« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日 (金)

お役立ち資料

年度末が近くなると解雇や雇い止めの相談が増えてきます。0132

メール相談でお答えしてきたものも含めてお役に立ちそうなものを集めましたので活用下さい。

○整理解雇4要件(最高裁判決)

労働契約法第16条(解雇)

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

「合理的な理由」としては、下記の4要件が最高裁で判決として確定しています。

①解雇を回避するため、あらゆる努力がつくされたか。②解雇の人選基準が合理的であり、その適用基準も合理的であるか。③労働者および労働組合と事前に協議を尽くすなど、解雇にいたる手続きに合理性・相当性があること。④どうしても整理解雇しなければならないなどの経営状態にあるか。

○厳しい経営環境の下での「労務管理のポイント」

昨今の経済情勢や経営環境の変化のなかでも「守るべきルール」があります。労働条件の一方的引き下げはできません。厚労省が2012年末に発行しました発効しました。使用者に読ませましょう。下記からダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/130115-1.pdf

○不払い賃金の「申告書」

不払い残業、賃金の不足などあったらこの「申告書」に記入して、職場のある地域の労働基準監督署に提出してください。「hubarai.doc」をダウンロード

○働く者の「権利手帳」(全労連)

「権利手帳」は県内のハローワークにも置いてもらってますし、下記からダウンロードできます。「kenrinote.pdf」をダウンロード

○意外と知らない!?労働のルール」 (愛知県)

下記の一番下に印刷用リンク

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/rodofukushi/0000085432.html

○精神的な問題でお悩みの方へ(厚労省)

厚労省のリーフレット

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/090316.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

不払い残業で「過労死しそう」

技量をあげろ0542_2

残業が多いと「なぜそんなに残業するのか、仕事ができないから残業になる、技量を上げろ」と役員から言われます。だからみんなサービス残業無届の休日出勤でカバーしています。めちゃくちゃな会社です。役員が「私なら残業しないでできるからやれないほうがおかいしい」と言います。この状況下では残業の申請ができません。これってなんとかできませんか?そのうち過労死とかでそうです。

「私ならできる」>>>だから高い役員給料もらってるんですよね

私の主人は○○病院で勤務しております。毎日22時近くまで残業していますが、この半年くらい病院側から残業をつけるなと言われており、残業代を支払ってもらっておりません。このままでいいのか・・・と思いながらおりましたが、主人が先週風邪をこじらせて入院をしまして、仕事の疲労が重なっていたのかと思います。

まずは体を大切にして、それから反撃を家族が残業の記録をとっておくことも大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

(お願い)ケイタイからの相談

メールでの相談でmailer-daemonが返ってくる場合があります。

①ケイタイからの相談でPCからのメールを受信しない設定

②フリーメールでメール受信をしない設定

③労働相談HPの入力フォームからの場合アドレス間違い

が考えられます。

また、数ヶ月に1度、まぎれて返信できない場合があります。

一週間以上返信が無い場合上記を確認ください。

「芸能人や俳優をキャスティングする会社」からの相談のかたへ。

明らかに不払い賃金ですので労基署に申告することができます。

ためらわずに下記用紙に記入して、会社の住所を所管する労基署に提出下さい。「hubarai.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

企業年金と退職金

0132 退職金と企業年金についての相談がありましたが、メールアドレスの違いかなにかで返信ができませんでした。

昨年の暮れに180万企業年金が振り込まれていましたが、退職金は一向に振り込まれず、電話で総務の方に聞いたところ、「年金と言う形で振り込まれたのが退職金です。私の当初の説明が悪かったかもしれませんが・・・」

相談の方のように退職金の全額または一部を企業年金(または脱退一時金)として支給する会社が少なくありません。これで「全額」か、それとも退職金の「一部」かは退職金の規定をみなければわかりません。会社から規定をみせてもらう必要が」あります。

このほかにも相談内容がありました。再度メールお願いします。

メールフォームに入力する際には再度アドレスを確認ください。またフリーメールでは返信を受け付けない場合もあるので注意ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »