« 年間4527時間働けますか? | トップページ | SONY解雇で住民税減免申請 »

2013年6月18日 (火)

試用期間中の解雇

Chu1306144月の入社から二ヶ月が過ぎ、「こんなはずではなかった」と思っている方も増えているでしょうか。

いっぽう、労働相談では試用期間が終わって解雇という相談もきています。なかにはこんなひどい会社も!

「512日から69日まで21日試用期間として働きましたが、期待外れだったと言われ、曖昧に解雇されました。仕事の時間も13時間位でハードな毎日でした。解雇予告手当、もしくは慰謝料を請求するには、どのような手続きが必要でしょうか。」

中日新聞6/14にもあるように「試用期間」と言っても、すでに労働契約は成立しており、2週間たてば通常の解雇と同じように合理的理由が必要ですし、一ヶ月分の「解雇予告手当」も適用されます。「合理的理由」の部分で若干判断の幅が広がる程度です。

またその他の労働法はすべて適用されます。「試用」であっても残業代は払わなければなりません。

|

« 年間4527時間働けますか? | トップページ | SONY解雇で住民税減免申請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試用期間中の解雇:

« 年間4527時間働けますか? | トップページ | SONY解雇で住民税減免申請 »