹夜をさせ、その次の日の勤務もそのまま通常勤務をさせる。それが当たり前。労働時間が異常なのですが、どうやって訴えたらいいのでしょうか。主人は会社にいづらくなるし、他の人のほうがもっと働いているといっています。

しかし、一見肉体労働ではないようですが、確実に疲労がたまるのがこの仕事。それがやがて精神にも変調を来します。60時間以上の過労死ラインや過労自殺が問題になるのもシステム関係者が少なくありません。気をつけましょう。

|

« パワハラ上司のほうが能力不足 | トップページ | 企業年金と退職金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: システム、インターネット産業のサービス残業:

« パワハラ上司のほうが能力不足 | トップページ | 企業年金と退職金 »