« 賃金不払いは雇用危機の〝赤信号〟 | トップページ | パワハラで退職する前に »

2011年10月24日 (月)

メンタルヘルス対策が全事業者義務化へ

Wage18 この相談でもパワハラなどでうつ病に追い込まれる方が少なくありません。24日、「厚生労働省は事業者に対し、すべての従業員にストレスに関する検査を受けさせるなどのメンタルヘルス対策を義務づけることを決め、今の臨時国会に法律の改正案を提出することになりました。」(NHKニュース10/24)

厚労省の調査でも「過剰なノルマや上司の嫌がらせといった仕事上のストレスが原因でうつ病などになり労災を申請する人は年々増加し、昨年度は過去最多となる1181人と、10年前のおよそ6倍に上っています。労災と認定された人も、昨年度はこれまでで最も多い308人となっています。」(NHK 同)

今秋の臨時国会に提出し、実施は来秋からと見込まれています。パワハラについてはいままで法的な規制がありません。実効があるものになるよう注視したいと思います。

|

« 賃金不払いは雇用危機の〝赤信号〟 | トップページ | パワハラで退職する前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンタルヘルス対策が全事業者義務化へ:

« 賃金不払いは雇用危機の〝赤信号〟 | トップページ | パワハラで退職する前に »