« 試用期間中の解雇 | トップページ | パチンコのコロナ(本社小牧市)が被災地で大量解雇 »

2011年6月16日 (木)

うつ病に追い込むパワハラは犯罪的

Mai110615 昨年度「心の病」で労災申請が認められた件数が過去最多の308件になりました。

主な内容は、嫌がらせやセクハラなど対人関係のトラブル65件▽重い病気やけが、悲惨な事故の体験48件▽仕事の失敗や過度の責任の発生44件--など。過労自殺に絡む申請は171件、支給決定は65件だった。(毎日6/15)

労働相談でもパワハラやセクハラの相談が少なくありません。なかには今年就職した娘さんが

社長から何度か食事にも誘われて「俺の愛人になれ」「俺のことが好きになれないなら辞めろ」とか言われている

というような酷いものや、辞めさせるのが目的で仕事を与えないなどの相談があります。

なかにはすでに「心の病」に追い込まれていると思われる方も少なくありません。記事にあるように業務上の言動で「心の病」に追い込んだ場合には企業の責任が問われます。ここまでくると企業犯罪です。

「心の病」は再発、重傷化しやすく、労働者にとってたいへん不幸なことです。できるだけ軽度なうちに正しい対応をしてほしいと思います。

|

« 試用期間中の解雇 | トップページ | パチンコのコロナ(本社小牧市)が被災地で大量解雇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつ病に追い込むパワハラは犯罪的:

« 試用期間中の解雇 | トップページ | パチンコのコロナ(本社小牧市)が被災地で大量解雇 »