« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

パートこそ有休をとりましょう

先日の相談です。

「全国250店舗ある、輸入・・店で働いています。

 現在815分から14時までの5時間45分の勤務を週3回しています。パートで勤めてから3年半経ちますが、パートでの有給休暇というものがありません。

 もらえない会社なんだと思っていましたが、調べてみると労働基準法で認められた法律ということを知りました。

 3年半で時給も1円しか上がらない会社なので、期待は出来ませんがパートにも有給休暇というものがあるのなら要求したいと思います。」

 0137 一日が短時間でも、週の日数が1日でも同じ会社に半年勤めれば週の日数に応じて有給休暇が与えられます。ずっと前から決まっていることですが未だに「パートに有休はない」と思っている経営者がいることにあきれます。

 ボーナスや退職金なども含めればパートの人件費は正規労働者の半額以下です。こんなに安く働いているのですからパートこそ有休を取って当然です。

 しかし、有給休暇の権利は労働者が請求して初めて発生するものです。請求が無い限り使用者に義務が発生しません。そこが日本の有休取得率が低い原因でもあります。

 またパート一人で有休を取ると他のパートからあれこれ言われることも気になります。そこで、みんなにパートにも有給休暇があることを知らせましょう。「こんなに安く働いてやってるんだから」という声が出てくれば、店長や課長ではもう止められません。ぜひ権利手帳を活用ください。

○働く者の「権利手帳」(全労連)

「権利手帳」は県内のハローワークにも置いてもらってますし、下記からダウンロードできます。「kenrinote.pdf」をダウンロード 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

トヨタの操業縮小で

10月から毎週土曜日が休日出勤となったトヨタカレンダーですが、今度はタイの水害で残業の縮小や休業がでているようです。

私はトヨタ○○(株)に勤める一般社員です。タイの水害の為、上司から有休休暇を半強制的に取らされそうです。」

会社が有休休暇を決めるためには「計画付与」の労使協定が必要です。この場合でも一定日数は自由に取れるようにしなければなりません。この他にもアイシン関係の会社からは「休まされるのに給料がでない」という相談もありました。0132

トヨタでは下期20日間の土曜出勤のうち10日分を3.11以後休業した分の「振替出勤」とするそうです。このためには「年間変形労働時間」の労使協定が結ばれており、さらにその変更を労基署に届ける必要があります。下請ではこんな手続きまでされているかわかりません。

3月に休業したさいに賃金カット若しくは60%以上の休業手当を払った場合は、ここで完結していますので休日出勤には125%の手当を払う必要があります。

休業しても100%賃金を払った場合、トヨタのように届け出がされていなければ、休日出勤となります。ただし使用者が「過払い」を主張した場合には返還請求される場合もあるそうです。この場合でも休日出勤によって週40時間を越えれば25%分は払わなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

パワハラで退職する前に

Chu111104_2今日の中日(11/4)にパワハラで退職しても自己都合にされたことが載っていました。ひどい目にあったうえに会社に都合の良い退職願いを書かないと受理しないという相談は少なくありません。傷ついたこころでは、これ以上会社と争いたくないために書いてしまうこともあります。

記事のようにハローワークでも会社に確認をしてくれますが自己都合の「退職願い」が出ていると、これを覆すのが難しい場合が少なくありません。退職後だと証人や証拠確保も困難です。

辞める前に相談を

退職を迫られたらまずメールで相談下さい。同じ辞めるなら少しでも損しない方法を一緒に考えましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »